TOP > 人物を探す > メルヴィル・ブラウン

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1929年 まで合計10映画作品)

1929年

愛の医者

  • 1929年
  • 監督

「レッドスキン」「人生の轍」に次ぐリチャード・ディックス氏の主演映画でウィンチェル・スミス氏とヴィクター・メイプス氏合作の舞台劇「ブーメラング」をガイ・ボルトン氏とJ・ウォルター・ルーベン氏が改作脚色したもの。監督には元ユニヴァーサル社にあって「紅い唇(1928)」その他を作ったメルヴィル・ブラウン氏が当たっている。主演者のほかに「ロマンスの河」「青春の幻想」のジューン・コリアー嬢、「グリーン家の惨劇」のモーガン・ファーレイ氏、ミリアム・シーガー嬢、ウィニフレッド・ハリス嬢、ローフォード・デイヴィッドソン氏等が助演している。キャメラは「人生の轍」「レッドスキン」のエドワード・クロンジェガー氏が担当。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
リチャード・ディックス ジューン・コリアー モーガン・ファーレイ ミリアム・シーガー
1928年

ワシントン街十三番地

  • 1928年
  • 監督

ルロイ・スコット氏の小説の映画化でハリー・O・ホイト氏の脚色したものを、「驀進デニー」「マラソン結婚」と同じくメルヴィル・ブラウン氏が監督した。主役は「ステラ・ダラス(1925)」「大陸出没の怪紳士」出演のジーン・ハーショルト氏で、アリス・ジョイス嬢、ジョージ・ルイス氏、ヘレン・ジェローム・エディー嬢、ザス・ピッツ嬢等が助演する。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
ジーン・ハーショルト アリス・ジョイス ジョージ・ルイス ヘレン・フォスター

珍戦花嫁争奪

  • 1928年
  • 監督、脚本

「ヴァリエテ」「神我に二十銭を賜う」等出演のリア・デ・プティ嬢が主演する映画で、スチュアート・N・レイク氏の原作をメルヴィル・ブラウン氏が映画用に書き改めたものから、ジョン・B・クライマー氏が実際の撮影用の台本を作り、それによってメルヴィル・ブラウン氏が「混線脱線スターは誰だ」「薦進デニー」と同様に監督したものである。相手役は「花嫁歓迎」「恋は異なもの」出演のマルコム・マッグレガー氏で、そのほかザス・ピッツ嬢、エディ・グリッボン氏、ジェームズ・マーカス氏などが出演する。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
リア・デ・プッティ マルコム・マッグレガー ジェームズ・マーカス ザス・ピッツ

紅い唇(1928)

  • 1928年
  • 監督

「つばさ」「恋人強奪」等出演のチャールズ・バディー・ロジャース氏と「法螺吹き靴屋大当たり」「支那の鸚鵡」等出演のマリアン・ニクソン嬢との共演する映画である。監督は「爆進デニー」「珍戦花嫁争奪」と同じくメルヴィル・ブラウン氏で、原作はパーシー・マークス氏、脚色はジェームズ・T・オドノヒュー氏。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
チャールズ・バディー・ロジャース マリアン・ニクソン スタンレー・テーラー ヘイドン・スティーヴンソン
1927年

驀進デニー

  • 1927年
  • 監督

「与太者三幅対」「愉快な嘘つき」に続くレジナルド・デニー氏主演喜劇で、デニー氏自ら原作を書き、レイモンド・キャノン氏が脚色し「混線脱線スターは誰だ」「マラソン結婚」等と同じくメルヴィル・ブラウン氏が監督したものである。デニー氏対手役は「高原王」に出演したユニヴァーサル社のベビー・スターの1人バーバラ・ウォース嬢が勤め、「予太者三幅対」「相縁奇縁」等出演のリー・モーラン氏を始め、クロード・ギリングウォーター氏、チャールズ・K・フレンチ氏、アーマンド・カリス氏及びキングスレー・ベネディクト氏が助演している。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
レジナルド・デニー バーバラ・ウォース クロード・ギリングウォーター アーマンド・カリス

おい待てタクシー!

  • 1927年
  • 監督

ジョージ・ウェストン氏の原作をレイモンド・キャノン氏が脚色し「混線脱線スターは誰だ」と同じくメルヴィル・ブラウン氏が監督したもので、主役は「天下の大評判」「鵜の目鷹の目」等主演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏が勤め、対手役は「泰山鳴動鼠一匹」「南北珍勇腕比べ」等出演のマリアン・ニクソンが演じ、ウィリアム・V・モング氏ルシアン・リトルフィールド氏、バー・マッキントッシュ氏等も出演している。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン マリアン・ニクソン バー・マッキントッシュ ウィリアム・V・モング
1926年

混線脱線スターは誰だ

  • 1926年
  • 脚本

ペギー・ガディス女史作の小説に基いて従来脚色者だったメルヴィル・ブラウン氏が監督昇進第一回作品として脚色監督したもので主役は「深夜の太陽」「鵜の目鷹の目」等出演のローラ・ラ・プラント嬢で対手役は「歓び無き街」等出演のアイナル・ハンソン氏が渡米後の初出演で勤め、その他ザス・ピッツ嬢、タリー・マーシャル氏、リー・モーラン氏、マック・スウェイン氏、ジョン・ローシュ氏、ナット・カー氏、シシー・フィッツジェラルド嬢等の賑やかなオールスター・キャストである。

監督
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント アイナル・ハンソン ザス・ピッツ タリー・マーシャル

鵜の目鷹の目

  • 1926年
  • 脚本

エドガー・フランクリン氏の原作に基いてメルヴィル・ブラウン氏が脚色し「長屋騒動成金物語」「加州目指して」等と同じくハリー・ポラード氏が監督したものである。主役は「スキナーの夜会服」「深夜の太陽」等出演のローラ・ラ・プラント嬢と「女性礼讃」「男子改造」等出演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏で、ジョージ・シーグマン氏を始めトム・リケッツ氏、トム・オブライエン氏等が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン ローラ・ラ・プラント ジョージ・シーグマン トム・リケッツ
1925年

鵞鳥を飼う女

  • 1925年
  • 脚色

アメリカ文豪レックス・ビーチ氏の原作をメルヴィル・ブラウン氏が脚色し「信号塔」「燻ゆる情炎」等と同じくクラレンス・ブラウン氏が監督した。主役は「男子改造」等出演のルイズ・ドレッサー嬢と「天地も裂けよ」「奔流千里」主演のジャック・ビックフォード氏。「ニューヨークの暗黒面」出演のコンスタンス・ベネット嬢も主要な役を演じている。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ルイズ・ドレッサー ジャック・ピックフォード コンスタンス・ベネット ジェームズ・バーロウズ
1924年

巴里の薔薇

  • 1924年
  • 脚色

原作はデリーというペン・ネームでフランスの出版界を賑わしている匿名の兄妹の作家の作になる『ミッチ』“Mitsiでこれをメルヴィル・ブラウンとエドワード・T・ロウとが脚色した。監督は「闇の女神」等と同じくアーヴィング・カミングス、「メアリー・ゴー・ラウンド」「闇の女神」等と同じくメアリー・フィルビンが主演した。対手は「白絹の女」等出演のロバート・ケイン、「サロメ(1923)」「小公子」等出演のローズ・ディオン等で、ジョン・セント・ポリス、チェザーレ・グラヴィナ等も出演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
メアリー・フィルビン ロバート・ケイン ジョン・セント・ポリス ローズ・ディオン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > メルヴィル・ブラウン