映画-Movie Walker > 人物を探す > 国舞亜矢

年代別 映画作品( 1993年 ~ 1994年 まで合計4映画作品)

1994年

通天の角

  • 1994年10月15日(土)公開
  • 出演(岩下桃子 役)

激安ショップ商法を背景に、父の仇である悪徳問屋を相手にひと芝居うつ主人公の姿を痛快に描くドラマ。『漫画ゴラク』(日本文芸社・刊)に連載された同名漫画(川辺優・作、郷力也・画)の映画化で、監督は本作がデビューとなる祭主恭嗣。脚本は「月はどっちに出ている」の鄭義信。撮影は小西泰正が担当。

監督
祭主恭嗣
出演キャスト
高橋和也 国舞亜矢 軌保博光 國村隼

東雲楼・女の乱

  • 1994年10月1日(土)公開
  • 出演(富丸 役)

明治末、日本有数の廓として栄えた熊本“東雲楼”を舞台に展開する、女たちの愛と復讐を描く文芸大作。監督は「ダンプ渡り鳥」(81)以来の東映作品となる「のぞみ・ウィッチィズ」の関本郁夫。脚本は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の松田寛夫、撮影は「RAMPO 黛監督版」の森田富士郎が担当。

監督
関本郁夫
出演キャスト
かたせ梨乃 斉藤慶子 南野陽子 鳥越マリ
1993年

教祖誕生

  • 1993年11月20日(土)公開
  • 出演(朋子 役)

ある新興宗教団体に加わることになった青年がその教祖に任命されてしまう姿を毒と笑いをもって描くドラマ。ビートたけしの原作を、彼の監督作品に監督補としてついた天間敏弘が監督したもので、これが初監督作。脚本は加藤祐司と中田秀子の共同。音楽は元チェッカーズの藤井尚之が担当している。

監督
天間敏広
出演キャスト
萩原聖人 玉置浩二 岸部一徳 ビートたけし

ソナチネ(1993)

  • 1993年6月5日(土)公開
  • 出演(幸 役)

沖縄の抗争に助っ人として送られたヤクザが抗争に巻き込まれていく姿を描くドラマ。「あの夏、いちばん静かな海。」に続く北野武の監督第四作で、ほかに脚本・編集・主演も兼ね、“死”をテーマに独特のユーモアと淡々としたリズムで描いていく。撮影は「空がこんなに青いわけがない」の柳島克己。音楽は「はるか、ノスタルジィ」の久石譲が担当。九三年カンヌ映画祭“ある視点”部門出品作。キネマ旬報ベストテン第四位。

監督
北野武
出演キャスト
ビートたけし 渡辺哲 勝村政信 寺島進
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 国舞亜矢