映画-Movie Walker > 人物を探す > 久我陽子

年代別 映画作品( 1992年 ~ 1998年 まで合計5映画作品)

1998年

二宮金次郎物語 愛と情熱のかぎり

  • 1998年7月4日(土)公開
  • 出演(恋人ゆき 役)

貧しい家で育った少年、二宮金次郎が努力を重ねて大きな人間に育っていく感動ドラマ。監督は「ペエスケ/ガタピシ物語」の後藤秀司が構想五年をかけてメガホンを握った。脚本は後藤と田代淳二が担当。撮影は「極道三国志」の鈴木耕一が手がけている。主演は「風の歌が聴きたい」の林泰文。

監督
後藤秀司
出演キャスト
林泰文 久我陽子 寺尾聰 真野響子
1995年

鬼平犯科帳

  • 1995年11月18日(土)公開
  • 出演(清 役)

小説・テレビ・舞台でと、幅広くその人気を誇る鬼平こと長谷川平蔵の活躍を描いたチャンバラ時代劇。監督は同テレビシリーズの監督もつとめている小野田嘉幹。原作は池波正太郎の同名ベストセラー。主演はテレビシリーズでもおなじみの中村吉右衛門。松竹創業100周年記念作品。

監督
小野田嘉幹
出演キャスト
中村吉右衛門 岩下志麻 藤田まこと 石橋蓮司
1994年

首領を殺った男

  • 1994年5月14日(土)公開
  • 出演(大木戸加那 役)

18年の刑に服していた筋金入りの極道と、今や巨大組織の首領となって彼をなき者にしようとする兄弟分との戦いを描くやくざ映画。「人生劇場 飛車角」以来30年になる東映やくざ映画の総決算と謳い製作されたもので、監督は「極道戦争・武闘派」の中島貞夫、桂木薫の原案を元に脚本は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の高田宏治、撮影は北坂清が担当。「仁義なき戦い」シリーズをはじめ東映やくざ映画30年に関わり続けた松方弘樹が主演。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 田村英里子 山口達也 多岐川裕美

今日から俺は!!

  • 1994年2月19日(土)公開
  • 出演(早川京子 役)

ケンカや女の子が好きな不良コンビ、金髪の三橋とトンガリ頭の伊藤が起こす騒動を描く青春コメディ。「週刊少年サンデー」(小学館・刊)で連載中の西森博之の人気コミックを原作に、「悪役パパ」の鹿島勤が監督。既にVシネマで2作作られているシリーズで、3作目にして初の劇場公開となった。脚本はVシネマの同シリーズや「あひるのうたがきこえてくるよ。」の田部俊行、撮影はVシネマの同シリーズの森勝が担当

監督
鹿島勤
出演キャスト
三橋貴志 中倉健太郎 高橋かおり 久我陽子
1992年

寝盗られ宗介

  • 1992年10月3日(土)公開
  • 出演(あゆみ 役)

愛の昂揚のため女房を他の男と駆け落ちさせるドサ回り一座の座長と劇団員たちの姿を描くつかこうへい原作の舞台喜劇の映画化。つか自ら脚本を担当、監督は「われに撃つ用意あり」の若松孝二、撮影は「チー公物語 ネズミ小僧のつくりかた世紀末版」の鈴木達夫が担当。

監督
若松孝二
出演キャスト
原田芳雄 藤谷美和子 久我陽子 筧利夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 久我陽子