映画-Movie Walker > 人物を探す > 寺十吾

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2019年 まで合計25映画作品)

2019年

凪待ち

  • 2019年6月28日(金)公開
  • 出演

バイオレンス描写と人間ドラマに定評のある『孤狼の血』の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。恋人の故郷で再出発をしようとした男が、小さな綻びの積み重ねの末に、恋人も仕事も失い、自暴自棄になっていくさまが描かれる。主人公の恋人を西田尚美、その娘を恒松祐里が演じる。

監督
白石和彌
出演キャスト
香取慎吾 恒松祐里 西田尚美 吉澤健
2018年

  • 2018年11月17日(土)公開
  • 出演(萩原啓一郎 役)

芥川賞作家・中村文則のデビュー作を若手実力派の村上虹郎主演で映画化したサスペンス。ある日、銃を拾ったことから、運命を狂わせていく大学生の姿を描く。『百円の恋』の武正晴監督が、モノクロの映像(一部カラー)で原作の独特な世界観を壊すことなく映像化。第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で監督賞に輝いた。

監督
武正晴
出演キャスト
村上虹郎 広瀬アリス 日南響子 新垣里沙

息衝く(いきづく)

  • 2018年2月24日(土)公開
  • 出演

「愛のゆくえ(仮)」の木村文洋監督が、宗教・原発・家族をテーマに社会と個の関わりを問う人間ドラマ。新興宗教団体を母体とする政党の選挙戦に駆り出される則夫と大和。団体から離れた慈。三人は師である失踪したカリスマ的リーダー森山に再び会いに行く。脚本には批評家の杉田俊介らも参加。出演は「知らない町」の柳沢茂樹、「KOKORO」の長尾奈奈、「At the terrace テラスにて」の古屋隆太ほか。

監督
木村文洋
出演キャスト
柳沢茂樹 長尾奈奈 古屋隆太 坂本容志枝
2016年

森山中教習所

  • 2016年7月9日(土)公開
  • 出演

偶然の出会いを機に、一緒に非公認の自動車教習所に通う事になった高校の同級生たちのひと夏の物語を描く青春ストーリー。「月刊!スピリッツ」に連載された真造圭伍の同名コミックを幅広いジャンルを手がける豊島圭介監督が映画化。ノーテンキな大学生の清高を野村周平、ヤクザの組員の轟木を賀来賢人が演じる。

監督
豊島圭介
出演キャスト
野村周平 賀来賢人 岸井ゆきの 寺十吾
2014年

シュトルム・ウント・ドランクッ

  • 2014年8月16日(土)公開
  • 出演(中浜哲 役)

大正時代に存在した無政府主義結社“ギロチン社”に参加した若者たちの姿を、極彩色の映像美の中に描いた青春活劇。出演は劇団“少年王者舘”を中心に活動する中村榮美子、「楽隊のうさぎ」などに出演し、劇団“tsum azuki no ishi”を主宰する寺十吾ほか、演劇、漫画、音楽界から多彩なゲストを迎えた。

監督
山田勇男
出演キャスト
中村榮美子 寺十吾 廣川毅 吉岡睦雄
2013年

楽隊のうさぎ

  • 2013年12月14日(土)公開
  • 出演(柴田弘 役)

吹奏楽に励む中学生たちの輝きを描いた中沢けいの同名小説を原作に「ゲゲゲの女房」の鈴木卓爾監督が映画化。主人公となる中学生キャストは、その多くが物語の舞台となる静岡県浜松市在住の子どもたちをオーディションで選出。共演は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の宮崎将、「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー 傷だらけのライム」の山田真歩、「かぞくのくに」の井浦新、「しあわせカモン」の鈴木砂羽。

監督
鈴木卓爾
出演キャスト
川崎航星 井手しあん ニキ 鶴見紗綾

できる子の証明

  • 2013年5月18日(土)公開
  • 出演

「壁女」が国内外の短編映画祭で受賞し、「冬のアルパカ」がゆうばりファンタスティック国際映画祭2013北海道知事賞を受賞した原田裕司による初の長編監督作品。幸薄い女と中年ストリッパーが繰り広げるノンストップ・コメディ。出演は、「労働者階級の悪役」の相田淑見、「ALLDAYS 二丁目の朝日」の松田祥一。

監督
原田裕司
出演キャスト
相田淑見 徳井唯 松田祥一 竹田尚弘

プリンの味

  • 2013年3月2日(土)公開
  • 出演

文化庁委託事業としてVIPO(映像産業振興機構)が企画する“ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2012”の製作実地研修として製作された作品。おじいちゃんが買ったプリンを孫が食べてしまったことから起こる騒動を描く。出演は子役の金井光翔、「カラスの親指」の上田耕一。監督は「しゃったぁず・4」の畑中大輔。

監督
畑中大輔
出演キャスト
金井光翔 上田耕一 小林麻子 寺十吾
2012年

愛のゆくえ(仮)

  • 2012年12月1日(土)公開
  • 出演(浩司 役)

一連のオウム真理教事件に関与し、全国指名手配された平田信の17年間に及んだ逃亡生活とその生活を支え続けた女性をモチーフにした愛の物語。脚本・主演は、「家族ゲーム」でスクリーンデビュー後、女優・劇作家・演出家・作家として活躍する前川麻子、共演に劇団“TSUMAZUKI NO ISHI”を主宰する寺十吾。監督・脚本は「へばの」の木村文洋。

監督
木村文洋
出演キャスト
寺十吾 前川麻子
2010年

ゲゲゲの女房

  • 2010年11月20日(土)公開
  • 出演(倉石昌太郎 役)

「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる水木しげると、その妻・布枝の夫婦生活をつづった自伝エッセイを映画化したヒューマン・ドラマ。酷く貧しい時代を経て、しげるが人気漫画家になるまでの半生をつむぐ。妖怪漫画を描き続ける宮藤官九郎演じる夫、それを献身的に支える吹石一恵扮する妻との固い絆や深い愛にホロリとさせられる。

監督
鈴木卓爾
出演キャスト
吹石一恵 宮藤官九郎 坂井真紀 平岩紙
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 寺十吾