映画-Movie Walker > 人物を探す > 浅野忠信

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2019年 まで合計73映画作品)

2019年

ある船頭の話

『アカルイミライ』など多数の作品で活躍してきた俳優オダギリジョーが、文明の波に直面した山あいの村を舞台に書き上げたオリジナル脚本を、自らの監督で映画化。村と外の世界をつなぎ続けてきた渡し船の船頭の人生が、ある少女との出会いにより狂っていく様子を描く。柄本明が11年振りとなる主演を務める。

監督
オダギリジョー
出演キャスト
柄本明 村上虹郎 川島鈴遥 伊原剛志
2018年

パンク侍、斬られて候

  • 2018年6月30日(土)公開
  • 出演(茶山半郎 役)

芥川賞作家・町田康の同名小説を、宮藤官九郎が脚色を手がけ、鬼才・石井岳龍監督が映画化した異色時代劇。綾野剛演じる“超人的剣客”の浪人・掛十之進の前に現れる12人のクセモノや、1人の女を巡る恋の行方、サルたちとの戦いが描かれる。サルになりきった永瀬正敏をはじめ、奇想天外なキャラクターが次から次へと登場する。

監督
石井岳龍
出演キャスト
綾野剛 北川景子 東出昌大 染谷将太

クソ野郎と美しき世界

  • 2018年4月6日(金)公開
  • 出演

「新しい地図」が製作を手がけ、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾をはじめ、多彩なキャストが顔を揃える4つの短編からなるオムニバスムービー。極悪人に追われる女、歌を食べて生きる少女と歌えなくなったアーティスト、失った息子の右腕を捜す夫婦など、クソ野郎たちの運命が描かれる。園子温、爆笑問題の太田光などが監督を務める。

監督
園子温 山内ケンジ 太田光 児玉裕一
出演キャスト
稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾 浅野忠信

星くず兄弟の新たな伝説

  • 2018年1月20日(土)公開
  • 出演(クリスト 役)

1985年に公開された近田春夫原案×手塚眞監督によるロック・ミュージカル「星くず兄弟の伝説」から30年、同コンビが再タッグを組み復活。かつて“スターダスト・ブラザーズ”として一世を風靡したカンとシンゴは、再びスターになることを夢見て月世界へと旅立つ。出演は「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」の三浦涼介、「光と禿」の武田航平、「夏ノ日、君ノ声」の荒川ちか、「星くず兄弟の伝説」の高木完、久保田慎吾、ISSAY、「霊眼探偵カルテット」の藤谷慶太朗、「陽だまりの彼女」の夏木マリ、「八重子のハミング」の井上順。脚本は、手塚眞と「罪とか罰とか」のケラリーノ・サンドロヴィッチ。

監督
手塚眞
出演キャスト
三浦涼介 武田航平 荒川ちか ISSAY
2017年

幼な子われらに生まれ

  • 2017年8月26日(土)公開
  • 出演

直木賞作家・重松清の同名作を『繕い裁つ人』の三島有紀子監督が映画化した人間ドラマ。血のつながらない家族が苦悩しながらもさまざまな出来事を乗り越え、少しずつ本当の家族になろうと姿をつづる。浅野忠信が再婚相手の連れ子との関係に悩む男を、その妻を田中麗奈、妻の元夫を宮藤官九郎が演じる。

監督
三島有紀子
出演キャスト
浅野忠信 田中麗奈 南沙良 鎌田らい樹

沈黙-サイレンス-

  • 2017年1月21日(土)公開
  • 出演(通辞 役)

17世紀の日本におけるキリシタン弾圧をポルトガル人司祭の目を通して描いた遠藤周作の小説を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した歴史ドラマ。師の棄教の真実を探るため、日本を訪れる若き司祭をアンドリュー・ガーフィールドとアダム・ドライバーが演じるほか、窪塚洋介や浅野忠信らも重要な役で出演する。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー キーラン・ハインズ
2016年

淵に立つ

  • 2016年10月8日(土)公開
  • 出演(八坂草太郎 役)

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した、深田晃司監督の人間ドラマ。下町で金属加工業を営む夫婦のもとに風変わりな一人の男が現れ、共同生活が始まるが、やがて平凡で幸せな家庭を築いてきたかに思われた夫婦の秘密が徐々に暴かれてゆく。出演は「岸辺の旅」の浅野忠信、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の古舘寛治、「かぐらめ」の筒井真理子、「壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ」の太賀、「ローリング」の三浦貴大、「ニシノユキヒコの恋と冒険」の篠川桃音。

