映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・マレイ

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1931年 まで合計20映画作品)

1931年

象狩り二人行脚

  • 1931年公開
  • 出演(Mr._Kelly 役)

「長屋騒動成金物語」と同じくジョージ・シドニーとチャールズ・マレイの共演映画で原作は「禁酒天国」と同じくヴィン・ムーア、エドワード・I・ラディー両氏が合作し「想夫舞曲」のウィリアム・K・ウェルズが脚色並びに台詞を執筆した。助演者は「長屋騒動パリの巻」「海浜狂騒曲」のヴェラ・ゴードン、ケイト・プライス、フランク・デイヴィス「奈翁精神異状なし」「スキナーの昇給」のロイド・ウィトロック、エディ・ケーン、ニック・コグレイなどで、撮影者は「ブロードウェイ(1929)」「キング・オブ・ジャズ」のハル・モーアである。

監督
ヴィン・ムーア
出演キャスト
ジョージ・シドニー チャールズ・マレイ ヴェラ・ゴードン ケイト・プライス
1930年

流行スコッチ縞

  • 1930年公開
  • 出演(Kelly 役)

コーヘン、ケリー喧嘩物語の一で、最初の「長屋騒動成金物語」のキャストが再び揃ってジョージ・シドニー氏、チャールズ・マレイ氏主演、ヴェラ・ゴードン夫人、ケイト・プライス夫人助演である。監督は「海浜狂騒曲」「娘喜べ水兵上陸」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏で、ジョン・マクダーモット氏が書卸した物語を「娘喜べ水兵上陸」の台詞を執筆したアルバート・デモンド氏が脚色並びに台詞を書いた。撮影は「海浜狂騒曲」「美人投売一弗均一」C・アレン・ジョーンズ氏。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ジョージ・シドニー チャールズ・マレイ ヴェラ・ゴードン ケイト・プライス
1928年

与太捕物記

  • 1928年公開
  • 出演(Sergeant_Tim_Maloney 役)

「棚からぼた餅」「浮気天国」等と同じくチャールズ・マレイ氏主演の劇で、ジュリエン・ジョセフソン氏が執筆した物語をヴァーノン・スミス氏が脚色し、「与太成功記」「長屋騒動パリの巻」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもの。助演者は「棚からぼた餅」「アンクル・トムス・ケヴィン」のルシェン・リツルフィールド氏、「馬鹿騒ぎ」「感激の泉」のドリス・ドーソン嬢、「足で蹴る恋」「燃ゆる復讐」のチャールズ・デラニー氏等でエド・プレンディー氏、アギー・ヘリング嬢、ヨーラ・ダヴリル嬢も出演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
チャールズ・マレイ ルシアン・リトルフィールド チャールズ・デラニー ドリス・ドーソン
1927年

ゴリラ(1927)

  • 1927年公開
  • 出演(Garrity 役)

一昨年来ブロードウェイに於いて長期興行を続けたラルフ・スペンス氏原作の探偵喜活劇を映画化したもので、ジェームズ・T・オドノヒュー氏が改作し、アル・コーン氏及びヘンリー・マッカーティー氏が共同脚色し、「熱血挙闘手」「想ひ叶うて」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督した特作品である。出演俳優は「喧嘩友達」「与太奮戦記」のチャールズ・マレイ氏、警官役者として有名なフレッド・ケルシー氏を始め、「結ぶ縁恋の釣天井」のアリス・デイ嬢、「甘い親爺」のガストン・グラス氏、「ジョアンの嘆き」のウォルター・ピジョン氏、その他タリー・マーシャル氏、クロード・ギリングウォーター氏、ブルックス・ベネディクト氏等のオール・スター・キャストである。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
チャールズ・マレイ フレッド・ケルシー アリス・デイ タリー・マーシャル
1926年

お洒落娘

  • 1926年公開
  • 出演(Pa_O'Dare 役)

ジェームズ・モントゴメアリー氏作のミュージカル・コメディーを映画化したもので、レックス・テイラー氏が脚本を書き、「踊り子サリー」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「踊り子サリー」「女名捕手」等主演のコリーン・ムーア嬢で、相手役は「踊り子サリー」「青春に浴して」等出演のジョージ・K・アーサー氏、エヴァ・ノヴァク嬢、チャールズ・マレイ氏、エドワード・アール氏等が助演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ ジョージ・K・アーサー チャールズ・マレイ

