映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・ルイス

年代別 映画作品( 1972年 ~ 2013年 まで合計25映画作品)

2013年

天国の門(デジタル修復完全版)

  • 2013年10月5日(土)公開
  • 出演(トラッパー・フレッド 役)

過剰な製作費の超過と公開後の不評、不入りのために歴史あるハリウッドの映画会社ユナイテッドアーティスツを消滅させたことで知られるマイケル・チミノ監督の問題作が、公開から30年以上の時を経てデジタル修復、216分のオリジナル完全版として復活。出演は「スター誕生」のクリス・クリストファーソン、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン、「エレファント・マン」のジョン・ハート、「ピアニスト」のイザベル・ユペール。撮影は「未知との遭遇」のヴィルモス・ジグモンド。

監督
マイケル・チミノ
出演キャスト
クリス・クリストファーソン クリストファー・ウォーケン ジョン・ハート イザベル・ユペール
2005年

ダウン・イン・ザ・バレー

  • 2005年12月17日(土)公開
  • 出演(Sheridan 役)

「レッド・ドラゴン」のエドワード・ノートン主演による異色作。不思議な放浪者の青年と少女の恋を軸に、西部劇へのオマージュなど多彩な要素を盛り込んだ一編だ。

監督
デイヴィッド・ジェイコブソン
出演キャスト
エドワード・ノートン エヴァン・レイチェル・ウッド デイヴィッド・モース ロリー・カルキン
2001年

誘拐犯

  • 2001年6月9日(土)公開
  • 出演(Abner 役)

ある誘拐事件の関係者たちの人間模様を、緻密な心理描写で語り明かす1本。「ユージュアル・サスペクツ」でアカデミー賞脚本賞を獲得したクリストファー・マッカリーの初監督作だ。

監督
クリストファー・マックァリー
出演キャスト
ベニチオ・デル・トロ ライアン・フィリップ ジュリエット・ルイス テイ・デイヴィス
1998年

真夜中のサバナ

  • 1998年7月4日(土)公開
  • 出演(Luther Driggers 役)

北米一美しい町・サヴァナを舞台に、ある殺人事件をめぐってあらわにされる隠された人間模様を描いた異色のドラマ。ジャーナリストのジョン・ベレントによる同名ノンフィクションの映画化(邦訳・早川文庫刊)。監督は「目撃」のクリント・イーストウッドで、彼の監督20作目にあたり、自ら主演しない監督作品は『愛のそよ風』(73、テレビ放映のみ)、「バード」(88)に次いで3作目。脚本は「パーフェクト・ワールド」のジョン・リー・ハンコック。製作はイーストウッドと本作の映画化権を取得した「きのうの夜は…」などのアーノルド・シュティーフェル。製作総指揮はアニータ・ズーカマン。撮影のジャック・N・グリーン、音楽のレニー・ニーハウス、美術のヘンリー・バムステッド(「スティング」「ケープ・フィアー」)、編集のジョエル・コックスはイーストウッド組の常連。出演は「ザ・プロデューサー」「アルビノ・アリゲーター」(監督のみ)のケヴィン・スペイシー、「コン・エアー」のジョン・キューザック、「戦場のメリー・クリスマス」「ラストダンス」のジャック・トンプソン、「ガタカ」のジュード・ロウ、「フューネラル」のポール・ヒップ、イーストウッドの愛娘であるアリソン・イーストウッドほか。また、実際にサヴァナの町の名士であるレディ・シャブリが本人役で好演。

監督
クリント・イーストウッド
出演キャスト
ジョン・キューザック ケヴィン・スペイシー ジャック・トンプソン イルマ・ピー・ホール
1997年

シェイド(1996)

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 出演(Draper 役)

元刑事の大学教授が、怪死を遂げた同僚の事件を追う姿を、幻想的なタッチで描いた異色のサスペンス。監督は「新リバイアサン リフト」のサロメ・ブレジナー。製作はロバート・グリンウォルド、デイヴィッド・マタロン、ジョージ・モフリー、アラン・A・アポーン。製作総指揮は主演の「野獣教師」のトム・ベレンジャーと、「セイント」のウィリアム・J・マクドナルド。原作・脚本はランドール・シルヴィス。共演は「フォー・ルームス」のヴァレリア・ゴリノ、「アナコンダ」のカリ・ウーラー、「ショウ・ガール」のロバート・ダヴィ、「トゥームストーン」のスティーヴン・ラング、「マーヴェリック」のジョフリー・ルイス(「フロム・ダスク・ティル・ドーン」などの女優ジュリエット・ルイスの実父)ほか。

