映画-Movie Walker > 人物を探す > ベニー・ルービン

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1937年 まで合計10映画作品)

1937年

喧嘩商売

  • 1937年公開
  • 脚本

「頓珍漢ミイラ取り」「旅鴉子供連れ」と同じくバート・ウィーラーとロバート・ウールジーが主演する映画で、「ロジタ(1936)」のナット・ペリンが俳優として名あるベニー・ルービンと協力して書き下ろしたシナリオによって「クーパーの餓鬼大将」「アフリカは笑ふ」のエドワード・クラインが監督し、「頓珍漢ミイラ取り」のジャック・マッケンジーが撮影したものである。助演者は新顔のマージョリー・ロード、「マルクス一番乗り」のエスター・ミューア、パトリシア・ワイルダー、ラッセル・ヒックスその他である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー マージョリー・ロード パトリシア・ワイルダー
1935年

ブラウンの千両役者

  • 1935年公開
  • 脚本

「ブラウンの怪投手」「ブラウンのサーカス」のジョー・E・ブラウンが主演する映画でロイス・リーソンの原作から「これがアメリカ艦隊」のベン・マークソンとベニー・ルービンが潤色し、「ブラウンのサーカス」のバート・カルマーとハリー・ルビーが脚色し、「ゴールド・ディガース36年」のバスビー・バークレーが監督、「運ちゃん武勇伝」のシド・ヒコックスが撮影したもの。助演者は「Gメン」「スイート・ミュージック」のアン・ヴォーザーク、「運ちゃん武勇伝」のパトリシア・エリス、「雨」のウィリアム・ガーガン、「スイート・ミュージック」のジョセフ・カウソーン、ヘンリー・オニール等である。

監督
バスビー・バークレー
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン アン・ヴォーザーク パトリシア・エリス ウィリアム・ガーガン

迷優ナポレオン

  • 1935年公開
  • 脚色

「百万弗小僧」「シュヴァリエの巴里っ子」のアン・サザーンが主演する映画でジーン・タウンとグレアム・ベイカーが書き卸し、「舗道の雨」のガートルード・パーセルがベニー・ルービンと協力して脚色し、「紐育→桑港」「からくり珍裁判」のエドワード・バゼルが監督に当たり、「歌の翼」「その夜の真心」のジョセフ・ウォーカーが撮影したもの。「花嫁は泣きました」のジャック・ヘイリー、「罪じゃないわよ」のロジャー・プライアを初め、「歌の翼」のサーストン・ホール、「海を嫌う船長」のイネズ・コートニー、ヴィクター・キリアン、レイ・ウォーカー等が出演する。

監督
エドワード・バゼル
出演キャスト
アン・サザーン ジャック・ヘイリー ロジャー・プライア サーストン・ホール

カジノ・ド・パリ(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(Benny_Rubin 役)

「ワンダー・バー」「風来坊」のアル・ジョルソンと「泥酔夢」「お姫様大行進」のルビー・キーラーが主役を勤める映画で、ブラッドフォード・ロープスの原作を「太平洋攻防戦」「これがアメリカ艦隊」のアール・ボールドウィンが脚色し「国境の町」「最初の接吻」のアーチー・L・メイヨが監督に当たり「国境の町」のトニー・ゴーディオと「お姫様大行進」のソル・ポリートが共同撮影した。ダンス振り付けは「お姫様大行進」のボビー・コノリーの担当である。助演者は「彼の第六感」のグレンダ・ファレル、「僕は芸人」のヘレン・モーガン「Gメン」のバートン・マクレーン、「青春の頬杖」のシャロン・リン、「影無き男(1934)」のパッシー・ケリー、「ゴルフ狂時代」のペニー・ルービン、「泥酔夢」のフィル・リーガン、「雲とつばさ」のゴードン・ウェストコット、「運ちゃん武勇伝」のウィリアム・デヴィッドスン「流星二丁拳銃」のジョイス・コンプトン、エイキム・タミロフ等の面々である。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
アル・ジョルソン ルビー・キーラー グレンダ・ファレル ヘレン・モーガン

ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス

  • 1935年公開
  • 出演(Louie_Pincus 役)

「乾杯の唄」と同じくジョージ・ホワイトが原案監督出演した音楽映画で、脚色には「乾杯の唄」の台詞を書いたジャック・イェレンがパターソン・マクナットと協力して任じている。ダンス振り付けもほわいと自ら当たり、撮影は「乾杯の唄」「世界は動く」のジョージ・シュナイダーマンが担任した。出演者は「乾杯の唄」のアリス・フェイ及びクリフ・エドワーズ、「輝く瞳」のジェームズ・ダン、「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティ、「彼女の家出」のネッド・スパークス、「合点!!承知!!」のアーリン・ジャッジ、「モンタナの月」のベニー・ルービン、タップ・ダンサーのエリナー・パウエル等が主なる顔触れである。

