映画-Movie Walker > 人物を探す > ベイビー・ペギー・モンゴメリー

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1924年 まで合計5映画作品)

1924年

叔父さん征伐

  • 1924年公開
  • 出演(Toodie 役)

ジョン・ハバートン氏の原作をホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「名家の秘密」「厄介娘」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもので、主役は「淋しき灯台守」「名家の秘密」等主演のベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢で「女性礼讚」「二人頑固親爺」等出演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏を始めクララ・ボウ嬢、リチャード・タッカー氏等が共演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
リチャード・タッカー クレア・アダムス エドワード・エヴァレット・ホートン クララ・ボウ

淋しき灯台守

  • 1924年公開
  • 出演(Captain_January 役)

ユニヴァーサル社を出てソル・レッサー氏の主宰するプリンシパル社に入ったベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢の第一回作品。ローラ・E・リチャーズ女史の原作を、イヴ・アンセル女史とジョン・W・グレイ氏とが脚色し、「少年ロビンソン」「サーカス・デイズ」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもの。ベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢のお対手には「風雲のゼンダ嬢」「虚栄の市(1923)」等出演のホバート・ボスウォース氏、「奔流恋を乗せて」「ロジタ(1923)」出演のアイリーン・リッチ嬢、「文化果つるところ」出演のハリー・T・モーレイ氏、「名家の秘密」等出演のバーバラ・テナント嬢等の腕利きが出演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー ホバート・ボスウォース アイリーン・リッチ ハリー・T・モーレイ

名家の秘密

  • 1924年公開
  • 出演(Peggy_Holmes 役)

「小公子」「人生の焔」等の原作者なる英国閨秀作家フランセス・ホジスン・バーネット夫人の書いた小説 Editha's Burglar をロイス・ゼルナー女史が脚色したもので、監督は「女は曲者」「ベル・ボーイ」等と同じくウィリアム・A・サイター氏である。「紐育の寵児」「離婚禁制」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢の主演映画で、相手役は「女性の敵」「乗合馬車」等出演のグレディス・ヒューレット嬢、その他エドワード・アール氏、フランク・カリアー氏等が共演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー グレディス・ヒューレット エドワード・アール フランク・カリアー

離婚禁制

  • 1924年公開
  • 出演(Peggy 役)

「紐育の寵児」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリーのジウエル映画で、バーナード・マッコンヴィルの原作、ロイス・ゼルナーとフォード・ビーブの脚色、ジェス・ロビンスが監督をした。ペギーの対手には「肉に飢えたる野獣」「キスメット(1920)」等出演のエリノア・フェアー、「野に咲く花」等出演のロバート・エリス、「天地砕けよ」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のウィニフレッド・ブライソンが出演する。破れようとする両親の仲を幼児が仲直りさせるという家庭劇である。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー ロバート・エリス エリノア・フェアー ウィニフレッド・ブライソン
1923年

紐育の寵児

  • 1923年公開
  • 出演(Santussa 役)

センチュリー喜劇の人気者であった、ベイビー・ペギー・モンゴメリーがジウエルのスターに昇格した第1回作品で、キング・バゴットとレイモンド・シュロックの共作になり、シュロックが脚色を、バゴットが監督をした。ペギーを助けて出演する人々には、フォックスのスターであったグラディス・ブロックウェル、「鉄の爪」「拳骨」「嵐の孤児」等で有名なシェルドン・ルイス、「スザンナ」等出演のカール・ストックデール等というオールド・タイマーがある。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー Junior Coughlan ドロシー・ハーゲン Estelle Goulder
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベイビー・ペギー・モンゴメリー