映画-Movie Walker > 人物を探す > シャーロット・ウォーカー

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1930年 まで合計8映画作品)

1930年

スパイ(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Lady_Chamberlain 役)

以前にも1度映画化されたことのあるアンソニー・ポール・ケリーの舞台劇をオリヴァー・H・P・ギャレットが脚色したもので「天下無敵」「恋の勝馬」のロイ・デル・ルースが監督に当たり、バーニー・マクギルが撮影を担任した。主役を演ずるのは「アルプスの悲劇」「グレイト・ガッポ」のエリッヒ・フォン・シュトロハイムと「泥人形」のコンスタンス・ベネットで、助演者はアンソニー・ブッシェル、ウィリアム・ホールデン、ウィリアム・コートネイ、クローフォード・ケントその他である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
コンスタンス・ベネット エリッヒ・フォン・シュトロハイム アンソニー・ブッシェル ウィリアム・コートネイ
1929年

南海の薔薇

  • 1929年公開
  • 出演(Mother_Superior 役)

かつて「ロッキーの薔薇」に出演した舞台スターのレノア・ウルリック嬢が主役を演ずる映画で、トム・カッシング氏作の舞台劇「ラ・グリンガ」に基いて「我が心の歌(1930)」「巴里見るべし」のソニア・レヴィーン女史が脚色し、「鐵假面」「遥かなる叫び」「悲恋の楽聖」等をものしたアラン・ドワン氏が監督し、「女の一生」「三週間」「アビーの白薔薇」のハロルド・ロッソン氏が撮影した。助演者は「砂漠の生霊」のチャールズ・ビックフォード氏、「最後の一人」のケネス・マッケンナ氏、「我が心の歌(1930)」のJ・ファーレル・マクドナルド氏「踊るカレッジ」のエリザベス・パターソン嬢、「ハッピイ・デイス」のトム・パトリコラ氏及びジョージ・マクファーレーン氏、イルカ・チェイス嬢、ダフネ・ポラード嬢、かつてスターたりしシャーロット・ウォーカー嬢、エミール・ショータール氏等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ルノアー・ウルリック チャールス・ビックフォード ケネス・マッケンナ J・ファーレル・マクドナルド
1926年

死線を潜りて

  • 1926年公開
  • 出演(Mrs._Mansfield 役)

ジョージ・ギツブス氏作の小説を映画かしたもので、パウル・ベルン氏が脚色し「山だし娘」「動員一下」等と同じくハワード・ヒギン氏が監督した。主役は「動員一下」「燃ゆる唇」等出演のベン・ライオン氏と「山だし娘」「神ぞ知る」等出演のアイリーン・ブリングル嬢が演じ、シャーロット・ウオーカー嬢、サム・ハーデイー氏、ベーシル・ラスポーン氏、アメリア・サマーヴイル嬢等が助演している。

監督
ハワード・ヒギン
出演キャスト
ベン・ライオン アイリーン・プリングル ベイジル・ラスボーン サム・ハーディ
1925年

深夜の娘

  • 1925年公開
  • 出演(Mrs._James_Schuyler 役)

ギャレット・フォート氏の原作を、ウィルフレッド・ノイ氏とジャン・コノヴァー氏とが脚色し、ノーイ氏が監督の任に当った人情劇で、主役は「浪咆ゆる夜」「襤褸を飾って」等出演のライラ・リー嬢「センチメンタル・トミー」「女性の敵」等に出演のギャレス・ヒューズ氏である。

監督
ウィルフレッド・ノーイ
出演キャスト
ライラ・リー ギャレス・ヒューズ ドロレス・キャッシネリ シャーロット・ウォーカー
1924年

クラスメイツ

  • 1924年公開
  • 出演(Mrs._Stafford 役)

マーガレット・ターンブル女史とウィリアム・C・デミル氏との合作舞台劇によりジョセフィン・ラヴェット女史が脚色し「剣戟の雄」「ブライト・ショール」等と同じくジョン・S・ロバートソン氏が監督した。主役は「剣戟の雄」「ブライト・ショール」主演のリチャード・バーセルメス氏演じ相手役はかつてワールド映画の名子役だったマッジ・エヴァンス嬢で、英国から渡米したクライヴ・ブルック氏や、シャーロット・ウォーカー嬢、アントリム・ショート氏等の腕利き連が助演する。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス クライヴ・ブルック レジナルド・シェフィールド シャーロット・ウォーカー

熱血漢ウルフ

  • 1924年公開
  • 出演(Clare_Henshaw 役)

かつて公開されて「ローンウルフ」「仮面の人(1919)」「ローンウルフの娘」等と同じくルイス・ジョセフ・ヴァンス氏作のローンウルフ譚の一篇を映画化したもので「モヒカン族の娘」を監督したS・E・V・テイラー氏が脚色監督したもの、ローンウルフには「北緯36度」「曠原に立ちて」等出演のジャック・ホルト氏が扮し「濃霧を衝いて」等主演のドロシー・ダルトン嬢が久々に顔を見せ、タイロン・パワー氏、ルシー・フォックス嬢、シャーロット・ウォーカー嬢、ウィルトン・ラッケイ氏等が助演している。

監督
S・E・V・テイラー
出演キャスト
ドロシー・ダルトン ジャック・ホルト ウィルトン・ラッケイ タイロン・パワー
1918年

  • 1918年公開
  • 出演(Clara_Burton 役)

1918年にベーコン・バッカー会社の発売した映画で、ペリー・N・ヴェクロフ氏の監督である。「夫の真相」など出演の性格女優アンナ・レアーが主役である。そのほかハントリー・ゴードン、ガートルード・マッコーイらの顔が見える。

監督
ペリー・N・ヴェクロフ
出演キャスト
Willette Kershow ウィリアム・トゥーカー シャーロット・ウォーカー ガートルード・マッコイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シャーロット・ウォーカー