監督
ジョージ・ホワイト
出演キャスト
アリス・フェイ ジェームズ・ダン ネッド・スパークス リダ・ロバーティ
1932年

ゴルフ狂時代

  • 1932年4月14日公開
  • 出演(Benny 役)

アル・ウッズ演出のもとのニューヨークに上演された映画劇を映画化したもので、脚色は「ブロードウェイ・メロディー」のサラ・Y・メイソン、台詞はジョー・ファーナムとロバート・E・ホプキンスが受け持ち、「俺は渡り鳥」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・ライズナーが監督にあたった。主なる出演者は「ビッグ・ハウス」のロバート・モンゴメリー、「月光の曲」のドロシー・ジョーダン、「歓楽の孤児」のベニー・ルービン、「エロチック艦隊」のJ・C・ニュージェント、ドロシー・マクナルティ等でカメラは「スピードウェイ」「鉄路の王者」のヘンリー・シャープ担任。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー ドロシー・ジョーダン ベニー・ルービン J・C・ニュージェント
1930年

モンタナの月

  • 1930年公開
  • 出演(The_Doctor 役)

「若殿頑張る」「踊る娘達」のジョーン・クローフォード主演映画で、「俺は渡り鳥」と同じくシルヴィア・サルバーグとフランク・バトラーがストーリー並びに撮影台本を執筆し、「カナリヤ殺人事件」「導火線」のマルコム・セント・クレアが監督し、「恋多き女」「接吻」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「恋多き女」のジョン・マック・ブラウン、「キートンの結婚狂」ドロシー・セバスチャン、「死線に踊る」のリカルド・コルテス、ベニー・ルービン、クリフ・エドワーズなど

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ジョーン・クロフォード ジョン・マック・ブラウン ドロシー・セバスチャン リカルド・コルテス
1929年

鴛鴦の舞

  • 1929年公開
  • 出演(Benny_Friedman 役)

かつてユナイト社で「紅白乱舞」を作り米国ヴォードビル界にその名を知られているダンカン姉妹が主演する映画である。バイロン・モーガン及びアルフレッド・ブロックが合作した脚本に基づき、ウィラード・マックが台本を執筆し、「世界に告ぐ」「スポーツ王国」のサム・ウッドが監督した。助演者は「熱愛戦線」「歓楽の孤児」のローレンス・グレイ、「悪魔の日曜日」のジェッド・プラウティー、「歓楽の孤児」野ベニー・ルービンでカメラは「破誡」「ダイナマイト(1929)」のペヴァレル・マーレー担任。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ロゼッタ・ダンカン ヴィヴィアン・ダンカン ローレンス・グレイ ジェッド・プラウティー

恋愛戦線

  • 1929年公開
  • 出演(Sam 役)

「活動役者」「クォリティ街」と同じくマリオン・デイヴィース嬢の主演映画で、「天使の顔」「歓楽の唇」のロバート・Z・レナード氏がデール・ヴァン・エヴァリー氏執筆のシナリオによって監督したもの。助演者は「夜明け前」「虹晴」のローレンス・グレイ氏、映画初出演のミュージカル・プレイ俳優ジョージ・バクスター氏を始め、クリフ・エドワーズ氏、スコット・コルク氏、ベニー・ルービン氏等である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ジョージ・バクスター ローレンス・グレイ クリフ・エドワーズ
1928年

高速度娘蕾の巻

  • 1928年公開
  • 出演(Max_Cohen 役)

「高速度娘」に次ぐアリス・ホワイト嬢第2回主演映画で、「狂言成金」「笑う門には福来る」主演のジャック・マルホール氏が特に共演している。チャールズ・ピーハン氏とギャレット・フォート氏とが合作したストーリーを「弥次喜多消防の巻」「同空中の巻」等と同じくトム・ジェー・ジェラティー氏が脚色し、「万事円満」「蛮婚崇拝」のマーヴィン・ルロイ氏が監督したものである。助演者は「浮気天国」「妖怪屋敷」のセルマ・トッド嬢、「感激の泉」「馬鹿騒ぎ」のドリス・ドーソン嬢を始め、ジェイ・イートン氏、ジョージ・E・ストーン氏、ローズ・ディオン嬢等である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
アリス・ホワイト ジャック・マルホール ドリス・ドーソン ジェイ・イートン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベニー・ルービン