映画-Movie Walker > 人物を探す > SABU

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2018年 まで合計29映画作品)

2018年

jam

鬼才、SABU監督と劇団EXILEのコラボによるアクション満載の人間ドラマ。場末のアイドル演歌歌手、瀕死の恋人を守ろうとする青年、刑期を終えて復讐を果たそうとする男という3人の運命が交錯していく。青柳翔、町田啓太、鈴木伸之が3人の主人公を演じるほか、劇団EXILEのメンバーが総出演する。SABU監督の代名詞である疾走シーンも健在。

監督
SABU
出演キャスト
青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎
2017年

Mr Long/ミスター・ロン

  • 2017年12月16日(土)公開
  • 監督、脚本

チャン・チェンがナイフ使いの殺し屋に扮したバイオレンス・アクション。殺し屋のロンは、東京で台湾マフィア暗殺の仕事に失敗し、北関東の田舎町へと逃れる。日本語の話せないロンは、人々の優しさに触れるうち、次第に人間らしさを取り戻してゆくが……。メガホンを取ったのは「天の茶助」のSABU。共演は「たたら侍」の青柳翔。

監督
SABU
出演キャスト
チャン・チェン 青柳翔 イレブン・ヤオ バイ・ルンイン

沈黙-サイレンス-

  • 2017年1月21日(土)公開
  • 出演

17世紀の日本におけるキリシタン弾圧をポルトガル人司祭の目を通して描いた遠藤周作の小説を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した歴史ドラマ。師の棄教の真実を探るため、日本を訪れる若き司祭をアンドリュー・ガーフィールドとアダム・ドライバーが演じるほか、窪塚洋介や浅野忠信らも重要な役で出演する。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー キーラン・ハインズ
2015年

天の茶助

  • 2015年6月27日(土)公開
  • 監督、原作、脚本

SABUが自身初の小説を『うさぎドロップ』でもコンビを組んだ松山ケンイチ主演で映画化したファンタジー。人間の女性に恋してしまった天界の住人が、その命を救うために、下界へと降り立って騒動を繰り広げる。人間の運命は天界にいる脚本家が書いているというユニークな設定と、オール沖縄ロケで描かれる美しい映像が見ものだ。

監督
SABU
出演キャスト
松山ケンイチ 大野いと 大杉漣 伊勢谷友介
2013年

Miss ZOMBIE

  • 2013年9月14日(土)公開
  • 監督、原案、脚本

国内外で高い評価を受けるSABU監督の『幸福の鐘』以来10年ぶりの完全オリジナルストーリーとなる本作は、“ゾンビ”をテーマにした人間ドラマ。ある日、幸福な家庭に美しきゾンビが送り届けられ、それを機に平穏な日常が崩れていく様がつづられる。ゾンビ・沙羅を演じるのは、実写版「美少女戦士セーラームーン」の小松彩夏。

監督
SABU
出演キャスト
小松彩夏 冨樫真 大西利空 駿河太郎
2011年

うさぎドロップ

  • 2011年8月20日(土)公開
  • 監督、脚本

宇仁田ゆみの同名コミックを『蟹工船』のSABU監督が実写映画化。祖父の隠し子を引き取った独身イクメンの奮闘を描く。『マイ・バック・ページ』の松山ケンイチが、初の“父親”役に挑戦。史上最年少で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した芦田愛菜を相手に、家事と育児にてんてこ舞いの主人公を等身大で好演し感動を誘う。

監督
SABU
出演キャスト
松山ケンイチ 香里奈 芦田愛菜 桐谷美玲
2009年

蟹工船

  • 2009年7月4日(土)公開
  • 監督、脚本

格差社会のこのご時世で再び注目を浴びる小林多喜二の同名作を鬼才、SABU監督が松田龍平主演で映画化。過酷な条件での労働を強いられた人々の苦悩と怒りを描く人間ドラマ。

