映画-Movie Walker > 人物を探す > トニー・ベネット

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2019年 まで合計8映画作品)

2019年

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード

数々の名盤を残し、後世にも大きく影響を与えたジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスの軌跡を追ったドキュメンタリー。その出自、キャリアのスタートから死の間際までを、盟友たちの貴重な証言や写真、演奏シーンを交えて構成、苦悩に満ちた51年の生涯を辿る。出演は、ジャック・ディジョネットやジョン・ヘンドリックス、トニー・ベネットといったエヴァンスと同時代に活躍したジャズマンたち。本作制作中に亡くなったポール・モチアンやジム・ホール、ボブ・ブルックマイヤー、ビリー・テイラーの姿も収められている。

監督
ブルース・スピーゲル
出演キャスト
ポール・モチアン ジャック・ディジョネット ジョー・ラバーベラ チャック・イスラエルズ
2014年

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

  • 2014年9月6日(土)公開
  • 出演

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

監督
ジェームズ・ボビン
出演キャスト
リッキー・ジャーヴェイス タイ・バーレル ティナ・フェイ トニー・ベネット
2008年

レス・ポールの伝説

  • 2008年8月23日(土)公開
  • 出演

多くのミュージシャンが愛用する有名ギターモデルの生みの親、レス・ポール。ミュージシャンで発明家の彼が現代の音楽史に残した足跡を貴重な映像とともにたどるドキュメンタリー。

監督
ジョン・ポールソン
出演キャスト
レス・ポール キース・リチャーズ ジェフ・ベック ポール・マッカートニー
1999年

アナライズ・ミー

  • 1999年11月6日(土)公開
  • 出演

ノイローゼになったマフィアのボスと強引に彼の主治医にされた精神科医のおかしな関係を描いたコメディ。監督は「クローンズ」のハロルド・ライミス。脚本はTVシリーズ『マーフィー・ブラウン』のピーター・トーラン、新鋭ケネス・ローナガンの原案を、ふたりとライミスが担当。撮影は「ある貴婦人の肖像」スチュアート・ドライバーグ。音楽は「ゲーム」のハワード・ショア。美術は「ワグ・ザ・ドッグ ウワサの真相」のウィン・トーマス。編集は「ラリー・フリント」のクリストファー・セレフセン。出演は「RONIN」のロバート・デ・ニーロ、「ファザーズ・デイ」のビリー・クリスタル、TVシリーズ『フレンズ』のリサ・クードロー、「悪魔のような女」のチャズ・パルミンテリ、「イレイザー」のジョー・ヴィテレリほか。

監督
ハロルド・レイミス
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ビリー・クリスタル リサ・クドロー チャズ・パルミンテリ
1991年

コップ・ターゲット 狼たちの牙

  • 1991年4月27日(土)公開
  • 製作総指揮

莫大な強奪事件に絡み殉職した外交官の妻子のボディガードを務める刑事が、巨大麻薬シンジケートと激しい銃撃戦を繰り広げる一方、裏に潜む人物に迫っていくバイオレンス・アクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはトニー・ベネット、監督は「ブリッジ・トゥ・ヘル」(86年・未公開)のハンフリー・ハンバート、原・脚本はレイモンド・ボルト、撮影はジャンカルロ・フェランド、音楽はロバート・スコットが担当。出演はロバート・ギンティ、チャールズ・ナピアーほか。

監督
ハンフリー・ハンバート
出演キャスト
ロバート・ギンティ チャールズ・ナピアー バーバラ・ビンガム ニーナ・スー・ボレール

怒りのタッチダウン 人質奪回作戦

  • 1991年4月27日(土)公開
  • 製作総指揮

アメリカン・フットボール選手たちで形成された軍団による軍事国家への人質奪回作戦を描くアクション。エグゼキュティヴ・プロデューサーはトニー・ベネット、製作はファブリツィオ・デ・アンジェリス、監督は「怒りのサンダー最後の決戦」のラリー・ラドマン、脚本はジャンフランコ・クレリチとヴィンセンツォ・マンニーノ、撮影はジュゼッペ・ルゾリーニ、音楽はグリエルモ・アルシーリが担当。

監督
ラリー・ラドマン
出演キャスト
オリヴァー・トビアス アーネスト・ボーグナイン チャールズ・ナピアー ヘンリー・シルヴァ
1967年

オスカー(1966)

  • 1967年6月3日(土)公開
  • 出演(Hymie_Kelly 役)

「彼女は2挺拳銃」の監督リチャード・セイルの書いたベストセラー小説をハーラン・エリソン、ラッセル・ラウス、クラレンス・グリーンが共同で脚色し、「禁じられた家」のラッセル・ラウスが監督した39年の歴史をもつアカデミー賞の黄金像『オスカー』をめぐる様々な裏話を描いたもので、『オスカー』を題材とした映画は初めてである。撮影は「ハーロー」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽はパーシー・フェイスが担当。出演は「ジンギス・カン」のスティーブン・ボイド、「バンボーレ」のエルケ・ソマー、「サウンド・オブ・ミュージック」のエレノア・パーカー、「市民ケーン」のジョセフ・コットンほか。また女優衣裳デザインをこれまで7個のオスカーに輝くイーディス・ヘッドが担当している。製作総指揮はジョセフ・E・レヴィン、製作はクラレンス・グリーン。

監督
ラッセル・ラウス
出演キャスト
スティーブン・ボイド エルケ・ソマー ミルトン・バール エレノア・パーカー
1957年

春来りなば(1956)

  • 1957年2月12日(火)公開

緑深いアーカンソーの田園を背景にしたホーム・ドラマ。モンゴメリー・ピットマンのオリジナル・シナリオから「アリゾナの勇者」のR・G・スプリングスティーンが監督、「烙印なき男」のジャック・マータが撮影、「捜索者」のマックス・スタイナーが音楽を、それぞれ担当した。出演者は「賭博の町」以来のアン・シェリダン、「地獄の掟」のスティーヴ・コクラン、「誇り高き男」のウォルター・ブレナンの3人を中心に、「友情ある説得」の子役リチャード・アイアー、TVの人気少女スター、シェリー・ジャクソン、「法律なき町」のエドガー・ブキャナン、「七年目の浮気」のソニー・タフツなど。アメリカでは“ペアレンツ・マガジン”誌から1955-6年度最優秀作品として《家庭賞》を受賞した。

監督
R・G・スプリングスティーン
出演キャスト
アン・シェリダン スティーヴ・コクラン ウォルター・ブレナン シェリー・ジャクソン

関連ニュース

『グリース』のジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン=ジョン、クリスマスアルバム発売へ!
『グリース』のジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン=ジョン、クリスマスアルバム発売へ!(2012年10月4日)

大ヒットミュージカル映画『グリース』(78)で恋人を演じたジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン=ジョンが、34年ぶりにタッグを組み、クリスマスアルバム「Th…

ガガも照れちゃうトニー・ベネット、85歳にしてレッドカーペットで輝きを放つ!
ガガも照れちゃうトニー・ベネット、85歳にしてレッドカーペットで輝きを放つ!(2012年4月26日)

85歳とは思えない輝きと張りのある歌声で、60年間以上にわたり今なお世界中の多くの人々の心を惹きつけてやまないトニー・ベネット。故フランク・シナトラなど、黄金時…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トニー・ベネット