映画-Movie Walker > 人物を探す > 梅川治男

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2019年 まで合計46映画作品)

2002年

Jam Films 「コールドスリープ COLDSLEEP」

  • 2002年12月28日(土)公開
  • プロデューサー

日本映画界を代表する7人の監督によるショート・フィルム集「Jam Films」の1本。人類移住計画の為に、遠い惑星に送られた調査員たちの運命を描いたSFコメディ。監督は「アナザヘヴン」の飯田譲治。飯田監督と梓河人による原作を基に、飯田監督自ら脚色。撮影を「木曜組曲」の高瀬比呂志が担当している。主演は、「FILAMENT」の大沢たかおと「模倣犯」の角田ともみ。HD24Pからのキネコ。

監督
飯田譲治
出演キャスト
大沢たかお 角田ともみ 筒井康隆 ティーシャ

Jam Films 「Hong Kong Leg Pandora」

  • 2002年12月28日(土)公開
  • プロデューサー

日本映画界を代表する7人の監督によるショート・フィルム集「Jam Films」の1本。足に秘密の悩みを持つ女が、目眩く悦楽に溺れていく姿を描いた官能篇。監督・脚本は「今昔伝奇 花神」の望月六郎。撮影を「DOA FINAL」の田中一成が担当している。主演は「東京★ざんすっ 『優しさ』の國」の吉本多香美。

監督
望月六郎
出演キャスト
吉本多香美 篠原さとし 麿赤兒 小柳正貴

Jam Films

  • 2002年12月28日(土)公開
  • プロデューサー

岩井俊二、飯田譲治など異彩を放つ7人の監督たちによる、バラエティに富んだ短編を集めたオムニバス・ムービー。広末涼子、妻夫木聡、山崎まさよしら出演者も豪華。

Jam Films 「OPENING」

  • 2002年12月28日(土)公開
  • プロデューサー

日本映画界を代表する7人の監督によるショート・フィルム集「Jam Films」。CG監督として、テレビや映画で活躍する原田大三郎によるオープニング映像。フィリップ・カウフマン監督の「ライトスタッフ」をモチーフに、映像の歴史を巡る世界が広がる。

監督
原田大三郎

Jam Films 「the messenger 弔いは夜の果てで」

  • 2002年12月28日(土)公開
  • プロデューサー

日本映画界を代表する7人の監督によるショート・フィルム集「Jam Films」の1本。謎の女ヒットマンの正体を巡るサスペンス。監督は「VERSUS」の北村龍平。脚本は高津隆一。撮影を「VERSUS」の古谷巧が担当している。主演は、映画初出演の魚谷佳苗と「今昔伝奇花神」の北村一輝。HD24Pからのキネコ。

監督
北村龍平
出演キャスト
魚谷佳苗 北村一輝 坂口拓 片山武宏

Jam Films 「HIJIKI」

  • 2002年12月28日(土)公開
  • プロデューサー

日本映画界を代表する7人の監督によるショート・フィルム集「Jam Films」の1本。殺人犯とその人質になった3人の女たちが繰り広げる、涙と笑いの一幕劇。監督は「TRICK 劇場版」の堤幸彦。脚本は三浦有為子と堤監督の共同。撮影を「ピカ★ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」の唐沢悟が担当している。出演は、映画初出演の佐々木蔵之介と「ピカ★ンチ~」の秋山菜津子、「Jam Films けん玉」の氏家恵、高橋愛。HD24Pからのキネコ。

監督
堤幸彦
出演キャスト
佐々木蔵之介 秋山菜津子 氏家恵 高橋愛

Jam Films 「JUSTICE」

  • 2002年12月28日(土)公開
  • プロデューサー

日本映画界を代表する7人の監督によるショート・フィルム集「Jam Films」の1本。異性こそ関心事の全てである男子高校生をコミカルに描いた青春ドラマ。監督・脚本は「月に沈む」の行定勲。撮影を「ロックンロールミシン」の福本淳が担当している。主演はSABU さぶ」の妻夫木聡。

監督
行定勲
出演キャスト
妻夫木聡 綾瀬はるか クリスチャン・ストームズ 新井浩文

Jam Films 「ARITA」

  • 2002年12月28日(土)公開
  • プロデューサー

日本映画界を代表する7人の監督によるショート・フィルム集「Jam Films」の1本。不思議な生き物(?)と女の子が織り成すファンタジー。監督・脚本は「リリイ・シュシュのすべて」の岩井俊二。主演は「WASABI」の広末涼子。ミニDVからのキネコ。

監督
岩井俊二
出演キャスト
広末涼子
2000年

GLOW 僕らはここに…。

  • 2000年8月1日(火)公開
  • プロデューサー

一組の男女のピュアな恋模様を中心に、今を生きる若者たちの姿を活写した青春ドラマ。監督は「ポッキー坂恋物語 かわいいひと EPISODEIII」の前田哲。脚本は、佐野壮の原案を基に、「ベル・エポック」の福田卓郎と前田監督が共同で執筆。撮影を「ユーリ」の小倉和彦が担当している。主演は、新人の上原歩と斉藤重人。尚、本作はキャストに既存の役者を起用せず、従来の映画製作の枠にとらわれない作品作りを目指す『ストリートムービープロジェクト』の第1弾作品として製作された。

監督
前田哲
出演キャスト
上原歩 斉藤重人 生田いづみ 田中雄士
1998年

ベル・エポック(1998)

  • 1998年9月26日(土)公開
  • プロデューサー

20代後半を迎えた五人の女性たちの、恋愛や仕事の悩みを描いたハートフル群像劇。監督は「私たちが好きだったこと」の松岡錠司。逢坂えみこの原作コミックを松岡と「機関車先生」の福田卓郎が共同で脚色。撮影は「冷たい血」の石井勲。主演は「はるか、ノスタルジィ」の石田ひかり、「ラヂオの時間」の鈴木京香、「良寛」の鷲尾いさ子など。

監督
松岡錠司
出演キャスト
石田ひかり 鈴木京香 鷲尾いさ子 白島靖代
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 梅川治男