映画-Movie Walker > 人物を探す > 鄭義信

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2018年 まで合計19映画作品)

2018年

焼肉ドラゴン

  • 2018年6月22日(金)公開
  • 監督、原作、脚本

第16回読売演劇大賞など数々の演劇賞に輝いた戯曲を、原作者の鄭義信が監督を手がけて映画化した人間ドラマ。昭和40年代の大阪を舞台に、万博の開催でにぎわう世間から取り残されたかのように生きる在日韓国人家族の姿を描く。一家の長女を真木よう子、次女を井上真央、三女を桜庭ななみが演じるほか、大泉洋が出演する。

監督
鄭義信
出演キャスト
真木よう子 井上真央 大泉洋 桜庭ななみ
2010年

信さん 炭坑町のセレナーデ

  • 2010年11月27日(土)公開
  • 脚本

昭和30年代の福岡の炭坑町を舞台にした小雪主演の人間ドラマ。「愛を乞うひと」の平山秀幸監督が、貧しくつらい境遇の中でも明るくたくましく生きる人々の姿を描き出す。

監督
平山秀幸
出演キャスト
小雪 池松壮亮 石田卓也 柄本時生
2004年

レディ・ジョーカー

  • 2004年12月11日(土)公開
  • 脚色

「OUT」の平山秀幸監督が高村薫の同名小説を映画化。ある事件を巡る犯人と被害者、警察の3者の視点を通し、現代社会にひそむ闇を描く骨太な犯罪劇だ。

監督
平山秀幸
出演キャスト
渡哲也 徳重聡 吉川晃司 長塚京三

血と骨

  • 2004年11月6日(土)公開
  • 脚色

「刑務所の中」の崔洋一監督とビートたけし主演による壮絶なヒューマン・ドラマ。強じんな肉体と強欲さで本能のままに生きた男の生きざまを、赤裸々に描く。

監督
崔洋一
出演キャスト
ビートたけし 鈴木京香 新井浩文 田畑智子

お父さんのバックドロップ

  • 2004年10月9日(土)公開
  • 脚本

7月に急逝した人気作家、中島らもの小説を映画化。家族思いの中年プロレスラーと、そんな父親の生きざまに反発する少年の絆と成長を、ほのぼのとつづる。

監督
李闘士男
出演キャスト
宇梶剛士 神木隆之介 南方英二 南果歩
2002年

刑務所の中

  • 2002年12月7日(土)公開
  • 脚色

服役経験のある花輪和一原作の人気コミックを映画化。刑務所内の人間模様が丁寧につづられ、絶妙なユーモアをかもし出す快作だ。意外にのどかな囚人たちの生活が痛快!

監督
崔洋一
出演キャスト
山崎努 香川照之 田口トモロヲ 松重豊

OUT

  • 2002年10月19日(土)公開
  • 脚色

ベストセラー・ミステリーとして評価の高い、桐野夏生の同名小説を映画化。悩みをもつ平凡な4人の主婦たちが、犯罪に手を染めていく過程を衝撃的につづる問題作だ。

監督
平山秀幸
出演キャスト
原田美枝子 倍賞美津子 室井滋 西田尚美

クロエ(2002)

  • 2002年6月15日(土)公開
  • 出演(教師 役)

数々の海外映画祭で高く評価された、利重剛監督の6年ぶりの最新作。運命的に出会った男女と、彼らを取り巻く人々の姿を通してピュアな愛を描き出すラブ・ストーリーだ。

監督
利重剛
出演キャスト
永瀬正敏 ともさかりえ 塚本晋也 松田美由紀
2000年

五条霊戦記

  • 2000年10月7日(土)公開
  • 出演(少進坊 役)

 鬼才・石井聰亙が、“弁慶と義経”の物語を大胆な発想と独自の解釈で映画化したサイバー・アクション。デジタル技術を駆使したスタイリッシュな映像と豪華キャストも話題。

監督
石井聰亙
出演キャスト
隆大介 浅野忠信 永瀬正敏 岸部一徳
1999年

豚の報い

  • 1999年7月10日(土)公開
  • 脚色

豚のもたらす厄を落とす為に、神の島を訪れた4人の男女が巻き起こす騒動を描いたファンタジー。監督は「犬、走るDOGRACE」の崔洋一。又吉栄喜による同名小説を、「愛を乞うひと」の鄭義信と崔監督自身が共同脚色。撮影を「残侠」の佐々木原保志が担当している。主演は、小澤征爾の長男で本作でスクリーン・デビューを飾った小澤征悦、「BeRLiN」のあめくみちこ、「パイパティローマ」の上田真弓、映画初出演の早坂好恵。

監督
崔洋一
出演キャスト
小澤征悦 あめくみちこ 上田真弓 早坂好恵
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鄭義信