映画-Movie Walker > 人物を探す > 蘆田完

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2006年 まで合計7映画作品)

2006年

無花果の顔

  • 2006年12月23日(土)公開
  • 助監督

「SAYURI」でハリウッド・デビューを果たした桃井かおりが、自身の短編小説を元に脚本を執筆。さらには長編映画初監督をも務め、4人家族の絆をファンタジックに描いた。

監督
桃井かおり
出演キャスト
山田花子 石倉三郎 高橋克実 岩松了
2002年

新・雪国

  • 2002年1月19日(土)公開
  • 助監督

直木賞作家・笹倉明による同名小説を映画化。雪の舞う場末の温泉街を舞台に、失意の中年男と若い芸者との激しい恋を描く。ベテラン俳優・奥田瑛二の迫真の演技に注目!

監督
後藤幸一
出演キャスト
奥田瑛二 笛木夕子 南野陽子 吉行和子
2001年

マヌケ先生

  • 2001年2月17日(土)公開
  • 助監督

 「時をかける少女」などで知られる大林宣彦監督の少年期を映画化。ユニークな大人たちに囲まれながら映画に夢中になっていく少年の姿を描くファンタジー・ドラマ。

監督
内藤忠司
出演キャスト
三浦友和 厚木拓郎 谷啓 南野陽子
1998年

風の歌が聴きたい

  • 1998年7月18日(土)公開
  • 助監督

聴覚障害という“個性”を持つカップルが、様々な困難を乗り越えて絆を深めていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「SADA」の大林宣彦。脚本は、実在の聴覚障害を抱える夫婦をモデルに、「三毛猫ホームズの推理」の中岡京平と「旅の涯て」の内藤忠司と大林が共同執筆。撮影を「SADA」の坂本典隆が担当している。主演は「DOORIII」の天宮良と「あした」の中江有里。文部省選定、厚生省推薦、中央児童福祉審議会特別推薦、第10回東京国際映画祭特別招待作品。

監督
大林宣彦
出演キャスト
天宮良 中江有里 勝野洋 入江若葉
1994年

やくざ道入門

  • 1994年6月4日(土)公開
  • 助監督

人情味あふれる5代目清水次郎長と任侠道を目指す若者との出会いを通し、やくざのあり方を描くドラマ。「せんせい(1989)」に続く俳優・山城新伍の監督作品で、脚本も山城が担当。撮影は鈴木耕一。主演はやくざ映画には欠かせない菅原文太で、彼の息子でもある俳優の菅原加織が共演している。

監督
山城新伍
出演キャスト
菅原文太 菅原加織 川上麻衣子 安岡力也
1991年

ご挨拶

  • 1991年11月23日(土)公開
  • 助監督

日常で交わされる挨拶をテーマに、現代に生きるオンナ達の本質と本音を三話形式のオムニバスで描く。第一話の脚本・監督は「グッバイ・ママ」の脚本家・寺田敏雄。撮影は福元文一。第二話は「つぐみ」の市川準が脚本・監督。撮影は「家庭教師」の小林達比古。第三話は寺田敏雄脚本で、女優のモモイカオリ(桃井かおり)が監督。撮影は「チー公物語 ネズミ小僧のつくりかた世紀末版」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
寺田敏雄 市川準 桃井かおり
出演キャスト
蟹江敬三 真行寺君枝 林美里 寺田農

喪の仕事

  • 1991年3月21日(木)公開
  • 助監督

友人の死によって揺れ動く24歳の若者の心情を描く青春ドラマ。脚本・監督は新人の君塚匠。撮影は「ノーライフキング」の丸池納がそれぞれ担当。

監督
君塚匠
出演キャスト
永瀬正敏 田村翔子 藤井かほり 新井つねひろ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 蘆田完