監督
サロメ・ブレジナー
出演キャスト
トム・ベレンジャー カリ・ウーラー ヴァレリア・ゴリノ スティーブン・ラング
1993年

顔のない天使

  • 1993年12月18日(土)公開
  • 出演(Chief_Stark 役)

将来に不安を抱く少年と、過去の呪縛から逃れられない元教師の理解と友情を描いたヒューマン・ドラマ。「フォーエヴァー・ヤング 時を超えた告白」の俳優メル・ギブソンが友人のプロデューサー、ブルース・デイヴィと設立したアイコン・プロ第一回作品で、ギブソンが初監督と主演を兼ね、製作をデイヴィーが手がけている。イザベル・ホランドの小説を、本作が初の劇場映画のマルコム・マクラーリーが脚色。撮影は「パトリオット・ゲーム」のドナルド・マッカルバイン。音楽は「心の扉」のジェームズ・ホーナー。特殊メイクは「フック」のグレッグ・キャノンが担当。共演は本作で映画デビューの子役ニック・スタール、「メジャーリーグ」のマーガレット・ウィットン、「めぐり逢えたら」のギャビー・ホフマン、「デッドフォール」のジョフリー・ルイスら。

監督
メル・ギブソン
出演キャスト
メル・ギブソン ニック・スタール マーガレット・ウィットン フェイ・マスターソン

バニシング・レッド

  • 1993年3月27日(土)公開
  • 出演(Sepeta 役)

「インディ・ジョーンズ」シリーズや「ターミネーター2」「トータル・リコール」「ダブル・インパクト」「ユニバーサル・ソルジャー」など、ハリウッドで200本以上の高度なアクション・シーンを作り上げてきたスタント・アクション・コーディネーター、ヴィック・アームストロングの監督デビュー作。製作はイレーナ・ダイアマントと弟のアンディ・アームストロング。脚本は「刑事ニコ 法の死角」「フリージャック」のスティーヴン・プレスフィールド。音楽は「ウォッチャーズ 第3生命隊」のジョエル・ゴールドスミス。撮影はダン・タレットが担当している。

監督
ヴィク・アームストロング
出演キャスト
ドルフ・ラングレン ジョージ・シーガル クリスティン・アルフォンソ ジョフリー・ルイス
1992年

バーチャル・ウォーズ(1992)

  • 1992年7月18日(土)公開
  • 出演(Terry_McKeen 役)

先端テクノロジー、バーチャル・リアリティ(人工現実感)の被験者となった青年の数奇な運命を、コンピュータ・グラフィックスを駆使して描くSF作品。原作はスティーブン・キングの短編『芝刈り機の男』。製作はジメル・エヴェレット、監督はブレット・レナード、脚本はエヴェレットとレオナードの共同、撮影はラッセル・カーペンター、音楽はダン・ワイマン、コンピュータ・アニメはXAOS(カオス)プロが担当。

監督
ブレット・レナード
出演キャスト
ジェフ・フェイヒー ピアース・ブロスナン ジェニー・ライト ジョフリー・ルイス

ダブル・インパクト

  • 1992年2月1日(土)公開
  • 出演(Frank_Avery 役)

25年ぶりに再会した双子の兄弟が、両親の仇である香港暗黒街の大物を追いつめるカラテ・アクション。監督・脚本は「ライオンハート」のシェルドン・レティック、主演のジャン・クロード・ヴァン・ダムが製作・脚本・原案にも参加している。共同製作はアショク・アミトライ、エグゼクティヴ・プロデューサーはモシュ・ディアマントとチャールズ・レイトン、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はアーサー・ケンペルが担当。

監督
シェルドン・レティック
出演キャスト
ジャン・クロード・ヴァン・ダム ジョフリー・ルイス アラン・スカーフュ Alonna Shaw
1990年

デッドフォール

  • 1990年3月3日(土)公開
  • 出演(Capt.Shroeder 役)

ロサンゼルスの対照的なふたりの敏腕刑事の活躍を描くアクション映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはピーター・マクドナルド、製作はジョン・ピータースとピーター・グーバー、監督は「暴走機関車」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はランディ・フェルドマン、撮影はドナルド・ソーリン、音楽はハロルド・フォルターメイヤーが担当。出演はシルヴェスター・スタローン、カート・ラッセルほか。

監督
アンドレイ・コンチャロフスキー
出演キャスト
シルベスター・スタローン カート・ラッセル テリー・ハッチャー ジャック・パランス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・ルイス