踊る英雄

  • 1926年公開
  • 出演(Cactus_Jim 役)

ジョージ・スカーボロウ氏とアネット・ウェストベイ女史とが合作し、舞喜劇ともなった小説「ドン・キホーテ・ジュニアー」を、ケネス・B・クラーク氏が脚色し、「猫の寝巻」「つばさ」と同じくウィリアム・A・ウェルマン氏が監督した映画。主役は「救いを求むる人々」「陽炎の夢」等出演のジョージ・K・アーサー氏で、「愉快な嘘吐き」「魔人」出演のガートルード・オルムステッド嬢、「初陣ハリー」出演のジョーン・クローフォード嬢、「ゴリラ(1927)」出演のチャールズ・マレイ氏の3人が、夫々重要な役を演じている外、アントニオ・ダルジー氏やハンク・マン氏なども出ている。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ガートルード・オルムステッド ジョージ・K・アーサー ジョーン・クロフォード チャールズ・マレイ

地獄極楽

  • 1926年公開
  • 出演(Dicker 役)

ハーシェル・S・ホール氏作の小説に基づいてエリオット・J・クローソン氏が脚色し、「巨弾霹靂」「命を売る男(1925)」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので主役は「金色の寝床」「女人禁制」等出演のヴェラ・レイノルズ嬢と新進のウィリアム・ボイド氏で、「君が名呼べば」「富に群がる者」等出演のナイジェル・バリー氏を始めウォルター・ロング氏、ベン・ターピン氏、チャールズ・マレイ氏、ホバート・ボスウォース氏、ウィリアム・V・モング氏等が出演している。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ウィリアム・ボイド ウォルター・ロング ナイジェル・バリー

地下鉄サディー

  • 1926年公開
  • 出演(Driver 役)

ミルドレッド・クラム女史作の小説をポール・ショーフィールド氏とアデール・コマンディニ女史とが脚色し、「甘い親爺」「自動車恋愛」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、主役は「憧れの水兵」「琴線の響」等出演のドロシー・マッケール嬢が演じ、「甘い親爺」「自動車恋愛」等出演のジャック・マルホール氏が対手役を勤めている。その他チャールズ・マレイ氏、ペギー・シヨウ嬢、ガストン・グラス氏、パーナード・ランドール氏等が重要な役を演じている。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ドロシー・マッケール ジャック・マルホール チャールズ・マレイ ペギー・ショウ

マイク

  • 1926年公開
  • 出演(Mike's_Father 役)

「ディンティ」「ミニー」「芝居の世の中」等を作ったマーシャル・ニーラン氏の監督作品で、原作も氏自身の手になった。唯だ脚色だけはメオリン・ジャックスン女史をわづらわしている。「滑れケリー」で共演したサリー・オニール嬢とウィリアム・ヘインズ氏、「踊る英雄の」のチャールズ・マレイ氏、「親爺若返る」のフォード・スターリング氏等が重要な役を演じている外、「暴力団(1928)」のサム・ド・グラッス氏、ハンク・マン氏子役のジュニアー・コーラン君、フランキー・ダーロ君、ミュリエル・フランセス・ダナ嬢等も出演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
サリー・オニール ウィリアム・ヘインズ チャールズ・マレイ フォード・スターリング
1925年

笑国万歳

  • 1925年公開
  • 出演(The_Wizard 役)

L・フランク・ボーム氏著の小説及び戯曲に基づき氏の息子の小フランク・ボーム氏とレオン・リー氏とが脚色し、ラリー・シーモン氏が監督出演したもの。相手役にはドロシー・ドワン嬢、メアリー・カー夫人、チャールズ・マレイ氏、ブライアント・ウォッシュバーン氏、ヴァージニア・ペアソン嬢、ジョセフ・スウィッカード氏等の人気廃油が出演している。シーモン氏最初の長編喜劇である。

監督
ラリー・シーモン
出演キャスト
ラリー・シーモン ドロシー・ドゥワン メアリー・カー チャールズ・マレイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・マレイ