TOP > 人物を探す > 御木茂則

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2018年 まで合計15映画作品)

2016年

ミリキタニの記憶

  • 2016年8月27日(土)
  • 撮影、スチール

「ミリキタニの猫」でスポットを当てたニューヨークの路上で絵を描き続けた日本人画家ジミー・ツトム・ミリキタニの過去を辿る短編ドキュメンタリー。ジミーの死後、ニューヨークでの生前の彼を知る人物や広島の親戚などの証言から、その生涯が明らかになる。「ミリキタニの猫」でプロデューサーを務めたMasaがメガホンを取って作り上げた。

監督
マサ・ヨシカワ
出演キャスト
松崎美紀子 坂本ジョージ 佐藤哲郎 三力谷一弘

眼球の夢

  • 2016年7月30日(土)
  • 撮影

ピンク四天王の1人、佐藤寿保が“眼球と幻肢”をテーマに、アバンギャルドなタッチで作り上げた日米合作映画。自分の眼球が義眼であると信じる女性カメラマンが、幻影肢をテーマにしたドキュメンタリー映画の被写体となる中で、過去のトラウマと直面する。出演はミュージカル界出身で映画初主演の万里紗、「甘い鞭」の中野剛、ロックバンド“頭脳警察”のメンバーで、「幽閉者 テロリスト」などで俳優としても活躍するPANTA。「リヴァイアサン」の監督、ルーシァン・キャステーヌ=テイラーとヴェレナ・パラヴェルがプロデューサーに名を連ねている。

監督
佐藤寿保
出演キャスト
万里紗 桜木梨奈 中野剛 PANTA

華魂 幻影

  • 2016年4月30日(土)
  • 撮影

ピンク四天王の一人、佐藤寿保監督が暴走する狂気を活写するホラー第二弾。閉館間際の映画館で働く映写技師の前に、禍々しい華魂を咲かせた謎の少女が現れ……。脚本は前作に続き「つぐない~新宿ゴールデン街の女~」のいまおかしんじ。映画館の映写技師を「さよなら渓谷」の大西信満が、映画館に現れる黒ずくめの少女をオーディションで抜擢されたイオリが演じる。ほか、「ローリング」の川瀬陽太、「ナース夏子の熱い夏」の愛奏、ミュージシャンの三上寛らが出演。劇場公開に先駆け、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016フォービデンゾーンにて上映。

監督
佐藤寿保
出演キャスト
大西信満 イオリ 川瀬陽太 愛奏
2018年

5TO9 ファイブトゥナイン

  • 2018年6月9日(土)
  • 撮影

ベルリン国際映画祭タレント部門に選出された中国・シンガポール・日本・タイの若手監督4人によるオムニバス映画。2014年ブラジルで行われたサッカーW杯決勝戦の日、夕方5時から朝9時までの間にその国で起きた出来事をテーマに4つの物語が綴られる。監督は、シンガポールのテイ・ビーピン、「大和(カリフォルニア)」の宮崎大祐、中国のヴィンセント・トゥ、タイのラーシケート・スックカーン。出演は、「光」の永瀬正敏、「ナイスの森 The First Contact」の高橋マリ子、「東の狼」の大西信満、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の地曵豪。

監督
宮崎大祐 テイ・ビーピン ドゥ・ハイ ラーシケート・スックカーン
出演キャスト
永瀬正敏 大西信満 コリン・ドイル 地曵豪
2014年

ひ・き・こ 降臨

  • 2014年11月29日(土)
  • 撮影

都市伝説“ひきこさん”をモチーフにしたホラー。“正義”の名の下になされる暴力に加え、ネットを通じて増殖する賛同者によってさらに激しさを増してゆく暴力という、現代に潜在する恐怖を描いた野心作。出演は「風切羽 かざきりば」の秋月三佳、「こっぴどい猫」の小宮一葉、「TOKYO TRIBE」のサイボーグかおり。2014年11月29日より、東京・シネ・リーブル池袋にて6日間限定公開。

