映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ダバディー・ダラー

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1933年 まで合計6映画作品)

1933年

トパーズ(1933)

  • 1933年当年公開
  • 監督

マルセル・パニヨルの名劇を映画化し「地方検事」「グランド・ホテル」のジョン・バリモアが主役を勤めるもの。「魔の家(1932)」「悪魔と深海」のベン・W・レヴィーが翻訳改作したものを「国際盗賊ホテル」のベン・ヘクトが映画脚色し、「青空恋をのせて」のチャールズ・レデラーが台本を作り、「踊り子夫人」のハリー・ダバディー・ダラーが監督にあたり、「南海の劫火(1932)」「青空恋をのせて」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「成吉欺汗の仮面」「今晩愛して頂戴ナ」のマーナ・ローイを始め、「スーキー」のジャッキイ・サール、「生の創め」のレジノルド・メイソン、「ナイトクラブの女」のアルバート・コンティ、「十三号室の女」のルイ・アルバーニ、ジョビナ・ハウランド等である。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
ジョン・バリモア マーナ・ローイ アルバート・コンティ ルイ・アルバーニ
1930年

踊子夫人

  • 1930年当年公開
  • 監督、脚本

「悪魔の日曜日」「危険なる楽園」のナンシー・キャロルが主演する映画で、「セレナーデ」「巴里酔語」のハリー・ダバディー・ダラーが「暗黒街のローマンス」「巴里酔語」の脚色者ダグラス・Z・ドーティーと協力で脚本を組み立て自ら監督にあたった作品である。米国の有する少壮ユーモリストとして知られているドナルド・グデン・スチュワートが特に台詞を執筆し、「喝采」「チウインガム行進曲」のジョージ・フォルシーが撮影を担任。助演者は「屠殺者(1930)」「サラアと其の子」のフレドリック・マーチ、「喧嘩商会」のフランク・モーガン、グレン・アンダース、ダイアン・エリス等である。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
ナンシー・キャロル フレドリック・マーチ フランク・モーガン グレン・アンダース
1928年

パリ酔語

  • 1928年当年公開
  • 監督

「婦人に御給仕」「セレナーデ」「情炎夜曲」等を作ったハリー・ダバディー・ダラー氏のフォックス入社第一回作品で、ジョン・トーマス(4)氏の小説を映画化したもの。ダグラス・Z・ドーティー氏が脚色した。主役は「蛮婚崇拝」「闇より光へ」主演尾メアリー・アスター嬢と「三人」のマット・ムーア氏との二人で、それを助けて「四人の息子(1928)」のアルバート・グラン氏、「グッド・バイ・キッス」のサリー・アイラース嬢、「情炎夜曲」のアルバート・コンティ氏、ジョスリン・リー嬢、ヒュー・トレヴァー氏、等が主演する。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
メアリー・アスター マット・ムーア ジョスリン・リー サリー・アイラース

情炎夜曲

  • 1928年当年公開
  • 監督、脚本

「大尉の娘」に次いで製作されたフローレンス・ヴィダー嬢主演映画で、ハリー・ダバディー・ダラー氏がジャン・ド・リミュール氏と共同してジェルメン、モンクーザン両氏合作の劇「母」に題材を得て執筆した台本により、「婦人に御給仕」「セレナーデ」と同じくダバディー・ダラー氏が監督したもの。ヴィダー嬢を助けて、「君が為め命捧げん」「支那の鸚鵡」等出演のアルバート・コンティ氏、新進のロレッタ・ヤング嬢及びマティー・ケンプ氏、「狂乱街」「運は天に在り」のマリエッタ・ミルナー嬢、「特製運動服」のネッド・スパークス氏等が出演している。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー アルバート・コンティ ロレッタ・ヤング マティー・ケンプ
1927年

セレナーデ(1927)

  • 1927年当年公開
  • 監督

「猫の寝巻」「婦人に御給仕」と同じくエルネスト・ヴァイダ氏が書卸した物語を、氏自ら脚色し、「婦人に御給仕」と同じくハリー・ダバディー・ダラー氏が監督した映画で、主演者は「夜会服」「婦人に御給仕」「不良老年」のアドルフ・マンジュウ氏。相手女優は「婦人に御給仕」で始めてマンジュウ氏と共演したキャスリン・カーヴァー嬢が勤め、ローレンス・グラント氏、リナ・バスケット嬢及びマーサ・フランクリン嬢が助演している。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ キャスリン・カーヴァー ローレンス・グラント マーサ・フランクリン

婦人に御給仕(1927)

  • 1927年当年公開
  • 監督

「不良老年」「夜会服」等と同じくアドルフ・マンジュウ氏主演映画で、原作はエルネスト・ヴァイダ氏がベンジャミン・グレイザー氏と共同してマンジュウ氏のために書卸し、それをチャンドラー・スプレイグ氏が脚色し、チャップリン氏の「黄金狂時代」を助監督したフランス生れのハリー・ダバディー・ダラー氏が処女作品として監督したもの。マンジュウ氏の相手女優は新進のキャスリン・カーヴァー嬢で、チャールズ・レーン(チャールズ・レヴィソン)氏、ローレンス・グラント氏、アンドレ・シュロン氏等が助演している。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ キャスリン・カーヴァー チャールズ・レーン ローレンス・グラント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ダバディー・ダラー