映画-Movie Walker > 人物を探す > J・ファーレル・マクドナルド

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 1953年 まで合計101映画作品)

1953年

平原の勇者

  • 1953年7月1日公開
  • 出演(Partridge 役)

「カナダ平原」と同じくナット・ホルトが製作し、エドウィン・L・マリンが監督した西部劇1949年作品。脚本は「インディアン征路」のフランク・グルーバー、撮影はフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽はポール・ソーテルの担当。主演は「拳銃45」のランドルフ・スコットで、ビル・ウィリアムスとヴィクター・ジョリー(共に「決闘カリブ街道」)、新進ジェーン・ナイ、「嵐を呼ぶ太鼓」のデール・ロバートソン(映画第1回)らが助演する。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
ランドルフ・スコット ビル・ウィリアムス ヴィクター・ジョリー ジェーン・ナイ
1952年

ネブラスカ魂

  • 1952年5月23日公開
  • 出演(Bill_Baggs 役)

「別働隊」のアラン・ラッドが主演する西部劇で、フランク・H・スペアマンの原作を、「ロード・シリーズ」のフランク・バトラーがカール・カムと共同脚色し、「テキサス決死隊(1949)」のレスリー・フェントンが監督した1948年作品。撮影は「征服されざる人々」のレイ・レナハン、音楽はアドルフ・ドイッチェ。ラッドを取り巻く出演者は「北西騎馬警官隊」のロバート・プレストン、「シー・ホーク(1940)」のブレンダ・マーシャル、「緑園の天使」のドナルド・クリスプ、「ジョルスン物語」のウィリアム・デマレスト、「塵に咲く花」のフェイ・ホールデンら。

監督
レスリー・フェントン
出演キャスト
アラン・ラッド ロバート・プレストン ブレンダ・マーシャル ドナルド・クリスプ
1951年

群衆

  • 1951年6月15日公開
  • 出演(Spourpuss 役)

「或夜の出来事」「オペラ・ハット」等と同じくフランク・キャプラ=ロバート・リスキンのコンビになる1941年度映画で、製作には監督のキャプラ自身が当たってウォーナー・スタジオで撮影された。リチャード・コネルとロバート・プレスネルの原作からリスキンが脚色、撮影は「レベッカ」のジョージ・バーンズ、音楽は「西部の男」のディミトリ・ティオムキン。「征服されざる人々」のゲイリー・クーパー、「第二の妻」のバーバラ・スタンウィックを中心に、「夢みる少女」のエドワード・アーノルド、「北西への道」のウォルター・ブレナン、「気まぐれ天使」のジェームズ・グリースン、「呪われた城」のスプリング・バイントン、「Gメン対間諜」のジーン・ロックハートらが共演する。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー バーバラ・スタンウィック エドワード・アーノルド ウォルター・ブレナン
1947年

荒野の決闘

  • 1947年8月30日公開
  • 出演

「駅馬車(1939)」「怒りの葡萄」のジョン・フォードの復員第二作で、ス テュアート・N・レイクの著作に基くサム・ヘルマンのストーリーから、この映画の製作者のサミュエル・G・エンジェルがウィンストン・ミラーと協力して脚本を書いたもの。主演は「運命の饗宴」のヘンリー・フォンダ、「血と砂(1941)」のリンダ・ダーネル、新人ヴィクター・マチュアの三人で「スタンレー探険記」のウォルター・ブレナン、新人キャシー・ダウンズ、「春の序曲」のアラン・モーブレイ、「駅馬車(1939)」のティム・ホルト等が助演している。撮影はジョー・マクドナルドの担当である。1983年12月10日よりのリバイバル時に邦題を「いとしのクレメンタイン~荒野の決闘」に改題し公開。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヘンリー・フォンダ リンダ・ダーネル ヴィクター・マチュア キャシー・ダウンズ

ブルックリン横丁

  • 1947年6月25日公開
  • 出演(Carney 役)

劇作家ベティー・スミス作の長編小説の映画化で、「大地」のテス・スレシンガーとフランク・デイヴィスが協力脚色し、グループ・シアターの若い演出者として名を挙げたエリア・カザンがハリウッドに招かれて監督した処女作品である。音楽は「王国の鍵」のアルフレッド・ニューマン、撮影は1944、45年度の色彩撮影アカデミー賞を得たレオン・シャムロイが指揮している。出演俳優は舞台から映画入りして「クローディア」で名を挙げたドロシー・マクガイア「弾丸か投票か」のジョーン・ブロンデル、この映画での演技でアカデミー助演演技賞、子役賞をそれぞれ得たジェームズ・ダン及びペギー・アン・ガーナー、「此の虫十万弗」のテッド・ドナルドスン及びジェームズ・グリースン、ギャング役で鳴らしたロイド・ノーラン等である。別邦題「ブルックリン横町」。

監督
エリア・カザン
出演キャスト
ドロシー・マクガイア ジョーン・ブロンデル ジェームズ・ダン ロイド・ノーラン
1939年

歌は星空

  • 1939年公開
  • 出演(Doorman 役)

