映画-Movie Walker > 人物を探す > ドリス・ヒル

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1930年 まで合計13映画作品)

1930年

男の正体

  • 1930年
  • 出演(Amy_Fisher 役)

「女性の罠」「恋の素顔」と同じくハル・スケリー氏が主演する映画で、「グリーン家の惨劇」「スイーテイ」のフランク・タトル氏が監督したもの。ジョージ・ケリイ氏原作の舞台劇から「ダミー」のハーマン・J・マンキーウィッツ氏が映画化し、「駄法螺成金」のマリオン・ディックス女史が脚色の筆をとり「若き翼」「危険なる楽園」のアーチー・スタウト氏が撮影に当った。主演者のほかに「撮影所殺人事件」のドリス・ヒル嬢、舞台俳優のクララ・ブランディック夫人、「愛の医者」のモーガン・ファーレイ氏、「女性の罠」のウィリアム・B・デイヴィッドソン氏、ヘレン・チャドウィック嬢、チャールズ・セロン氏等が助演している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ハル・スケリー ドリス・ヒル チャールズ・セロン クララ・ブランディック
1929年

撮影所殺人事件

  • 1929年
  • 出演(Helen_MacDonald 役)

「魔の家(1928)」「結婚商売」のフランク・タトル氏が監督したオール・トーキー探偵劇でフォトプレイ誌に連載されたエディントン夫妻合作のストーリーをタトル氏自ら改作し、「レビューのパリっ子」「結婚商売」のエセル・ドハーティー女史が脚色した。出演者は「三週間」「躍る青春」のニール・ハミルトン氏「中華街の夜」のワーナー・オーランド氏「底抜け騒ぎ」のフレドリック・マーチ氏、映画初出演の舞台女優でマーチ氏夫人たるフローレンス・エルドリッジ嬢、「喧嘩機関車」「凸凹サーカスの巻」のドリス・ヒル嬢及びチェスター・コンクリン氏、「カナリヤ殺人事件」のユージーン・ハレット氏等で、レーン・チャンドラー氏ガードナー・ジェームズ氏、ガイ・オリヴァー氏等も顔を見せている。撮影は「底抜け騒ぎ」「父と子」のヴィクター・ミルナー氏担任。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ニール・ハミルトン ワーナー・オーランド フレドリック・マーチ フローレンス・エルドリッジ

暗い部屋

  • 1929年
  • 出演(Joyce_Clayton 役)

「桃色の盗賊」「楽屋行進曲」のイヴリン・ブレント嬢が主演する映画で、フィリップ・ギブス氏原作の雑誌小説に基いてパトリック・カーニー氏と「コンサート」のメルヴィル・ベイカー氏とが脚色並びに台詞を執筆し、「桃色の盗賊」のルイ・ガスニエ氏が監督したもの。助演者は「駄法螺成金」「撮影所殺人事件」のニール・ハミルトン氏、「撮影所殺人事件」「崩るる天地」のドリス・ヒル嬢、「駄法螺成金」「曲線悩まし」のデイヴィッド・ニュウェル氏、「スイーティー」のウォーレス・マクドナルド氏、「愛の医者」のゲイル・ヘンリー嬢、等で、キャメラは「若き翼」「大学生気質」のアーチー・スタウト氏担当。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
イヴリン・ブレント ニール・ハミルトン ドリス・ヒル デイヴィッド・ニュウェル
1928年

娘十八コーラス時代

  • 1928年
  • 出演(Alice_Lane 役)

「娘十八映画時代」に次ぐビービー・ダニエルス嬢主演喜劇でハーラント・トンプスン氏とグローヴァ・ジョーンス氏とが合作した物語をエセル・ドハーティー女史が脚色し「芝居の世の中」「桃色女白浪」等を同じくマーシャル・ニーラン氏が監督したものである。相手役は「娘十八映画時代」「脚光の影」等主演のニール・ハミルトン氏が勤め、「乙女よ純なれ」のリリアン・タッシュマン嬢を始め、ドリス・ヒル嬢、ジョー・E・ブラウン氏が助演する。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニール・ハミルトン リリアン・タッシュマン ドリス・ヒル

凸凹サーカスの巻

  • 1928年
  • 出演(Mary 役)

