映画-Movie Walker > 人物を探す > 島崎和歌子

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2004年 まで合計7映画作品)

2004年

理由

  • 2004年12月18日(土)公開
  • 出演(占有屋の若い女 役)

宮部みゆきの直木賞受賞作を、名匠・大林宣彦が映像化。超高層マンションで起きた殺人事件の真実を、107名にも及ぶ登場人物の証言を交えて解き明かす。

監督
大林宣彦
出演キャスト
柄本明 渡辺えり子 真鍋卓也 菅井きん
1996年

あぶない刑事リターンズ

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 出演(佐伯真理 役)

横浜・港署の名物コンビ、タカとユージの“あぶない刑事”の活躍を描いた、遊び心いっぱいの痛快ポリス・アクション。89年の「もっとあぶない刑事」以来、7年ぶりに復活したシリーズ第4作で、今回は国際テロリストを相手に大立ち回りを展開する。監督は「ニューヨークUコップ」の村川透。脚本は「ルパン三世 DEAD_OR_ALIVE」の柏原寛司と「四姉妹物語」の大川俊道の共同。撮影を「のぞき屋」の仙元誠三が担当している。主演は「免許がない!」の舘ひろしと「集団左遷」の柴田恭兵の名コンビ。そのほかのレギュラー陣も、94年に急逝した近藤課長役の中条静夫を除き、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナらオリジナルメンバーがずらりと勢ぞろいした。中条に代わる新課長として登場したのは「岸和田少年愚連隊」の小林稔侍。敵のテロリストに「ガメラ 大怪獣空中決戦」の伊原剛志。

監督
村川透
出演キャスト
舘ひろし 柴田恭兵 浅野温子 伊原剛志
1993年

映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮

  • 1993年3月6日(土)公開
  • 主題歌

ブリキで出来ているブキリン島を舞台にのび太やドラえもんたちの活躍を描くアニメ。藤子・F・不二雄原作の同名漫画の映画化第十三作で、藤子・F自身が脚色、「ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」の芝山努が監督。

監督
芝山努
出演キャスト
大山のぶ代 小原乃梨子 たてかべ和也 肝付兼太
1991年

超少女REIKO

  • 1991年11月16日(土)公開
  • 出演(内藤由美 役)

ある高校に襲い掛かる謎の亡霊に挑んでいくひとりの超少女とその仲間達の活躍を描くサイキック・ホラー。脚本・監督は新人の大河原孝夫。撮影は山田健一がそれぞれ担当。

監督
大河原孝夫
出演キャスト
観月ありさ 大沢健 島崎和歌子 長澤ユキオ

ふたり(1991)

  • 1991年5月11日(土)公開
  • 出演(中西敬子 役)

尾道を舞台に、亡き姉の幽霊に見守られながら成長していく多感な少女の姿を描く。赤川次郎原作の同名小説の映画化で、脚本は「菩提樹 リンデンバウム」の桂千穂が執筆。監督は「北京的西瓜」の大林宣彦。撮影は同作の長野重一がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
石田ひかり 中嶋朋子 富司純子 岸部一徳
1990年

スキ!

  • 1990年12月15日(土)公開
  • 出演(椎名双葉 役)

絶好調な人生を送る青年と不運の人生を歩んできた少女との運命の大逆転をコミカルに描く。脚本は「君は僕をスキになる」の野島伸司が執筆。監督は「ボクが病気になった理由」(第三話)の渡邊孝好。撮影は小野寺眞がそれぞれ担当。

監督
渡邊孝好
出演キャスト
大江千里 島崎和歌子 藤田朋子 森口瑤子

乙女物語 あぶないシックスティーン

  • 1990年9月15日(土)公開
  • 主題曲、出演(有沢千芽 役)

ミス・コン荒らしに賭ける少女たちの青春模様をコミカルに描く。脚本・監督は「奥様はマゾ・にぎらせて!」の秋山豊。撮影は「夏のページ」の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
秋山豊
出演キャスト
島崎和歌子 藤木流花 浅見真由美 池上晃一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 島崎和歌子