「ワイキキの結婚」「黄金の雨」のビング・クロスビーが、「奥さんは嘘つき」「躍り込み花嫁」のジョーン・ブロンデルと「青春問答」「裏街6人組」のミッシャ・オーアと共に主演する映画で、「スイングの女王」「アリババ女の都へ行く」のデイヴィッド・バトラーが監督したもの。脚本はバトラーとハーバート・ポレジーが共作したストーリーから「陽気な街」のウィリアム・コンセルマンが執筆した。助演は「地獄への挑戦」のアイリーン・ハーヴェイ、「ハリケーン(1937)」のC・オーブリー・スミス及びジェローム・コウアン、初主演のサンディ・ヘヴィルその他でキャメラは「青春問答」のジョージ・ロビンソンの担当である。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
ビング・クロスビー ジョーン・ブロンデル ミッシャ・オウア アイリーン・ハーヴェイ
1938年

サブマリン爆撃隊

  • 1938年公開
  • 出演(Sails 役)

「ハリケーン(1937)」「四人の復讐」に次ぐジョン・フォード監督作品で、「四人の復讐」「煌めく銀星」のリチャード・グリーンと新人ナンシー・ケリーが主演する。ストーリーはレイ・ミルホーランドが書卸し、「ニューヨークの顔役」「報道戦」ノライアン・ジェームズが、「煌めく銀星」「天晴れテンプル」のジャック・イェレン及び「大学3人男」の原作者ダーレル・ウェーアと協力して脚本を執筆した。撮影は「ハイディ」「天晴れテンプル」のアーサー・ミランドの担任である。助演者は「北半球SOS」「海の巨人(1937)」のプレストン・フォスター、「第2の女」「世紀の逃亡者」のジョージ・バンクロフト、「狙われたお嬢さん」のスリム・サマーヴィル、「四人の復讐」のジョン・キャラダイン、「生活の悦び」のウォーレン・ハイマー、「花婿往来」のマキシー・ローゼンブルーム、「ボビーの初舞台」のヘンリー・アーメッタ、新人のジョーン・ヴァレリー等である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
リチャード・グリーン ナンシー・ケリー プレストン・フォスター ジョージ・バンクロフト

群衆は叫ぶ

  • 1938年公開
  • 出演(Father_Ryan 役)

「響け凱歌」「踊る不夜城」のロバート・テイラーが主演する映画で、「海の若人」を原作脚色したジョージ・ブルースが書下ろし、作者自ら「探偵合戦」のトーマス・レノン及び「響け凱歌」「結婚クーデター」のジョージ・オッペンハイマーと協力脚色し、「結婚十字路」「夜はかならず来る」のリチャード・ソープが監督し「海の若人」のジョン・サイツが撮影した。助演は「わが家の楽園」のエドワード・アーノルド、「響け凱歌」のもリーン・オサリヴァン、「サラトガ」のフランク・モーガン、「スイングの女王」のウィリアム・ガーガン、「ロイドのエジプト博士」のライオネル・スタンダード、「高圧線」のジェーン・ワイマン、「大学3人男」のナット・ペンドルトン、「シカゴ」のジーン・レイノルズその他の面々である。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
ロバート・テイラー エドワード・アーノルド フランク・モーガン モーリン・オサリヴァン
1937年

セイルムの娘

  • 1937年公開
  • 出演(Captain 役)

「二国旗の下に」「花嫁の感情」のクローデット・コルベールと「テキサス決死隊(1936)」「丘の一本松」のフレッド・マクマレイが主演する映画で、「二国旗の下に」「カヴァルケード」のフランク・ロイドのパラマウントに於ける第1回監督作品である。原作は「コブラ・タンゴ」の脚色者ブラッドリー・キングが書き卸し、キング女史が自らウォルター・フェリス及びダーウォード・グリンステッドと協力脚色した。助演者は「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード、「僕の脱走記」のハーヴェイ・スティーブンス、「恋のページェンシー」のルイズ・ドレッサー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス及びベニー・バートレット、「この三人」のボニタ・グランヴィル、「丘の一本松」のビューラー・ボンティ、ヴァージニア・ワイドラー、ドナルド・ミーク、その他である。カメラは「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーの担当である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ ハーヴェイ・スティーブンス ゲイル・ソンダーガード

高圧線

  • 1937年公開
  • 出演(Pop 役)

「太平洋横断機」「Gガン」のパット・オブライエンが「暗黒街の弾痕」「月は我が家」のヘンリー・フォンダと共に主演するもの。「黒の秘密」のウィリアム・ウィスター・ヘインズが自作の小作を脚色し、「太平洋横断機」「ジャズと艦隊」のレイ・エンライトが監督し、「流行の女王」のシド・ヒコックスが撮影した。助演者は「Gガン」「緑の灯」のマーガレット・リンゼイ、「無限の青空」のスチュアート・アーウィンを始め、「暗黒街全滅」のJ・ファーレル・マクドナルド、「二人のメロディ」のディック・パーセル、「黒の秘密」のジョセフ・ソーヤー、「無限の青空」のクレイグ・レイノルズ「札つき女」のジョン・ライテルその他である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
パット・オブライエン ヘンリー・フォンダ マーガレット・リンゼイ スチュアート・アーウィン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > J・ファーレル・マクドナルド