映画-Movie Walker > 人物を探す > 羽野晶紀

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

ゲキ×シネ「髑髏城の七人 Season月 下弦の月」

何度も再演されてきた劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』のうち、宮野真守、鈴木拡樹らが出演した「Season月《下弦の月》」を“ゲキ×シネ”として映画館で上映。天正十八年。関東を荒らす髑髏党党首・天魔王の前に、捨之介と名乗る男が現れる。共演は「映画刀剣乱舞」の廣瀬智紀、「多十郎殉愛記」の木村了。

出演キャスト
宮野真守 鈴木拡樹 廣瀬智紀 木村了
1998年

モスラ3 キングギドラ来襲

  • 1998年12月12日(土)公開
  • 出演(ベルベラ 役)

平和の使者・モスラと、最悪最強の宇宙怪獣・キングギドラの戦いを描いた怪獣映画「新モスラ・シリーズ」の第3弾。監督は「モスラ」の米田興弘。脚本は「モスラ2海底の大決戦」の末谷真澄。撮影を「モスラ2海底の大決戦」の関口芳則が担当している。主演は「モスラ2海底の大決戦」の小林恵と「夢」の建みさと、「ユキエ」の羽野晶紀。98年度東京国際映画祭特別招待作品。

監督
米田興弘
出演キャスト
小林恵 建みさと 羽野晶紀 吉澤拓真

ユキエ

  • 1998年2月14日(土)公開
  • 出演(ノグチヨーコ 役)

アルツハイマーに冒された米在住の日本人女性と、アメリカ人男性との夫婦愛を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、この作品で本編デビューを飾ったテレビ界出身の松井久子。吉目木晴彦の原作を基に、「午後の遺言状」の新藤兼人が脚色。撮影を「バウンスkoGALS」の阪本善尚が担当している。主演は「東京夜曲」の倍賞美津子と、「スピード2」のボー・スベンソン。

監督
松井久子
出演キャスト
倍賞美津子 ボー・スベンソン ジョー・クレスト マーク・コンクリン
1997年

モスラ2 海底の大決戦

  • 1997年12月13日(土)公開
  • 出演(ベルベラ 役)

地球を滅亡へと導く最強の敵を相手に、子供たちとモスラが活躍する姿を描いたモンスター・パニック映画のシリーズ第2弾。監督は本作品がデビューとなる三好邦夫。脚本は「モスラ(1996)」の末谷真澄。撮影は「モスラ(1996)」の関口芳則。特技監督に、やはり「モスラ(1996)」の川北紘一があたっている。主演は「モスラ(1996)」の小林恵と「ときめきメモリアル」の山口紗弥加。

監督
三好邦夫
出演キャスト
小林恵 山口紗弥加 羽野晶紀 満島ひかり
1996年

モスラ(1996)

  • 1996年12月14日(土)公開
  • 出演(ベルベラ 役)

長い封印を解かれ現代に甦った悪魔の怪獣と戦うモスラたちの活躍を描いた怪獣パニック映画。監督は本作で監督デビューを果たした米田興弘。脚本を「ACRI」の末谷真澄が担当し、特技監督には「ゴジラVSデストロイア」の川北紘一があたっている。モスラを護る妖精・エリアスにこれが映画デビューとなる小林恵と「ぼくは勉強ができない」の山口沙弥加がふんし、人間側の主人であるふたりの子役の両親には「ふうせん2」の高橋ひとみと「人間交差点・雨」の梨本謙次郎。

監督
米田興弘
出演キャスト
小林恵 山口沙弥加 羽野晶紀 二見一樹
1995年

大失恋。

  • 1995年1月21日(土)公開
  • 出演(尚子 役)

あるアミューズメントパークを訪れたカップルたち8組の恋愛模様を、同時進行のオムニバス形式で描くロマンティック・コメディ。12月の金曜日に様々なドラマが始まり、2月のバレンタインデーにそれぞれの結末を迎えるまでを描いている。監督は「シュート!」の大森一樹。

監督
大森一樹
出演キャスト
菅野美穂 河相我聞 山口智子 辰巳琢郎
1993年

ドライビング・ハイ!

  • 1993年8月21日(土)公開
  • 出演(森弘枝 役)

N1レース(四座席以上を有する量産ツーリング・カーで行うレース)に挑む女性ドライバーの姿を描く青春ドラマ。監督は「死霊の罠2・ヒデキ」の橋本以蔵。脚本は橋本と「くまちゃん」の小中千昭、木田薫子の共同。主演は「私を抱いてそしてキスして」の南野陽子。

監督
橋本以蔵
出演キャスト
南野陽子 高樹澪 松下一矢 水島新太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 羽野晶紀