映画-Movie Walker > 人物を探す > 増田恵子

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2002年 まで合計8映画作品)

2002年

トスカ

  • 2002年10月12日(土)公開
  • 字幕監修

プッチーニの有名な歌劇を、現代オペラ界のトップスターを結集して華麗に映画化。名作をドラマチックに再現した本編と、メイキング風景が交錯する構成が斬新だ。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
アンジェラ・ゲオルギュー ロベルト・アラーニャ ルジェロ・ライモンディー マウリツィオ・ムラーロ
2001年

親分はイエス様

  • 2001年9月1日(土)公開
  • 出演(美加 役)

実話をもとにした異色の人間ドラマ。凶暴なヤクザが神の愛に目覚め、自身の更生とキリスト教伝道のために尽力する。数々の苦難を乗り越えていく主人公の姿が感動的だ。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
渡瀬恒彦 奥田瑛二 ナ・ヨンヒ ユン・ユソン
1993年

はるか、ノスタルジィ

  • 1993年2月20日(土)公開
  • 出演(佐藤統策の妻 役)

青春時代を過ごした小樽を訪れた作家と彼に町を案内する少女が、作家の本名を名乗る不思議な少年に導かれて、痛ましい青春の記憶を再生させていくドラマ。「転校生」「さびしんぼう」に続く原作・山中恒、監督・大林宣彦のコンビの第三作で、山中が故郷・小樽を舞台に書き下ろした作品を大林自身が脚色、大林ファンタジーの集大成的な作品になっている。先に公開された「青春デンデケデケデケ」の前に撮影された作品で、「ふたり」に続いて石田ひかりが主演、少女・はるかと、三好遥子の二役に挑んでいる。友情出演として多岐川裕美、石田ゆり子、入江若葉、岩松了ほか多くのゲストが顔を出している。小樽・札幌・大阪などでは九二年に先行公開された。

監督
大林宣彦
出演キャスト
勝野洋 石田ひかり 松田洋治 尾美としのり
1991年

極道戦争・武闘派

  • 1991年11月9日(土)公開
  • 出演(貴島冴子 役)

九州を舞台に、激しいヤクザ同志の抗争に身を投じたふたりの男の姿を描くバイオレンス・ドラマ。脚本は「激動の1750日」の大津一瑯が執筆。監督は「新・極道の妻たち」の中島貞夫。撮影は「福沢諭吉」の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
中井貴一 松山千春 増田恵子 永島暎子

ふたり(1991)

  • 1991年5月11日(土)公開
  • 出演(内田祐子 役)

尾道を舞台に、亡き姉の幽霊に見守られながら成長していく多感な少女の姿を描く。赤川次郎原作の同名小説の映画化で、脚本は「菩提樹 リンデンバウム」の桂千穂が執筆。監督は「北京的西瓜」の大林宣彦。撮影は同作の長野重一がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
石田ひかり 中嶋朋子 富司純子 岸部一徳

ふたりだけのアイランド

  • 1991年5月11日(土)公開
  • 出演(新城里美 役)

無人島へハネムーンに出掛けた新婚カップルが、結婚の夢と現実との違いに揺れ動く姿を描く。箕田律子原作『新婚旅行は無人島』の映画化で、脚本・監督は「砂の上のロビンソン」のすずきじゅんいち。撮影は「マドンナのごとく」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
すずきじゅんいち
出演キャスト
中川安奈 荒井紀人 ジョニー大倉 増田恵子
1982年

対馬丸 さようなら沖縄

  • 1982年10月24日(日)公開

実話を忠実にアニメ化したもので、ラストにクレジットされる役者名簿に象徴される痛ましい悲劇は、我われにうったえかけるものがある。製作は「象のいない動物園」等のグループ・タックが母体となり、監督を小林治、脚本を大久保昌一郎と千野皓司が担当。KEIの歌う主題歌も印象的な反戦アニメ。

監督
小林治
1978年

ピンクレディーの活動大写真

  • 1978年12月16日(土)公開
  • 出演(ケイ 役)

デビュー曲〈ペッパー警部〉以来、全てのレコードがミリオンセラーというスーパー・スターのピンク・レディーの初の主演映画。物語は、ピンク・レディーを使って映画を撮ろうとする三人の男の企画案から成る三話のオムニパスで構成されている。原案、脚本は「ふりむけば愛」のジェームス三木、監督は「愛の嵐の中で」の小谷承靖、撮影は稲垣涌三が担当している。

監督
小谷承靖
出演キャスト
根本美鶴代 増田啓子 石立鉄男 田中邦衛
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 増田恵子