TOP > 人物を探す > マリサ・トメイ

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2020年 まで合計36映画作品)

2020年

ポルトガル、夏の終わり

  • 8月14日(金)
  • 出演(アイリーン・ビアンキ 役)

『人生は小説よりも奇なり』のアイラ・サックスがメガホンをとり、死期を悟った主人公と、彼女の大切な人々との関わりを描くヒューマンドラマ。主人公フランキーを『エル ELLE』のイザベル・ユペールが演じるほか、『パディントン2』のブレンダン・グリーソン、「スパイダーマン」シリーズのマリサ・トメイらが出演。第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

監督
アイラ・サックス
出演キャスト
イザベル・ユペール ブレンダン・グリーソン マリサ・トメイ ジェレミー・レニエ
2019年

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

  • 2019年6月28日(金)
  • 出演(May Parker 役)

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後の世界を描く、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)、フェーズ3の完結編。学生として友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターことスパイダーマンが、火や水など自然の力を操るクリーチャーとの戦いに挑む。異次元から来たというミステリオをジェイク・ギレンホールが演じる。

監督
ジョン・ワッツ
出演キャスト
トム・ホランド サミュエル・L・ジャクソン ゼンデイヤ コビー・スマルダーズ

パージ:エクスペリメント

  • 2019年6月14日(金)
  • 出演(アップデール博士 役)

1年に1晩だけ殺人を含むすべての犯罪が合法となる“パージ法”が施工されたアメリカで、市民たちがいかに犯罪者たちからサバイバルするかという斬新な設定が話題となったサスペンスの前日譚。なぜ“パージ法”がアメリカで施工されることになったのかが描かれる。シリーズ第1作の監督を務めたジェームズ・デモナコが脚本を担当する。

監督
ジェラード・マクマリー
出演キャスト
イラン・ノエル レックス・スコット・デイヴィス ジョイヴァン・ウェイド クリステン・ソリス

シード ~生命の糧~

  • 2019年6月29日(土)
  • 製作総指揮

第70回エミー賞環境ドキュメンタリー部門にノミネートされたドキュメンタリー。20世紀中に種子の94%が消滅し、その多様性が失われている。トウモロコシの種を守るアメリカ先住民や種子貯蔵所に種を保存する人々など、シードキーパーたちの挑戦を追う。環境活動家のヴァンダナ・シヴァ、霊長類学者のジェーン・グドールらが出演。

監督
タガート・シーゲル ジョン・ベッツ
出演キャスト
ヴァンダナ・シヴァ ジェーン・グドール ウィノナ・ラデューク ラージ・パテル
2017年

スパイダーマン:ホームカミング

  • 2017年8月11日(金)
  • 出演(May Parker 役)

トム・ホランドが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に引き続きスパイダーマンを演じ、アイアンマンらアベンジャーズと共演するシリーズの第1弾。15歳の高校生ピーターのヒーローとしての成長と、彼の前に立ちはだかる強大な敵との戦いが描かれる。スタークに恨みを持つ敵バルチャーをマイケル・キートンが演じる。

監督
ジョン・ワッツ
出演キャスト
トム・ホランド マイケル・キートン ゼンデイヤ ジョン・ファヴロー
2018年

ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命

  • 2018年4月28日(土)
  • 出演(声)

1950年代のニューヨークにおいて、天才的な洞察力と行動力でそれまでの都市計画を根底から覆した都市活動家ジェイン・ジェイコブズに迫るドキュメンタリー。当時の記録映像や肉声を織り交ぜ、都市開発の帝王ロバート・モーゼスとの知られざる闘いを映し出す。監督は『帝王ヴァレンティノ 最後のランウェイ』のマット・ティルナー。声の出演で「スパイダーマン:ホームカミング」のマリサ・トメイ、「マグニフィセント・セブン」のヴィンセント・ドノフリオが参加。

監督
マット・ティルナー
出演キャスト
マリサ・トメイ ヴィンセント・ドノフリオ
2016年

クーパー家の晩餐会

  • 2016年2月19日(金)
  • 出演(Emma 役)

秘密を抱えた一家のクリスマスに行われる晩餐会の模様をユーモアたっぷりに描く家族ドラマ。『アイ・アム・サム』のジェシー・ネルソン監督のもと、ダイアン・キートン、ジョン・グッドマンらベテランから、アマンダ・サイフリッドら若手まで、個性あふれる実力派が多数顔を揃え、ユニークな物語を盛り上げる。

監督
ジェシー・ネルソン
出演キャスト
ダイアン・キートン ジョン・グッドマン アマンダ・サイフリッド オリビア・ワイルド

マネー・ショート 華麗なる大逆転

  • 2016年3月4日(金)
  • 出演(シンシア・バウム 役)

08年9月、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズの破たんによって起きた世界的金融危機。それらをいち早く予見し、ウォール街を出し抜いた4人の型破りな金融マンたちを描く、実話をベースにした人間ドラマ。ブラッド・ピットが『マネーボール』に続いてプロデューサーを務め、マイケル・ルイスのベストセラー小説を映画化。

監督
アダム・マッケイ
出演キャスト
クリスチャン・ベール スティーヴ・カレル ライアン・ゴズリング ブラッド・ピット

人生は小説よりも奇なり

  • 2016年3月12日(土)
  • 出演

ニューヨークを舞台に、長年連れ添い結婚したカップルの生活の変化を、「あぁ、結婚生活」のアイラ・サックス監督が丁寧に紡いだ悲喜劇。出演は、「愛と追憶の日々」のジョン・リスゴー、「スパイダーマン2」のアルフレッド・モリーナ。

監督
アイラ・サックス
出演キャスト
ジョン・リスゴー アルフレッド・モリーナ マリサ・トメイ ダーレン・バロウズ
2015年

Re:LIFE〜リライフ〜

  • 2015年11月20日(金)
  • 出演(ホリー・カーペンター 役)

ヒュー・グラントが『ラブソングができるまで』などのマーク・ローレンス監督と4度目のタッグを組んで放つ人間ドラマ。田舎の大学で脚本講座を担当する元人気脚本家がひとりのシングルマザーとの出会いを機に変わっていく姿を描く。主人公を変えるヒロインを演じるのは『レスラー』のマリサ・トメイ。

監督
マーク・ローレンス
出演キャスト
ヒュー・グラント マリサ・トメイ ベラ・ヒースコート J・K・シモンズ

関連ニュース

『それでも恋するバルセロナ』ペネロペ・クルス
【アカデミー賞速報】助演女優賞はペネロペ・クルス 2月23日 11:02

アカデミー賞助演女優賞は『それでも恋するバルセロナ』のペネロペ・クルスに決定! 本作は、世界各国の映画賞で現在41部門ノミネート、14部門で受賞しているウディ・アレン監督最新作。スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クル…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > マリサ・トメイ

ムービーウォーカー 上へ戻る