映画-Movie Walker > 人物を探す > サリー・ブレーン

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1951年 まで合計28映画作品)

1951年

科学者ベル

  • 1951年2月20日公開
  • 出演(Gertrude_Hubbard 役)

ダリル・F・ザナックが自ら製作に当たった1939年度作品で、「ジェーン・エア」のケネス・マクゴワンが共同製作、「風を起す女」のアーヴィング・カミングスが監督に当たった。レイ・ハリスの原作を「剃刀の刄」のラマー・トロッティが脚色、撮影が「頭上の敵機」のレオン・シャムロイ、音楽はルイス・シルヴァースというスタッフ。「世紀の楽団」のドン・アメチ、「ママは大学一年生」のロレッタ・ヤング、「哀しみの恋」のヘンリー・フォンダ、「貴方も私も」のチャールズ・コバーン、「ジャンヌ・ダーク」のジーン・ロックハート、「呪われた城」のスプリング・バイントン、サリー・ブレーン、ポリー・アン・ヤング、ジョージア・ヤング、ボブス・ワトスン等が出演する、電話の発明者ベルの伝記映画。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ドン・アメチ ロレッタ・ヤング ヘンリー・フォンダ チャールズ・コバーン
1934年

女は要らねえ

  • 1934年公開
  • 出演(Helen 役)

「謎の真空管」「藪睨み武勇伝」と同じくエドナンド・ロウ、ヴィクター・マクラグレン共演喜劇で、ジョン・マイクル・ストロング作の小説に基づき「僕の自叙伝」のデルマー・デイヴスがグラント・リーンハウツと共にストーリーを書き、「めりけん音頭」のルー・プレスローと共同してデーヴィスが脚色し、「恩讐」「魔の海底」のアルバート・S・ロージェルが監督にあたった。助演者は「白馬王国」のサリー・プレーン、「第1年」のミナ・ゴンベル、ハロルド・ヒューバー、J・P・マッゴワン等。撮影は「白い肉体」「鷲と鷹(1933)」のハリー・フィッシュベックと「唄へ!踊れ!(1933)」「深夜の紳士」のテオドル・スパークールの共同担当。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴィクター・マクラグレン サリー・ブレーン ミナ・ゴンベル

流線型超特急

  • 1934年公開
  • 出演(Ruth_Dexter 役)

米国バーリントン機関車製作所が作ったポール・クレット設計の流線型列車「ゼファー」号の完成に取材した映画で、ロジャー・ウェートリーが書き下ろして、自らH.W.ヘーンマン及びジャック・オドネルと共同して脚色しトーマス・アトキンスが監督に当たり、「幸運の悪魔」「山荘の殺人」のJ・ロイ・ハントが撮影したもの。出演者は「最初の接吻」「猛獣鳥」のチャールズ・スターレット、「失恋相談欄」「恐怖の夜」のサリー・プレーンを始め、「三角の月」のハーディー・オルブライト「追撃ミックス」のウィリアム・ファーナム、「密林の王者」のアーヴィング・ビチェル、アーサー・レイク、セオドア・フォン・エルツ等。

監督
トーマス・アトキンス
出演キャスト
サリー・ブレーン チャールズ・スターレット ハーディー・オルブライト ウィリアム・ファーナム
1933年

渦巻く妖術

  • 1933年公開
  • 出演(Constance_Russell 役)

「怪盗往来」「黒い駱駝」と同じくハミルトン・マクファッデンが監督した映画で、ヴィヴィアン・コスビイ、シャーリー・H・グリーン、ハリイ・ワグスタフ・グリブルが合作した舞台劇を「仮面の米国」「活動屋往来」のハワード・J・グリーンが脚色したもの。出演者は「悪魔の富籖」「怪盗往来」のラルフ・モーガン、「あめりか祭」「水兵上陸」のヴィクター・ジョリー、「白馬王国」「マダム行状記」のサリー・ブレーンを始め、トム・デューガン、ルイ・アルバーニ、ジェームズ・バーティス、クリフォード・ジョーンズ等である。カメラは「暗黒街の顔役(1932)」「武装ラグビー」のL・ウィリアム・オコンネルの担当である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
ラルフ・モーガン ヴィクター・ジョリー サリー・ブレーン トム・デューガン

恐怖の夜

  • 1933年公開
  • 出演(Mary 役)

「暴走する悪魔」「ミックスの再起」のベンジャミン・ストロフが監督し、「チャンドウ」「恐怖城」のベラ・ルゴシが出演するもの。原作は「ニューヨーク・ハリウッド」のウィラード・マックが書き、ベアトリス・ヴァンとウィリアム・ジャコブスが共同脚色した。主役ルゴシを助けて「砂漠の遺産」「女は要らねえ」のサリー・ブレーン、「三角の月」「街の野獣(1932)」のウォーレス・フォード、「昨日」「裏町」のジョージ・ミーカー、「紅塵」「戦慄街」のタリー・マーシャル、「ゆりかごの唄」のガートルード・マイケル等が出演している。撮影はジョセフ・ヴァレンタインの担当。、

