映画-Movie Walker > 人物を探す > パオロ・ストッパ

年代別 映画作品( 1951年 ~ 2004年 まで合計25映画作品)

2004年

山猫(イタリア語・完全復元版)

伊の名匠ルキノ・ビスコンティの代表作を、ニュープリントで上映。19世紀末、統一戦争に揺れるイタリアを舞台に、貴族階級の盛衰と時代の推移を描く一大叙事詩だ。

監督
ルキノ・ヴィスコンティ
出演キャスト
バート・ランカスター アラン・ドロン クラウディア・カルディナーレ パオロ・ストッパ
2001年

若者のすべて

  • 2001年2月5日(月)公開
  • 出演(Manager 役)

イタリアの南部移民問題をテーマに、ある家族の崩壊をドラマチックに描いたヴィスコンティの傑作。娼婦ナディアをめぐる兄弟の愛憎劇が圧巻。若かりし日のアラン・ドロンの名演技が見もの。(リバイバル上映)

監督
ルキノ・ヴィスコンティ
出演キャスト
アラン・ドロン レナート・サルヴァトーリ アニー・ジラルド カティーナ・パクシー
1975年

クレイジー・ボーイ ミサイル珍作戦

  • 1975年3月15日(土)公開
  • 出演(Le Colonel 役)

フランスで最も人気のあるといわれるコメディ・グループ“レ・シャルロ”の「クレイジー・ボーイ」シリーズ四作目。製作総指揮はクリスチャン・フェシュネール、製作はアンリ・ブリシェッティ、監督はクロード・ジディ、脚本はジャン・ブショーとジャン・ポール・ファレー、撮影はポール・ボニス、音楽はレ・シャルロが各々担当。出演はレ・シャルロのジェラール・リナルディ、ジェラール・フィリッペリ、ジャン・サリュス、ジャン・ギイ・フェシュネール、他にパオロ・ストッパ、ヘイディー・ボーレンなど。

監督
クロード・ジディ
出演キャスト
ジェラール・リナルディ ジェラール・フィリッペリ ジャン・サリュス ジャン・ギイ・フェシュネール
1969年

ウエスタン

  • 1969年10月31日公開
  • 出演(Sam 役)

セルジオ・レオーネがアメリカで監督した西部劇。主演は「バルジ大作戦」のヘンリー・フォンダ、「さらば友よ」のチャールズ・ブロンソン、「墓石と決闘」のジェーソン・ロバーズ。共演には紅一点のクラウディア・カルディナーレ、フランク・ウォルフ、ガブリエレ・フェルゼッティ、ウッディ・ストロード、キーナン・ウィンなどが顔をそろえている。製作はフルヴィオ・モルセッラ。脚本はセルジオ・ドナーティとセルジオ・レオーネの共作。撮影にはトニーノ・デリ・コリがあたり、音楽はマカロニ・ウエスタンの名曲を数多く手がけたエンニオ・モリコーネが担当。テクニカラー、テクニスコープ。イタリア・オリジナル版は175分。

監督
セルジオ・レオーネ
出演キャスト
ヘンリー・フォンダ クラウディア・カルディナーレ ジェイソン・ロバーズ チャールズ・ブロンソン

女性上位時代

  • 1969年2月1日公開
  • 出演(Toni 役)

「歌え!太陽」のパオロ・フェラーリとオッタヴィオ・ジェンマの脚本を「女と将軍」のパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレが監督したコメディ。撮影は「追い越し野郎」のアルフィオ・コンティーニ、音楽は「黄金の七人」シリーズのアルマンド・トロバヨーリが担当している。出演は「夜は盗みのために」のカトリーヌ・スパーク、「恋びと」のジャン・ルイ・トランティニャン、他にフランク・ウォルフ、ベナンティノ・ベナンティーニ、フィリップ・ルロワ、など。

監督
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
出演キャスト
カトリーヌ・スパーク ジャン・ルイ・トランティニャン ルイジ・プロイェッティ フェビエンヌ・ダリ
1965年

訪れ

  • 1965年2月27日公開
  • 出演(The_Doctor 役)

