TOP > 人物を探す > Percy Challenger

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1929年 まで合計11映画作品)

1929年

ツエッペリン倫敦襲撃

  • 1929年
  • 出演(Butler 役)

「疑惑晴れて」「母ぞよく知る」と同じくジョン・G・ブライストーン氏の監督作品で、リュウェリン・ヒューズ氏作の戦争小説をヒューズ氏自らキャンベル・ガラン氏と共同して脚色し、ガラン氏が台詞を執筆した。主役は英国劇壇の人気俳優たりしジョン・ギャリック氏が勤め「最敬礼」「悲恋の楽聖」のヘレン・チャンドラー嬢、「熱沙果つるところ」のギルバート・エメリー氏、「最敬礼」のジョイス・コンプトン嬢、「黒時計聯隊」のラムズデン・ヘーア氏、「想夫舞曲」のダフネ・ポラード嬢、短篇喜劇スターのビリー・ビーヴァン氏、レノックス・ポール氏等が助演している。キャメラは「熱沙果つるところ」「巴里酔語」のコンラッド・ウェルズ氏が担任している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジョン・ガーリック ヘレン・チャンドラー ギルバート・エメリー ラムスデン・ヘーア
1922年

野に咲く花

  • 1922年
  • 出演(Ebenezer_Leamish 役)

シンシア・ストックリーの原作による小説をルシエン・ハバードが脚色し、メトロから移って来たウェズリー・ラッグルズが監督。ユ社の名花プリシラ・ディーンが主演である。ノア・ビアリーとウォーレス・ビアリーの兄弟が珍しく同時に出演していし、「鬼小僧」を監督したロバート・エリスが2枚目をつとめている。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
プリシラ・ディーン Raymond Blathway ノア・ビアリー ロイド・ウィトロック

悍馬の健児

  • 1922年
  • 出演(Zek_Hawkins 役)

「激闘の果」「豪勇無敵」等と同様ユ社フート・ギブスン氏主演映画でウィリアム・ハンビー氏の原作を A・P・ヤンガー氏が脚色したもの。監督はナット・ロス氏である。相手役は「虎狼の巷」や最近「義憤の熱血」に出演のエドナ・マーフィルド嬢である。

監督
ナット・ロス
出演キャスト
フート・ギブスン レオン・バリー エドナ・マーフィ ライオネル・ベルモア
1921年

北国の巨人

  • 1921年
  • 出演(Fontaine 役)

「猛虎の男」「溢るる熱涙」に続いて製作されたフランク・メイオ氏主演の活劇で、マルコム・スチュアート・ボイラン氏の原作を、活劇の名手ロバート・ソーンビー氏が監督したもので、メイオ氏の対手はクリスチー喜劇に居たドロシー・デヴォーア嬢。ニュース誌の批評は『カナダを背景とした劇は数多く見るが、これは平凡なものと違って、筋が珍しいばかりでなく劇中の人物の性格が自然で力強い点が多く、またキビキビした活劇が美しい雪景の中に展開される辺りはすこぶる面白い』と褒めている。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
フランク・メイオ ドロシー・デヴォーア Percy Challenger アルバータ・リー

鞭の痛み

  • 1921年
  • 出演(Porke 役)

ハーヴェイ・ゲイツ原作の人情劇で、ヘンリー・キングの監督、ポーリン・フレデリックの主演になったもの、相手はクライド・フィルモアとライオネル・ベルモアである。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ポーリン・フレデリック クライド・フィルモア ローソン・バット ライオネル・ベルモア

灯台守の妻

  • 1921年
  • 出演(John_Peters 役)

「鉄槌を揮って」「巴里の恐威」などでおなじみとなったデュポンの主演映画で、ダニエル・スティールの舞台劇「ロープス」をウォーレス・クリフトンが脚色し、「鉄槌を揮って」と同じくポール・スカードンが監督したものである。

監督
ポール・スカードン
出演キャスト
ミス・デュポン パット・オマリー ロイド・ウィトロック カミラ・クラーク

男嫌ひ女嫌ひ

  • 1921年
  • 出演(Joshua_Jones 役)

マリー・プレヴォーの第2回目のユ社映画である。監督は第1回の「月光の夢」と同じくキング・バゴットである。ローイ・クレメンツの原作をドリス・シュローダーが脚色した。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
マリー・プレヴォー Helen Harris Vernon Snively P. Henry Grey
1920年

喇叭島

  • 1920年
  • 出演(Valinsky 役)

有名なガヴァナー・モリス氏原作の小説を脚色したもので、名手トム・テリス氏の監督になったもの。マーグリット・ド・ラ・モット嬢とウォーレス・マクドナルド氏の共演である。空中を背景とした大活劇で連続映画にも見るべき大冒険の数々が展開される。

監督
トム・テリス
出演キャスト
マーゲリット・ド・ラ・モット ウォーレス・マクドナルド ハラム・クーリー ジョセフ・スウィッカード

悲しき情歌

  • 1920年
  • 出演(Daniel_Sand 役)

「埋もれゆく黄金」「雷火落つる時」と同じくアラン・ドワン製作のメイフラワー映画で、ファースト・ナショナル社から発売された。原作はウィリアム・アレン・ホワイト作の「或る愚か者の心」で「雷火落つる時」とほとんど同じ役割をもって演じられている。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド アンナ・Q・ニルソン メアリー・サーマン フィロ・マッカロー

海図になき海峡

  • 1920年
  • 出演(Roger_Webb 役)

ケニス・クラーク氏及びユージーン・B・ルイス氏共作の正喜劇で、「妄執の影」等と同じくヘンリー・キング氏監督、H・B・ワーナー氏主演である。「成金の末路」「禁断の女」等出演のキャスリン・アダムス嬢が対手。その他ユ社にいた腕利きのサム・ド・グラッス氏が悪役をしている。過激派の宣伝を主題とし、ワーナー氏は富豪の息子で怠け者のティモシー・ウェッブに扮している。「労働問題に対する時宜を得た解決を与えている。軽い気分が愉快である。」とはニュース誌の評。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
H・B・ワーナー キャスリン・アダムス サム・ド・グラッス エヴェリン・セルビー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Percy Challenger