映画-Movie Walker > 人物を探す > 小笠原佳文

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2001年 まで合計8映画作品)

2001年

かあちゃん

  • 2001年11月10日(土)公開
  • 監督補

山本周五郎の同名小説をもとに、巨匠・市川崑監督が贈る人情時代劇。5人の子供を育てる心温かい母親の姿を通し、“人を信じること”の尊さを笑いと涙を交えて描く。

監督
市川崑
出演キャスト
岸惠子 原田龍二 うじきつよし 勝野雅奈恵
2000年

どら平太

  • 2000年5月13日(土)公開
  • 助監督

 巨匠、市川崑が、かつて黒澤明監督らとともに温めていた念願の企画を実現。山本周五郎の小説「町奉行日記」をもとに、異色ヒーローの活躍を描きだす痛快時代劇だ。

監督
市川崑
出演キャスト
役所広司 浅野ゆう子 菅原文太 宇崎竜童
1998年

花のお江戸の釣りバカ日誌

  • 1998年12月23日(水)公開
  • 助監督

おなじみハマちゃんとスーさんのコンビが繰り広げる人情喜劇シリーズの第12弾となる、時代劇作品。監督は「釣りバカ日誌10」の栗山富夫。脚本は「学校III」の山田洋次と朝間義隆、撮影は藤原三郎。主演は「釣りバカ日誌10」の西田敏行と三國連太郎、「SADA」の黒木瞳。

監督
栗山富夫
出演キャスト
西田敏行 酒井法子 山田純大 三國連太郎

陽炎IV

  • 1998年2月7日(土)公開
  • 助監督

昭和初期の土佐を舞台に、二組の対立するヤクザの抗争に巻き込まれた女胴師の活躍を描く、任侠活劇のシリーズ第4弾。監督は「子連れ狼 その小さき手に」の井上昭。脚本は、橋本以蔵による原案を基に、「陽炎3」の田村恵が執筆。撮影を「卍舞III」の宮島正弘が担当している。主演は「陽炎3」の高島礼子。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
井上昭
出演キャスト
高島礼子 柴俊夫 沢木麻美 大門正明
1996年

チンピラぶるーす ど・アホ!

  • 1996年1月27日(土)公開
  • 監督

風来坊と刑事のコンビが、爆弾魔を相手に活躍を繰り広げるコメディ。監督は「卍舞2 妖艶三女濡れ絵巻」の小笠原佳文。撮影は同作で組んだ宮島正弘。主演は人気漫才コンビのトミーズと、C・C・ガールズの藤森夕子。95年に大阪、名古屋で先行公開(1995年4月29日より)され、東京では同年5月13・14日に2日間のみの特別上映が行われたのち、96年に正式公開された。

監督
小笠原佳文
出演キャスト
トミーズ雅 藤森夕子 トミーズ健 中井信之
1995年

卍舞2 妖艶三女濡れ絵巻

  • 1995年7月15日(土)公開
  • 監督

江戸時代の湯女を主人公にした復讐劇としてヒットしたエロティックアクション「大江戸浮世風呂譚 卍舞」のパート2。監督は前作と同じく小笠原佳文。湯女からうって変わって男装のお尋ね者となったお蝶にふんするのは「紅蓮華」の武田久美子。

監督
小笠原佳文
出演キャスト
武田久美子 三原じゅん子 麻倉未稀 峰岸徹
1994年

大江戸浮世風呂譚 卍舞

  • 1994年11月公開
  • 監督

江戸時代の、現代で言うソープランド″浮世風呂″を舞台に、そこに集う人々の生き様を絡めながら、許嫁を殺された復讐を遂げる湯女の姿を描いたエロティック時代劇。監督は小笠原佳文、脚本は伊東恒久、撮影は宮島正弘が、それぞれ担当。主演は、ヌードも披露した喜多嶋舞。

監督
小笠原佳文
出演キャスト
喜多嶋舞 山内としお 上野正希子 朝岡実嶺
1992年

女殺油地獄(1992)

  • 1992年5月23日(土)公開
  • 助監督

女の魔性と男の純情があやなす妖美にして凄惨な愛の世界を描いた近松門左衛門原作の映画化。脚本は「次郎物語(1987)」の井手雅人が執筆。監督は「陽炎」の五社英雄。撮影は「豪姫」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
樋口可南子 堤真一 藤谷美和子 井川比佐志
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 小笠原佳文