フリードリッヒ・デュレンマットの戯曲を「コンクリートの中の男」のベン・バーズマンが脚色、「橋」のベルンハルト・ビッキイが監督した心理ドラマ。撮影はアルマンド・ナヌッツィ、音楽は「橋」のハンス・マーティン・マジェウスキーが担当した。出演は「黄色いロールスロイス」のイングリッド・バーグマン、「日曜日には鼠を殺せ」のアンソニー・クイン、「史上最大の作戦」のイリナ・デミック、「バラバ」のヴァレンティナ・コルテーゼ、「ベケット」のパオロ・ストッパなど。製作はジュリアン・デロードとアンソニー・クイン。

監督
ベルンハルト・ヴィッキ
出演キャスト
イングリッド・バーグマン アンソニー・クイン イリーナ・デミック パオロ・ストッパ
1964年

日曜日には鼠を殺せ

  • 1964年11月20日公開
  • 出演(Pedro 役)

エメリック・プレスバーガーの同名小説を「酒とバラの日々」のJP・ミラーが脚色、「尼僧物語」のフレッド・ジンネマンが製作・演出したレジスタンスの活劇ドラマ。撮影はジャン・バダル、音楽は「アラビアのロレンス」のモーリス・ジャールが担当した。出演は、「アラバマ物語」のグレゴリー・ペック、「アラビアのロレンス」のアンソニー・クイン、「ローマ帝国の滅亡」のオマー・シャリフ、「橋からの眺め」のレイモン・ペルグラン、「山猫」のパオロ・ストッパ、ミルドレッド・ダンノック、ダニエラ・ロッカなど。

監督
フレッド・ジンネマン
出演キャスト
グレゴリー・ペック アンソニー・クイン オマー・シャリフ ミルドレッド・ダンノック

バストで勝負

  • 1964年10月17日公開
  • 出演(Gardunia 役)

マリオ・カメリーニ、イーヴォ・ペリッリ、サンドロ・コンティネンツァ、エンニオ・デ・コンチーニらの共同シナリオを「ユリシーズ(1954)」のマリオ・カメリーニが演出したセクシー・コメディ。撮影は「ローマの女」のエンツォ・セラフィン、音楽は「豪快!マルコポーロ」のフランチェスコ・ラヴァニーノが担当した。出演は「昨日・今日・明日」のコンビ、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ、演出家ビットリオ・デ・シーカ、「山猫」のパオロ・ストッパ、イボンヌ、サンソンなど。製作はディノ・デ・ラウレンティスとカルロ・ポンティ。

監督
マリオ・カメリーニ
出演キャスト
ソフィア・ローレン マルチェロ・マストロヤンニ ヴィットリオ・デ・シーカ イヴォンヌ・サンソン

ベケット

  • 1964年9月25日公開
  • 出演(Pope_Alexander_3 役)

ジャン・アヌイの戯曲をエドワード・アンハルトが脚色、「可愛い妖精」のピーター・グレンヴィルが演出した宗教ドラマ。撮影は「スージー・ウォンの世界」のジョフリー・アンスワース、音楽はローレンス・ローゼンタールが担当した。製作は「バラの刺青」のハル・B・ウォリス。出演は「クレオパトラ(1963)」のリチャード・バートン、「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥール、「リチャード三世」のジョン・ギールグッド、「炎の人ゴッホ」のパメラ・ブラウン、「生きる歓び」のパオロ・ストッパ、マーティタ・ハント、ショーン・フィリップスほか。

監督
ピーター・グレンヴィル
出演キャスト
リチャード・バートン ピーター・オトゥール ドナルド・ウォルフィット ジョン・ギールグッド

山猫

伊・シシリー島(シチリア島)のジュゼッペ・ディ・ランペドゥーサの小説The Leopar(イタリア・ストレガ賞受賞)を、「ソドムとゴモラ」の製作者ゴッフレード・ロンバルドが製作、「ボッカチオ'70」のルキノ・ヴィスコンティが監督、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、エンリコ・メディオーリ、マッシモ・フランシオーサの四人が脚本を執筆。音楽は「道」のニーノ・ロータ、「若者のすべて」のジュゼッペ・ロトゥンノが撮影を担当した。出演者は「終身犯」のバート・ランカスター、「地下室のメロディー」のアラン・ドロン、「ビアンカ」のクラウディア・カルディナーレ、「夏の嵐」のリナ・モレリ、「若者のすべて」のパオロ・ストッパなど。2016年5月、4K素材で劇場上映される(配給:クレストインターナショナル)。

監督
ルキノ・ヴィスコンティ
出演キャスト
バート・ランカスター アラン・ドロン クラウディア・カルディナーレ パオロ・ストッパ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パオロ・ストッパ