映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲイル・ヘンリー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1929年 まで合計9映画作品)

1929年

暗い部屋

  • 1929年
  • 出演(Mme._Silvara 役)

「桃色の盗賊」「楽屋行進曲」のイヴリン・ブレント嬢が主演する映画で、フィリップ・ギブス氏原作の雑誌小説に基いてパトリック・カーニー氏と「コンサート」のメルヴィル・ベイカー氏とが脚色並びに台詞を執筆し、「桃色の盗賊」のルイ・ガスニエ氏が監督したもの。助演者は「駄法螺成金」「撮影所殺人事件」のニール・ハミルトン氏、「撮影所殺人事件」「崩るる天地」のドリス・ヒル嬢、「駄法螺成金」「曲線悩まし」のデイヴィッド・ニュウェル氏、「スイーティー」のウォーレス・マクドナルド氏、「愛の医者」のゲイル・ヘンリー嬢、等で、キャメラは「若き翼」「大学生気質」のアーチー・スタウト氏担当。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
イヴリン・ブレント ニール・ハミルトン ドリス・ヒル デイヴィッド・ニュウェル

愛の医者

  • 1929年
  • 出演(Lucy 役)

「レッドスキン」「人生の轍」に次ぐリチャード・ディックス氏の主演映画でウィンチェル・スミス氏とヴィクター・メイプス氏合作の舞台劇「ブーメラング」をガイ・ボルトン氏とJ・ウォルター・ルーベン氏が改作脚色したもの。監督には元ユニヴァーサル社にあって「紅い唇(1928)」その他を作ったメルヴィル・ブラウン氏が当たっている。主演者のほかに「ロマンスの河」「青春の幻想」のジューン・コリアー嬢、「グリーン家の惨劇」のモーガン・ファーレイ氏、ミリアム・シーガー嬢、ウィニフレッド・ハリス嬢、ローフォード・デイヴィッドソン氏等が助演している。キャメラは「人生の轍」「レッドスキン」のエドワード・クロンジェガー氏が担当。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
リチャード・ディックス ジューン・コリアー モーガン・ファーレイ ミリアム・シーガー
1928年

珍サーカス王

  • 1928年
  • 出演(Zella 役)

「無鉄砲一番乗」と同じくフート・ギブスン氏が主演し、デル・アンドリュース氏が監督した映画。アンドルー氏自らがセント・エルモ・ボイス氏と協力して書き上げたオリジナル・ストーリーを、イサドア・バーンスタイン氏が映画用にと書き直し、それに基いてジョン・B・クライマー氏が台本を作成した。ギブスン氏の相手役は「大学生活」出演のドロシー・ガリヴァー嬢で、アラン・フォレスト氏、ゲイル・ヘンリー嬢、それからデ・ガロス一座などが、それを助演している。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
フート・ギブスン ドロシー・ガリヴァー アラン・フォレスト Monte Montague
1925年

輝く三色旗

  • 1925年
  • 出演(Berth 役)

エミール・オジュ氏作の舞台劇を映画化したものでアデレイド・ヒールブロン女史が脚色し、「極楽突進」「女名捕手」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。主役は「駅馬車(1925)」「極楽突進」「紅ばらの唄」等出演のベティー・カンプソン嬢が演じ、相手役には「紅椿」等出演のウォーレス・マクドナルド氏、「金色の寝床」等出演のセオドア・コスロフ氏が出演し、その他シェルドン・リョイス氏、マーガレット・セドン嬢、ゲイル・ヘンリー嬢、ジョセフ・J・ダウリング氏等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ベティー・カンプソン ウォーレス・マクドナルド セオドア・コスロフ シェルドン・ルイス
1924年

ルース乗り出す

  • 1924年
  • 出演(Min 役)

ヘンリー・W・サヴェジ氏の演出によって知る人ぞ知る、原作はフランスの舞台喜劇でホールマン・ディ氏が改作したもの。脚色はウィニフレッド・ダン女史が担当し「少年ロビンソン」「滑稽恋愛三代記」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもので、主役は「恋盗人」「焼き餅禁物」等主演のヴァイオラ・ダナ嬢で相手役は「猛犬は裁く」「処女時代」等出演のレイモンド・マッキー氏でタリー・マーシャル氏、ウォルター・ハイアース氏、ヴィクター・ポーテル氏等が助演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ レイモンド・マッキー タリー・マーシャル ウォルター・ハイアース

活動のマートン

  • 1924年
  • 出演(Tessie_Kearns 役)

ハリー・レオン・ウィルソン氏の小説からジョージ・S・カウフマン氏とマーク・コネリー氏とが舞台劇に書き上げて、それが米国中の大評判となった。それがこの映画の原作であって、映画化する際はウォルター・ウッズ氏が脚色し「ホリウッド」「男子改造」「女性礼讚」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督したもの。舞台劇の主役であったグレン・ハンター氏が選まれてこの映画でも主役を演じている。相手役はメトロのスターであったヴァイオラ・ダナ嬢で「ホリウッド」とはまた別な味のある撮影所を背景にした人情喜劇である。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
グレン・ハンター チャールズ・セロン Sadie Gordon ゲイル・ヘンリー

火焔の船

  • 1924年
  • 出演(Alice_Masters 役)

新しく組織されたチャドウィック映画で本邦に於て最初に封切りされる作品である。原作はハーキンス氏及びバーバー氏合作の舞台劇をハント・ストロンバーグ氏が自ら監督製作したもので、主役には「愛国の喇叭」のマッジ・ベラミー嬢、「ポンジョラ」「夜の怪鳥」等出演のジョニー・ハロン氏、「危険なる処女時代」等出演のヘレン・ジェローム・エディー嬢等が扮しその他チャールズ・マレイ氏、ビリー・フラネー氏等の喜劇俳優が消防船の乗組員に扮して大活躍をしている。

監督
ハント・ストロンバーグ
出演キャスト
アンナ・Q・ニルソン William Jeffries ディッキー・ブランドン ジャック・リチャードソン
1923年

無言の勝利

  • 1923年
  • 出演(The_Maid 役)

ピーター・クラーク・マクファーレイン氏作の小説からウィニフレッド・ダン女史が脚色し「娘十八紅かねけて」と同じくハロルド・ショウ氏が監督したもので、主役は「義賊ラッフルズ」「風に逆いて」等出演のハウス・ピータース氏で対手は「大旋風騎手」「砂漠の星影」等出演のイヴリン・ブレント嬢で、ジェームズ・モリソン氏、ブル・モンタナ氏、グレイス・カーライル嬢等が助演している。

監督
ハロルド・ショウ
出演キャスト
ハウス・ピータース グレイス・カーライル ジョン・セント・ポリス イヴリン・ブレント
1921年

海路の日和

  • 1921年
  • 出演(Minnie_Stubbs 役)

「嘘八百の世界」同様ギャレス・ヒューズ氏主演のメトロ映画で、監督がジョージ・D・ベイカー氏、相手役がエセル・グランディン嬢である事も同映画の通りである。パーシヴァル・ワイルド氏の通俗小説を映画化した独特の正喜劇。

監督
ジョージ・D・ベイカー
出演キャスト
ギャレス・ヒューズ エセル・グランディン John C. Seppling Edward Flanagan
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲイル・ヘンリー