監督
深田晃司
出演キャスト
浅野忠信 古舘寛治 筒井真理子 太賀
2010年

死なない子供、荒川修作

  • 2010年12月18日(土)公開
  • ナレーション

“人間は死なない”と断言し、死を乗り越えようとした芸術家、荒川修作の活動を振り返るドキュメンタリー。荒川が建設した“死なない家”の住人や、物理学者の佐治晴夫などのインタビューを織り交ぜ、その人物像を浮き彫りにする。監督は「PICKLED PUNK」の山岡信貴。ナレーションは「乱暴と待機」の浅野忠信。

監督
山岡信貴
出演キャスト
荒川修作 佐治晴夫
2009年

eatrip イートリップ

  • 2009年10月10日(土)公開
  • 出演

フードディレクターとして活躍中の野村友里の映画初監督作となるドキュメンタリー。人生における“食”というテーマを、さまざまな切り口で考察したエッセイ風の作品だ。

監督
野村友里
出演キャスト
高橋皖司 秋山鐘一郎 森岡尚子 UA

関連ニュース

浅野忠信、3週間で13kg体重増の筒井真理子に驚嘆!
浅野忠信、3週間で13kg体重増の筒井真理子に驚嘆!(2016年10月9日)

わかりやすい陰があるわけではないけど、どこかが怪しい男。彼に魅力を感じて恐る恐る近づいていくと、突然足をすくわれる。浅野忠信が最新主演映画『淵に立つ』(10月8…

浅野忠信、『淵に立つ』の衣装へのこだわりを語る
浅野忠信、『淵に立つ』の衣装へのこだわりを語る(2016年10月8日)

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞を受賞した『淵に立つ』(10月8日公開)で主演を務めた浅野忠信。これまで狂気に走る異端者の役を数多く演じてきた…

生田、浅野、山田が明かす『グラスホッパー』の舞台裏
生田、浅野、山田が明かす『グラスホッパー』の舞台裏(2015年11月7日)

140万部突破のベストセラーとなった伊坂幸太郎の小説を映画化した『グラスホッパー』。本作で殺された恋人の復讐のために裏組織に潜入にする元教師・鈴木に扮した生田斗…

『岸辺の旅』黒沢清監督が語る深津絵里と浅野忠信
『岸辺の旅』黒沢清監督が語る深津絵里と浅野忠信(2015年9月28日)

すでに映画監督として国内外の評価が高かった黒沢清監督だが、『岸辺の旅』(10月1日公開)が、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で日本人初の監督賞に輝いたこ…

浅野忠信、二階堂ふみとの“禁断の愛”に手応え!「ひとつになれた瞬間があった」
浅野忠信、二階堂ふみとの“禁断の愛”に手応え!「ひとつになれた瞬間があった」(2014年6月15日)

男と女が激しく愛し合い、そこに赤い雨が降り注ぐ。なぜなら、2人は決して許されない、血塗られた禁断の愛で結ばれているから。浅野忠信と二階堂ふみが共演した『私の男』…

二階堂ふみ、浅野忠信と命懸けのラブシーンは「寒かったけど楽しかった」と振り返る
二階堂ふみ、浅野忠信と命懸けのラブシーンは「寒かったけど楽しかった」と振り返る(2014年6月14日)

“攻め”の女優・二階堂ふみ。2013年は、『脳男』、『地獄でなぜ悪い』、『四十九日のレシピ』の強烈なインパクトを放った助演が評価され、第35回ヨコハマ映画祭およ…

二階堂ふみ、「子どもが欲しい」「女優一本で行くとは決めていない」。その発言の真意とは?
二階堂ふみ、「子どもが欲しい」「女優一本で行くとは決めていない」。その発言の真意とは?(2014年6月14日)

ひるまない女優・二階堂ふみ。浅野忠信と共演した衝撃作『私の男』(6月14日公開)では、禁断の愛に身を焦がすヒロインを、体当たりで演じ切った。孤独ななかで愛を渇望…

浅野忠信「男と女の関係が始まった時点で、男は女の人に甘え出す」
浅野忠信「男と女の関係が始まった時点で、男は女の人に甘え出す」(2014年6月12日)

浅野忠信、40歳。若き時代から日本映画界をひた走ってきた彼が、「40歳になって自分にしか演じられない役をもらった」と手応えを口にしたのが、センセーショナルな話題…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 浅野忠信