映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・マレイ

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1931年 まで合計20映画作品)

1925年

自動車恋愛

  • 1925年当年公開
  • 出演(Pa_Comet 役)

エドナ・フェーバー女史の原作に基づきジューン・メイシス女史が脚色し、「夜の馬鹿」「灯消えぬ」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、主役は「恋の荒野」「自由結婚」等主演のコリーヌ・グリフィス嬢で対手役は「ダルシー」「騒擾の巷」等出演のジャック・マルホール氏が勤め、ワード・クレーン氏を始め、ジョージ・シドニー氏、チャールズ・マレイ氏、エディス・チャプマン嬢等が助演している。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
コリーヌ・グリフィス ジャック・マルホール ワード・クレーン キャロル・ナイ

白牙(1925)

  • 1925年当年公開
  • 出演(Judson_Black 役)

ジャック・ロンドン氏の名高い小説を映画化した名犬ストロングハート作品で、ジェーン・マーフィン女史が脚色し、「沈黙の叫」「氷原の猛者」等と同じくローレンス・トリンブル氏の監督になったもので、「沈黙の叫」「氷原猛者」等に出演した名犬ストロングハートが主演し「四つの顔の女」「ロッキーの薔薇」等出演のセオドア・エルツ氏がルース・ドワイヤー嬢、チャールズ・マレイ氏等と共に助する。なお狼シルヴァアーも出演。

監督
ローレンス・トリンブル
出演キャスト
ストロングハート セオドア・フォン・エルツ ルース・ドワイヤー マシュー・ベッツ
1924年

女名捕手

  • 1924年当年公開
  • 出演(Tom_Byrne 役)

リチャード・コネル氏作の小説「沼の天使」をエドワード・J・モンターニュ氏が脚色し「ローマの一夜」「極楽突進」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもので、主役は「踊子サリー」「青春に浴して」「おお母よ」等に主演のコリーン・ムーア嬢が演じ、相手役は「栄冠は吾れに」「おお母よ」等出演のベン・ライオン氏で、アンナ・ニルスン嬢、ジョセフ・ストライカー氏、シャーロト・メリアム嬢、ジューン・エルヴィッジ嬢、チャールズ・マレイ氏、ブル・モンタナ氏等の助演という素晴らしいキャストである。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
コリーン・ムーア ベン・ライオン シャーロット・メリアム ジョセフ・ストライカー

火焔の船

  • 1924年当年公開
  • 出演(Member_of_the_fire_Patrol 役)

新しく組織されたチャドウィック映画で本邦に於て最初に封切りされる作品である。原作はハーキンス氏及びバーバー氏合作の舞台劇をハント・ストロンバーグ氏が自ら監督製作したもので、主役には「愛国の喇叭」のマッジ・ベラミー嬢、「ポンジョラ」「夜の怪鳥」等出演のジョニー・ハロン氏、「危険なる処女時代」等出演のヘレン・ジェローム・エディー嬢等が扮しその他チャールズ・マレイ氏、ビリー・フラネー氏等の喜劇俳優が消防船の乗組員に扮して大活躍をしている。

監督
ハント・ストロンバーグ
出演キャスト
アンナ・Q・ニルソン William Jeffries ディッキー・ブランドン ジャック・リチャードソン

豪傑ラリー

  • 1924年当年公開
  • 出演(The_Butler 役)

ラリー・シーモン氏の第一回長編喜劇でチャドウィック社の製作である。すなわち「笑国万歳」の前の作品で、原作はウィルソン・コリソン氏およびエイブリー・ホプウッド氏原作の舞台劇を、シーモン氏自身監督したものである。対手役は「我れ一度怒れば」「天晴トニー」等出演のクレア・アダムス嬢で、喜劇俳優として有名なチャールズ・マレイ氏も出演している。

監督
ラリー・シーモン
出演キャスト
ラリー・シーモン クレア・アダムス チャールズ・マレイ ルシル・ワード

叩け鉄扉を

  • 1924年当年公開
  • 出演(Thad_Grove 役)

「男子起たば」と同じく米国流行作家ハロルド・ベル・ライト氏の同名小説から、ホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色したものを、パラマウントを去ってプリンシパル社と提携したサム・ウッド氏第一回作品で「氷原の雄叫び」「女房征服」等出演のパット・オマリー氏と「琴線の響」「剣戟の雄」等出演のドロシー・マッケール嬢とが主演しその他クレイトン・ヘール氏、ロバート・フレイザー氏、メアリー・カー夫人、レイモンド・ハットン氏等の著名な俳優連をつかった贅沢なキャストである。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
パット・オマリー ドロシー・マッケール レイモンド・ハットン チャールズ・マレイ

闇を行く女

  • 1924年当年公開
  • 出演(Charles_Davis 役)

ウィリアム・ハールバット氏の舞台劇から脚色したもので「暁の光」「青春に浴して」等と同じくジョン・フランシス・ディロン氏が監督した。主役は「自由結婚」「孔雀の嘆き」等出演のコリーヌ・ゲリフィス嬢で対手は「白蛾は舞ふ」「絹擦れの音」等出演のコンウェイ・タール氏が演じ、その他シルヴィア・プリーマー嬢、クロフォード・ケント氏、マートル・ステッドマン嬢等が助演している。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
コリーヌ・グリフィス コンウェイ・タール アルマ・ベネット シルヴィア・ブリーマー

闇の女神

  • 1924年当年公開
  • 出演(Mamie's_father 役)

「メアリー・ゴー・ラウンド」で名声を得たメアリー・フィルビンのジウエル第1回主演映画で、対手役は「愛国の唄」「女房征服」等出演のパット・オマリーである。原作はオウエル・キルデアーの小説「我がマミー・ローズ」“My Mamie Roseで、これをハーヴェイ・ゲイツが脚色し、「白日の下に」等を監督したアーヴィング・カミングスが監督した。ニューヨーク貧民街の物語である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
メアリー・フィルビン パット・オマリー ウィリアム・コリアー・ジュニア Lincoln Plummer
1922年

紐育の十字路

  • 1922年当年公開
  • 出演(A._Jurist 役)

セネット氏製作に係わる長尺喜活劇で、「笑王ベンターピン」「モリー・オー」等と同じくリチャード・ジョーンズ氏が監督した。俳優としては「干潮」のノア・ビアリー氏「笑王ベンターピン」のキャスリン・マクガイア嬢、「一騎当千の男」のエセル・グレイ・テリー・テリー嬢等を始め、ロバート・ケイン氏、ジョージ・オハラ氏、チャールズ・マレイ氏、エディ・グリッボン氏、レイモンド・グリフィス氏等が出演している。喜劇と言わんよたりは活劇と言うべき程の壮快なものである。

監督
リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
エセル・グレイ・テリー ノア・ビアリー ロバート・ケイン キャスリン・マクガイア
1921年

村の人気者

  • 1921年当年公開
  • 出演(Sheriff Sparks 役)

昨年2月セネットがエイ・ビー社の第1回作品として発表した長篇喜劇で、氏自身の原作をアール・C・ケントンが監督したもの。主役にはベン・ターピン、フィリス・ヘイヴァー始めマリー・プレヴォー、チャールズ・マレイそのほかのおなじみが雲の如くに出演する。セネット氏一流の軽妙滑稽は随所に見られ、活動写真撮影場面などには数千人の臨時雇を使用して壮大目を驚かすものがあるという。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ベン・ターピン ジェームズ・フィンレイソン フィリス・ヘイヴァー バート・ローチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・マレイ