監督
SABU
出演キャスト
松田龍平 西島秀俊 高良健吾 新井浩文
2005年

疾走

  • 2005年12月17日(土)公開
  • 監督、脚本

NEWSの手越祐也が体当たりの熱演を見せる映画デビュー作。直木賞作家・重松清の同名小説を原作に、多感な少年の恋や孤独を見据えた、痛切な青春映画だ。

監督
SABU
出演キャスト
手越祐也 韓英恵 中谷美紀 豊川悦司

ホールドアップダウン

  • 2005年10月28日(金)公開
  • 監督、脚本

「ハードラックヒーロー」に続く、SABU監督&V6主演のコンビによる第2弾。大金が隠されたコインロッカーの鍵をめぐり、強盗や刑事が入り乱れる騒動が絶妙なテンポで展開。

監督
SABU
出演キャスト
坂本昌行 長野博 井ノ原快彦 森田剛
2003年

ジョゼと虎と魚たち

  • 2003年12月13日(土)公開
  • 出演(麻雀屋客・中年男 役)

人気女流作家・田辺聖子の小説を映画化。ごく平凡な大学生の青年と足の不自由な女のコの心の触れ合いを、痛いほどリアルな感情描写でつづる新感覚のラブ・ストーリーだ。

監督
犬童一心
出演キャスト
妻夫木聡 池脇千鶴 新屋英子 上野樹里

関連ニュース

松ケン、芦田愛菜らと舞台挨拶。「独身生活から共同生活へ。変わることは素晴らしい」
松ケン、芦田愛菜らと舞台挨拶。「独身生活から共同生活へ。変わることは素晴らしい」(2011年8月20日)

宇仁田ゆみの人気コミックを映画化した『うさぎドロップ』の初日舞台挨拶が8月20日に新宿ピカデリーで開催。松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜ら豪華キャストとSABU監…

『うさぎドロップ』松山ケンイチ&芦田愛菜が安心な街作りを呼びかけ
『うさぎドロップ』松山ケンイチ&芦田愛菜が安心な街作りを呼びかけ(2011年8月5日)

累計発行140万部の宇仁田ゆみによる同名コミックを、SABU監督×松山ケンイチ主演で映画化した『うさぎドロップ』(8月20日公開)が財団法人全国防犯協会連合会と…

松山ケンイチ、芦田愛菜の浴衣姿を「セクシーで奥ゆかしい」と絶賛
松山ケンイチ、芦田愛菜の浴衣姿を「セクシーで奥ゆかしい」と絶賛(2011年8月2日)

松山ケンイチ、人気子役の芦田愛菜、SABU監督が、8月2日に『うさぎドロップ』(8月20日公開)試写会の舞台挨拶に登壇。芦田が可愛らしい浴衣姿で登場すると、会場…

松ケン、芦田愛菜の台本なしの演技を絶賛!「子供たちの方がすごい!」
松ケン、芦田愛菜の台本なしの演技を絶賛!「子供たちの方がすごい!」(2011年6月13日)

宇仁田ゆみの人気コミックを映画化した『うさぎドロップ』(8月20日公開)の舞台挨拶が6月13日、都内で開催。松山ケンイチ、香里奈、子役の芦田愛菜と佐藤瑠生亮、S…

「借金を踏み倒してでも生きろ!」『蟹工船』のSABU監督訴える
「借金を踏み倒してでも生きろ!」『蟹工船』のSABU監督訴える(2009年6月16日)

不況の逆風を追い風にしているのが、7月4日の公開が待たれる、プロレタリア文学の名作の映画化『蟹工船』だ。6月12日に、メガホンをとったSABU監督、作家・評論家…

斬新!『蟹工船』のCDは全員無名のアーティストがコラボ
斬新!『蟹工船』のCDは全員無名のアーティストがコラボ(2009年5月27日)

映画『蟹工船』の7月4日公開が決定。本作の公開を記念して、“不景気”“派遣切り”などのネガティブな日本を吹き飛ばせ!と言わんばかりのパワー溢れるアルバムが到着。…

松田龍平が熱弁「蟹工船の時代よりも今の方が辛い」
松田龍平が熱弁「蟹工船の時代よりも今の方が辛い」(2009年4月10日)

2008年に再度脚光を浴びた小林多喜二の小説「蟹工船」が待望の映画化。4/10に記者会見が行われ、松田龍平、西島秀俊、高良健吾、新井浩文、柄本時生、お笑い芸人T…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > SABU

ムービーウォーカー 上へ戻る