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
ベラ・ルゴシ サリー・ブレーン ウォーレス・フォード タリー・マーシャル

失恋相談欄

  • 1933年公開
  • 出演(Louise_Boley 役)

「舌戦速射砲」「晩餐八時」のリー・トレイシー主演映画で、ナサナエル・ウェストの原作を「肉体」のレオナード・プラスキンスが脚色し「武装ラグビー」「素晴らしき人生」のアルフレッド・ワーカーが監督に当たり、「濡れた拳銃」「紅唇罪あり」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。助演者は「女は要らねえ」のサリー・プレーン、「国際喜劇ホテル」のスターリング・ホロウェイ、「キャバレエの鍵穴」のC・ヘンリー・ゴードンその他である。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
リー・トレイシー サリー・ブレーン スターリング・ホロウェイ ジーン・アデーア

ふるさとの唄

  • 1933年公開
  • 出演(Lily_Smith 役)

「ラジオは笑う」に出演した米国ラジオ界の人気者のスワニー歌手ケイト・スミスが主演する映画で、「裏町」の原作者ファニー・ハースト女史が特に書卸した物語を、「アパートの女」のドロシー・ヨーストがローレンス・ハザードと共同脚色し、「百万円貰ったら」「連隊の花形」のウィリアム・A・サイターが監督に当たり、「ショウ・ボート(1929)」「薫る河風」のギルバート・ウォーレントンが撮影した。助演者は「白馬王国」「空の花嫁」のランドルフ・スコットを始め「白馬王国」「蹴球大学」のサリー・ブレーン、「心の青空」「六月十三日の夜」のチャーレー・グレープウィン、「ラジオは笑う」「心の青空」のジョージ・バービア、ジュリア・スウェイン・ゴードン等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ケイト・スミス ランドルフ・スコット サリー・ブレーン チャーリー・グレイプウィン
1932年

暗黒の復讐

  • 1932年公開
  • 出演(Betty 役)

「流線型超特急」のウィリアム・ファーナム及びサリー・ブレーン、かつては人気俳優だったプリシラ・ディーン、レックス・ベル等が共演。「熱血撮影隊」「死線突破」のオットー・ブラワーが監督にあたり、「疾風無敵男」のアーチー・スタウトが撮影した。

監督
オットー・ブラワー
出演キャスト
ウィリアム・ファーナム レックス・ベル サリー・ブレーン プリシラ・ディーン

仮面の米国

  • 1932年公開
  • 出演(Alice 役)

「暗黒街の顔役(1932)」のポール・ムニが主演する映画で、脱獄囚人ロバート・E・バーンズの自叙伝に基づいて「マルタの鷹(1931)」「春なき二万年」のブラウン・ホームズとシェリダン・ギブニーが共同脚色し、「今宵ひととき」「二秒間」のマーヴィン・ルロイが監督に当たり、「選手の後に娘あり」「米国撃滅艦隊」のソル・ポリートが撮影した。助演者は舞台から来た新人グレンダ・ファレル及びヘレン・ヴィンソンを始め、「二秒間」のプレストン・フォスター、「街の風景」のデイヴィッド・ランドー、「紐育の仇討」のノール・フランシス、「お蝶夫人」のルイズ・カーター、シーラ・テリー、アレン・ジェンキンス、エドワード・エリス、ヘール・ハミルトン、サリー・ブレーンその他である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ポール・ムニ グレンダ・ファレル ヘレン・ヴィンソン プレストン・フォスター

砂漠の遺産

  • 1932年公開
  • 出演(Judy 役)

「白馬王国」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリー・ハサウェイ監督、ランドルフ・スコット主演、サリー・ブレーン共演による西部劇で、脚色には「白馬王国」のハロルド・シューメイトと「謎の真空管」のフランク・パートススが当たり、撮影は「征服群」「砲煙」のアーチー・スタウトの担任。助演者は「七万人の目撃者」「心の青空」のJ・ファーレル・マクドナルド、「紐育の仇討」「街の風景」のデイヴィッド・ランドー、「恋愛百科全書」「謎の真空管」のゴードン・ウェストコット、「暗黒街の顔役(1932)」「虎鮫」のヴィンス・バーネット、「緑の処女地」「爆走する悪魔」のグィン・ウィリアムス等である。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ランドルフ・スコット サリー・ブレーン J・ファーレル・マクドナルド デイヴィッド・ランドー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > サリー・ブレーン