監督
吉川久岳
出演キャスト
秋月三佳 小宮一葉 サイボーグかおり 針原滋

滝を見にいく

  • 2014年11月22日(土)
  • 照明

「南極料理人」が話題となり、「キツツキと雨」で第24回東京国際映画祭審査員特別賞を、「横道世之介」で第56回ブルーリボン賞作品賞を獲得した沖田修一監督の、オリジナル脚本によるコメディ。紅葉と大滝を見物するツアーに参加した7人の年齢も経歴もばらばらの女性たちがガイドとはぐれ、携帯電話もつながらない山の中でのサバイバルを余儀なくされる。山に取り残される7人の女性役は演技経験の有無を問わずオーディションで選ばれ、それぞれの個性や特徴が活かされている。頼りないガイド役に扮するのは「天然コケッコー」「キツツキと雨」の黒田大輔。全編新潟県妙高市にて撮影された。

監督
沖田修一
出演キャスト
根岸遙子 安澤千草 荻野百合子 桐原三枝

華魂

  • 2014年1月18日(土)
  • 照明

暴行を受けた少女に毒々しい花が憑りつき、加害者たちに復讐の牙を剥くホラー。監督は「名前のない女たち」「やわらかい肌」などのエロスと狂気の巨匠・佐藤寿保。脚本には「おんなの河童」を監督する一方「苦役列車」など脚本家としても活躍するいまおかしんじが参加。音楽は「きいろいゾウ」やNHK連続テレビ小説『あまちゃん』などを手がけた大友良英が担当。いじめ加害者や教師にむごい仕打ちを受ける二人の少女を「フィギュアなあなた」の桜木梨奈と「生贄のジレンマ」の島村舞花が体当たりで演じる。ほか、「スマグラー おまえの未来を運べ」の浅田駿、「愛の渦」の中村映里子、「鉄男」の不二稿京らが出演。

監督
佐藤寿保
出演キャスト
桜木梨奈 島村舞花 浅田駿 中村映里子
2013年

受難

  • 2013年12月7日(土)
  • 照明

姫野カオルコの直木賞候補にもなったユニークな小説を映画化。女性器に人面瘡ができてしまった主人公が、罵詈雑言を吐き続ける人面瘡にへこたれず、共同生活を続けるさまが描かれる。『009ノ1 THE END OF THE BEGINNING』で大胆演技を見せた岩佐真悠子がヒロイン、フランチェス子に扮し、全裸で走り回るなど熱演を披露する。

監督
吉田良子
出演キャスト
岩佐真悠子 淵上泰史 伊藤久美子 古舘寛治
2012年

希望の国

  • 2012年10月20日(土)
  • 撮影

『冷たい熱帯魚』や『恋の罪』といった、実在の事件などを題材にしたショッキングな作品を次から次へと送り出す鬼才・園子温監督。そんな監督が東日本大震災以降の日本の人々の暮らしを見つめた社会派エンタテインメント。原子力発電所近辺で暮らす2組の家族の姿を通し、改めて現在、日本が直面している危機について訴える。

監督
園子温
出演キャスト
夏八木勲 大谷直子 村上淳 神楽坂恵

夜が終わる場所

  • 2012年9月22日(土)
  • 照明

黒沢清監督「トウキョウソナタ」の助監督などでキャリアを重ねてきた宮崎大祐監督の長編デビュー作。両親を殺害した男によって育てられ、殺し屋となった男の姿を通じて、日本社会の闇に焦点を当てる。日本版フィルム・ノワールを目指して製作された。出演は「無防備」の中村邦晃、「模倣犯」の小深山菜美、「回路」の塩野谷正幸。

監督
宮崎大祐
出演キャスト
中村邦晃 小深山菜美 塩野谷正幸 谷中啓太

御木茂則の関連人物

桜木梨奈  小宮一葉  大西信満  宮田亜紀  川瀬陽太 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 御木茂則

ムービーウォーカー 上へ戻る