弥次喜多のビアリー・ハットン両氏の向こうを張って「凸凹青春の巻」を作ったコンクリン・フィールヅ両老の第二回共演喜劇で、原作は「弥次喜多野球の巻」を監督したモンテ・ブライス氏が書き、キーン・トンプソン氏が脚色し、「婆は偽らず」「弥次喜多従軍記」等と同じくエドワード・サザーランド氏が監督した。コンクリン・フィールヅ両氏を相手に主役を演ずるのは「男見るべからず」「艶文争奪戦」等出演のルイズ・ファゼンダ嬢で、弥次喜多喜劇でお馴染みのトム・ケネディー氏「黄金狂時代」のマック・スウェイン氏及びドリス・ヒル嬢等が助演している。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ルイズ・ファゼンダ マック・スウェイン チェスター・コンクリン W・C・フィールズ

軍法会議(1928)

  • 1928年
  • 出演(The_General's_Daughter 役)

「ブラッド・シップ」「激浪の響」「閃弾」と同じくジョージ・B・サイツ氏の監督作品で、エルマー・ハリス氏作の物語を映画化したものである。脚本はアンソニー・コールドウェイ氏が担当した。主役は「サブマリン」主演のジャック・ホルト氏であって、「ニューヨークの波止場」のベティー・カンプソン嬢が相手役を演ずるほか、ドリス・ヒル嬢パット・ハーモン氏、フランク・オースティン氏、等も主演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ジャック・ホルト ベティー・カンプソン ドリス・ヒル パット・ハーモン

崩るる天地

  • 1928年
  • 出演(K tty_Mains 役)

「最後の先駆者」「水盡く大地」に次ぐジャック・ホルト氏主演西部劇で例によってゼーン・グレイ氏作の物語を映画化したもので新進監督オットー・ブラワー氏の処女作品。J・ウォルター・ルーベン氏とサム・ミンツ氏とが脚色の任に当たった。ホルト氏の相手役は「忘れられた顔(1928)」「笑う男」のオルガ・バクロノヴァ嬢が勤め、「喧嘩機関車」「乱暴ロージー」のドリス・ヒル嬢、「暴力団(1928)」のジョン・ダーロウ氏、ガイ・オリヴァー氏等が助演している。

監督
オットー・ブラワー
出演キャスト
ジャック・ホルト オルガ・バクラノヴァ ドリス・ヒル ジョン・ダーロウ
1927年

乱暴ローシー

  • 1927年
  • 出演(Ruth 役)

「あれ」「離婚時代」に続いて製作されたクララ・ボウ嬢主演映画で、ナナリー・ジョンソン氏作の雑誌小説をマックス・マーシン氏が加筆し、ルイズ・ロング女史とエセル・ドハテイー女史とが脚色し、「恋慕やつれ」「女房いぬ間に」と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督したもの。ボウ嬢の相手役は「鉄蹄万里」「嵐の翼」等出演のリード・ハウス氏で、アーサー・ハウスマン氏、ドリス・ヒル嬢、ダグラス・ギルモア氏等が助演している。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
クララ・ボウ リード・ハウス アーサー・ハウスマン ドリス・ヒル

野次喜多野球の巻

  • 1927年
  • 出演(Floradora_Girls 役)

「野次喜多従軍記」「野次喜多海軍の巻」に続くウオーレス・ビアリー氏主演喜劇でヘクター・ターンブル氏が原作を書き、レジナルド・モリス氏とモンテ・プライス氏とが改作しジユールス・ファースマン氏が脚色し、モンテ・プライス氏が監督昇進第一回作品として監督したもの。ビアリー氏の相手役は「駄法螺大当たり」「芝居の世の中」など出演のフォード・スターリング氏と「グリード」「ジョアンの嘆き」など出演のザス・ピッツ嬢が勤め、スベツク・オドンネル君、スターリング・ホロウェイ氏、アイリスス・テユアート嬢等が助演している。

監督
モンテ・ブライス
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー フォード・スターリング ザス・ピッツ スターリング・ホロウェイ

姿は偽らず

  • 1927年
  • 出演(Mamie 役)

「モダン十戒」「脚光の影」等と同じくエスター・ラルストン嬢主演喜劇でB・F・ゼイドマン氏作の物語をグローヴァ・ジョンズ氏が改作し、エセル・ドハーティー女史とルイズ・ロング女史とが脚色し、「錯覚恋愛」「弥次喜多消防の巻」等と同じくエドワード・サザーランド氏が監督したもの。助演者は「つばさ」「女シーク」等出演のリチャード・アーレン氏を始め「駄法螺大当り」「力漕一艇身」等出演のフォード・スターリング氏、ユーラリー・ジェンセン嬢、ナタリー・キングストン嬢、ドリス・ヒル嬢等である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
エスター・ロールストン ディック・アレン フォード・スターリング ユーラリー・ジェンセン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドリス・ヒル