映画-Movie Walker > 人物を探す > 川越美和

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2007年 まで合計12映画作品)

2007年

松ヶ根乱射事件

  • 2007年2月24日(土)公開
  • 出演(池内みゆき 役)

バブル崩壊後の田舎を舞台にしたコミカルで不気味なドラマ。「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が、人間という生き物のおかしさを見つめた異色作だ。

監督
山下敦弘
出演キャスト
新井浩文 山中崇 木村祐一 川越美和
2003年

OPEN HOUSE

  • 2003年12月13日(土)公開
  • 出演

「GO」で注目を集めた行定勲監督の長編デビュー作。芥川賞作家・辻仁成の人気小説をもとに、都会に生きる男女3人の行き場のない不安や孤独を繊細なタッチで描き出す。

監督
行定勲
出演キャスト
椎名英姫 川岡大次郎 南果歩 加藤登紀子
2002年

いたいふたり

  • 2002年12月7日(土)公開
  • 出演(石川ひろ 役)

「サンデイドライブ」の斎藤久志監督が、個性派俳優陣を迎えて贈る恋愛ドラマ。新婚夫婦の紆余曲折の日々を、デジタルビデオによる生活感漂う空気のなかに描く快作だ。

監督
斎藤久志
出演キャスト
西島秀俊 唯野未歩子 鈴木卓爾 原一男
2001年

光の雨

  • 2001年12月8日(土)公開
  • 出演(浦川秋子 役)

連合赤軍による14名もの同志殺人事件の実態に迫る衝撃のドラマ。立松和平の同名小説を劇中劇として描き、当事者を演じる俳優たちの苦悩を通して“事件”を検証する。

監督
高橋伴明
出演キャスト
萩原聖人 裕木奈江 山本太郎 池内万作
2000年

花を摘む少女と虫を殺す少女

  • 2000年11月11日(土)公開
  • 出演

 一部に熱狂的なファンを持つ「三月のライオン」の矢崎仁司監督最新作。微妙な均衡で揺れる男女の痛々しい愛と友情を、ロンドンの美しい風景をバックにドキュメンタリー的な手法を導入して描く。

監督
矢崎仁司
出演キャスト
ニコル・マルレーネ 川越美和 大田義孝 サイモン・フィッシャー・ターナー
1999年

のど自慢

  • 1999年1月15日(金)公開
  • 出演(高橋朋代 役)

人気テレビ番組「NHKのど自慢」に出場しようと奮闘する様々な人たちの姿を、笑いと涙で綴ったハートウォーミング・コメディ。監督は「さすらいのトラブルバスター」の井筒和幸。脚本は、『ナチュラル』の安倍照男と井筒監督の共同。撮影を「ラブ・レター」の浜田毅が担当している。主演は、「ヒロイン!」の室井滋と「緑の街」の大友康平。釜山国際映画祭招待作品。

監督
井筒和幸
出演キャスト
室井滋 大友康平 尾藤イサオ 伊藤歩
1998年

落下する夕方

  • 1998年11月7日(土)公開
  • 出演(亜紀子 役)

恋人との別れ、先輩の事故…、辛い現実と向き合うことの出来ない女性が、ひとりの女性との出会いと死別の中で再生していく姿を捉えたドラマ。監督は「MISTY」(三枝健起監督作)で製作を務めた合津直枝で、これが監督デビュー作。脚本は江國香織の同名小説を基に、合津監督自身が脚色。撮影を「D坂の殺人事件」の中堀正夫が担当している。主演は「時をかける少女」(角川春樹監督作)の原田知世と「JOKER/疫病神」の渡部篤郎、「エコエコアザラク」の菅野美穂。第48回ベルリン国際映画祭パノラマ部門、第22回香港国際映画祭、第33回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭コンペティション部門、第22回モントリオール国際映画祭今日の映画部門、第3回釜山国際映画祭アジアの女性監督特集部門、第34回シカゴ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

監督
合津直枝
出演キャスト
原田知世 渡部篤郎 菅野美穂 国生さゆり

フリージア 極道の墓場

  • 1998年9月12日(土)公開
  • 出演(伊藤早紀 役)

出所してきた伝説の殺し屋と彼をとりまく人々の人生を描いたハードボイルド・ドラマ。監督は「蘇える金狼」の渡辺武。東直己の原作小説をTA-KEと加藤祐司が共同で脚色。撮影は「ラブ&ポップ」の柴主高秀が担当した。主演は「渇きの街」の三浦友和

監督
渡辺武
出演キャスト
三浦友和 哀川翔 初瀬かおる 奥田智彦
1996年

クリスマス黙示録 Christmas Apocalypse

  • 1996年11月23日(土)公開
  • 出演(尾崎香織 役)

シアトルを舞台に、爆弾事件に巻き込まれた日本人女性刑事の奔走を描く日米合作のサイコ・サスペンス。監督・脚本は『幻のマンハッタン』(V)のキオニ・ワックスマン。原作は多島斗志之の同名小説。主演は元宝塚月組トップスターの天海祐希で、これが映画初出演となる。共演は「タンク・ガール」のロリー・ペティと、川越美和の名前でアイドルとして活躍、「カレンダーif just now」などの映画に出演したのち、今回改名して女優としての再スタートを切った初瀬かおる。

監督
キオニ・ワックスマン
出演キャスト
天海祐希 ロリー・ペティ ジェイソン・ロンドン 初瀬かおる
1995年

BeRLiN

  • 1995年12月23日(土)公開
  • 出演(ゲスト出演 役)

失踪したホテトル嬢を捜す人々の心情をあたたかなタッチで描く群像ドラマ。テレビ・クルーが取材を通しヒロインを捜す構成を取り、回想部分をカラー、現在をモノクロ、取材内容をVTR画面により描いている。監督・脚本は「エレファントソング」の利重剛。撮影は「Love Letter」の篠田昇、音楽は「遥かな時代の階段を」のめいなCo.がそれぞれ担当。主演は「大失恋。」の中谷美紀と「コールド・フィーバー」の永瀬正敏。95年度日本映画監督協会新人賞を受賞。

監督
利重剛
出演キャスト
中谷美紀 永瀬正敏 ダンカン 山田辰夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 川越美和