映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィニフレッド・グリーンウッド

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1923年 まで合計8映画作品)

1923年

最後の一人迄(1923)

  • 1923年当年公開
  • 出演(Mrs._Guy 役)

かつてウィリアム・ファーナムのフォックス映画の原作を数多く提供したので有名なゼーン・グレイの最近の小説を、ドリス・シュローダーが脚色し、「無法者の掟」「悪魔の眠る時」等と同じくヴィクター・フレミングが監督をした。主役は「爆音千里」「四つの顔の女」等出演のリチャード・ディックスと、「返り咲く花」等出演のロイス・ウィルソン。その他ノア・ビアリー、ロバート・エディソン、フランク・キャムポウ等の老練なところが共演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
リチャード・ディックス ロイス・ウィルソン ノア・ビアリー ロバート・エディソン
1920年

男性は一様か

  • 1920年当年公開
  • 出演(Mrs._Hayden 役)

「神の悪戯」等と同様久し振りのメトロ社メイ・アリソン嬢主演映画であってアーサー・ストリンジャー氏の雑誌小説をA・P・ヤンガー氏が脚色し、其後パラマウントで「大陸突破」「ヤング・ラジャー」等を監督したフィリップ・E・ローゼン氏の監督である。相手役は「爆弾児」等のウォーレス・マクドナルド氏、其他「罪は我に」「奇襲」等のルース・ストンハウス嬢、ウィニフレッド・グリーンウッド嬢等が出演している。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
メイ・アリソン ウォーレス・マクドナルド ジョン・エリオット ウィニフレッド・グリーンウッド

若きウィンスロップ夫人

  • 1920年当年公開
  • 出演(Mrs. Dick_Chetwyn 役)

ブロンソン・ハワード原作の舞台劇をエディス・ケネディが脚色し、「廻り会う迄」「終りは大写し」などを監督したウォルター・エドワーズが監督した家庭劇で、エセル・クレイトンとハリソン・フォードの共演。小谷ヘンリーが撮影したもの。

監督
ウォルター・エドワーズ
出演キャスト
エセル・クレイトン ハリソン・フォード ヘレン・ダンバー Dorothy Rosher
1919年

男と女と金

  • 1919年当年公開
  • 出演(Noel_Parkton 役)

コスモ・ハミルトン氏原作の社会劇で、ジョージ・メルフォード氏の監督になったもの。「家庭の女」「女優と兵士」等で紹介されたエセル・クレイトン嬢が主役。アーヴィング・カミングス氏等が相手である。立派な原作がこの映画成功の主要原因であると米誌は評している。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
エセル・クレイトン ジェームズ・ニール Jane Wolfe シルヴィア・アッシュトン

心の冒険

  • 1919年当年公開
  • 出演(Countless_Fieramondi 役)

『ゼンダ城の虜』などの原作者として有名なアンソニー・ホープ原作の「ディエップ船長」Captain Dieppeをエルマー・ハリスが脚色し、「阿修羅の如くに」「山を抜く力」などを監督したジェームズ・クルーズが監督し、「疑問の夜」「暗中飛躍」などに主役を演じたロバート・ワーウィックが主役を演じ、そのほか今ゴールドウィン社のスターなるヘレン・チャドウィックや、「男と女と金」に出演したウィニフレッド・グリーンウッドらが相手役を演じている。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ロバート・ワーウィック Juan de la Cruz ウィニフレッド・グリーンウッド ヘレン・チャドウィック

スミスまた来い

  • 1919年当年公開
  • 出演(Anne_Stevens 役)

ジョン・ブラックウッドの原作をE・メイソン・ホッパーが監督したジャック・ウォーレン・ケリガン主演の人情喜劇で、氏の相手にはロイス・ウィルソン、ウィリアム・コンクリンなどが出演する。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
ジャック・ウォーレン・ケリガン ロイス・ウィルソン Henry A. Barrows ウィリアム・コンクリン

若者よ嘆くな

  • 1919年当年公開
  • 出演(Mayme_Peeler 役)

「若き日の歓び」「ジプシー生活」等において若者の心理描写に独自の腕を見せて好評を取ったウォッシュバーン氏が主演で、相手もその方面の達者シャーリー・メイスン嬢、カッスン・ファーガソン氏等である。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
ブライアント・ウォッシュバーン アデール・ファリントン ウィニフレッド・グリーンウッド シャーリー・メイスン
1918年

山羊

  • 1918年当年公開
  • 出演(Molly_O'Connors 役)

喜歌劇から映画界に入ったフレッド・ストーン氏の処女作であり、又本邦に於る氏の御目見得映画である。撮影場の内部を背景とした喜劇で、フランセス・マリオン嬢原作、ドナルド・クリスプ氏の監督である。新顔のウィニフレッド・グリーンウッド嬢が氏の恋人に扮し、「山賊と牧師」「鷹の追跡」出演のリー・ミッチェル嬢や、感じの良いフィロ・マッカロー氏其他パ社の御歴歴レイモンド・ハットン氏、ノアー・ビーリー氏等も顔を見せる。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
フレッド・ストーン ファニー・ミドグレイ チャールズ・マックヒュー リー・ミッチェル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィニフレッド・グリーンウッド