映画-Movie Walker > 人物を探す > シドニー・フォックス

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1933年 まで合計8映画作品)

1933年

おしゃれの王様

  • 1933年当年公開
  • 出演(Diane 役)

「黒鯨亭」「激情の嵐」のエミール・ヤニングスが主演するもので、ピエール・ルイス作の「ボーゾー王の冒険」の映画化である。監督は「人生謳歌」「OF氏のトランク」「モスコウの一夜」のアレクシス・グラノフスキーが任じ、撮影は「リリオム」「ダンテの地獄編」のルドルフ・マテの担当である。助演者は「最後の億万長者」のジョゼ・ノゲロ、「泣き笑い千法札」のアルマン・ベルナール、「パリ-ベルリン」のジョゼット・デイ、「裁かれる魂」のシドニー・フォックス、「狂乱のモンテカルロ」のラシェル・デヴィリスである。なお音楽は「パリ-ベルリン」のキャロル・ラトハウスが担当し、英語台詞及び歌詞はクリフォード・グレイが執筆した。

監督
アレクシス・グラノフスキー
出演キャスト
エミール・ヤニングス ジョゼット・デイ シドニー・フォックス アルマン・ベルナール
1932年

裁かれる魂

  • 1932年当年公開
  • 出演(Celia 役)

「モンテ・カルロの女」「処女読本(1932)」出演のウォーレンス・ウィリアムが主演する映画でフランク・J・コリンズが書卸したストーリーをアール・ポールドウィンが脚色し、「女傑」のジェームズ・フラッドが俳優から監督となったエリオット・ニュージェントと共同して監督に当たり、「悪魔スヴェンガリ」「狂へる天才」のバーニー・マクギルが撮影したもの。助演者は「モルグ街の殺人」「紳士酒場」出演のシドニー・フォックス、「特集社会面」のアリーン・マクマホン、「暁の偵察」のウィリアム・ジャニー、「天晴れヴォング」のラルフ・インス「ミラクルマン(1932)」のジョン・レイ、「ルンペン紳士」のガイ・キッピー及びメイ・マディスン、J・キャロル・ネッシュ、モーガン・ウォーレス、ノール・フランシス、スタンリー・フィールズ等である。

監督
ジェームズ・フラッド エリオット・ニュージェント
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム シドニー・フォックス アリーン・マクマホン ウィリアム・ジャニー

戦慄街

  • 1932年当年公開
  • 出演(Peggy_Martin 役)

「死の拳銃狩」のエドワード・カーンが監督した映画で、アルバート・マルツとジョージ・スクラーとの合作舞台劇を「ウォタルウ橋」のトム・リードが脚色したもの。キャメラは「死の航空路」「小間使(1931)」のカール・フロイントがクランクしている。主演者は「令女学」「裁かれる魂」のシドニー・フォックスと「群集の喚呼」のエリック・リンデンで、「国際盗賊ホテル」のタリー・マーシャルを始め、エドワード・アーノルド、ルイス・カルハーン、バートン・チャーチル、メイヨ・メソット、グスタフ・フォン・セイファティ、アイアン・マクラレン、ジョージ・ミーカー等が助演している。

監督
エドワード・L・カーン
出演キャスト
エリック・リンデン シドニー・フォックス タリー・マーシャル ルイス・カルハーン

珍画撮影所

  • 1932年当年公開
  • 出演(Susan_Walker 役)

「けだもの組合」「名門芸術」のジョージ・S・カウフマンが、モス・ハートと合作した舞台劇を、「暁の偵察」「群集の喚呼」のショートン・I・ミラーが脚色し、「楽園の大河」「蹴球大学」のラッセル・マックが監督した映画で、主役は「空の花嫁」「闇に踊る(1932)」のジャック・オーキーが勤め、「裁かれる魂」「令女学」のシドニ・フォックス、「特撮社会面」のアイラン・マクマホン、舞台俳優だったグレゴリー・ラトフ、「死の拳銃狩」のラッセル・ホプトン、「ハリウッドは大騒ぎ」のザス。ビッツ、「ヴィエンナの夜」のルイズ・ファビセンダ、オンスロー・スティヴァンス、モナ・マリス、ジョビナ・ハウランド等が助演している。撮影は「蹴球大学」「ボルネオの東」のジョージ・ロギンソンの担当である。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
ジャック・オーキー シドニー・フォックス アリーン・マクマホン ラッセル・ホプトン

モルグ街の殺人

  • 1932年当年公開
  • 出演(Camille_L'Espanaye 役)

エドガー・アラン・ポーの有名な小説から題材を得て映画にしたもので脚色には「東は西」のトム・リードと「トレイダ・ホーン(1931)」のデール・ヴァン・エヴリーがあたり、監督は「ココナッツ」「青宵パリ合戦」のロバート・フローリーが受持ち、「新聞街の殺人」のカール・フロイントが撮影した。主なる出演者は「魔人ドラキュラ」のベラ・ルゴシ、新進のシドニー・フォックス、レオン・ウェイコフ、バート・ローチ、ノーブル・ジョンソン、ブランドン・ハーストなどである。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ベラ・ルゴシ シドニー・フォックス レオン・ウェイコフ バート・ローチ

令女学

  • 1932年当年公開
  • 出演(Bess_Girard 役)

ウィリアム・A・グルウの筆になる舞台劇を「国境の狼群(1930)」「サンタ・フェ・トレイル」のエドウィン・H・ノッフが「母性」のグラディス・レーマンと協力して脚色し、自身メガフォンをとった映画で主なる出演者はユ社売出しのシドニー・フォックス、「アメリカの悲劇」のフランセス・ディー、「西部戦線異常なし」のラッセル・グリースン、アラン・モーブレイ、ルシル・グリーソン等。カメラは「仮の塒」のチャールズ・ステューマーが担任。

監督
エドウィン・H・ノッフ
出演キャスト
シドニー・フォックス フランセス・ディー アラン・モウブレイ ルシル・グリーソン
1931年

姉妹小町

  • 1931年当年公開
  • 出演(Marianne 役)

紐育ブロードウェイの舞台女優として知られているシドニー・フォックス及びベティ・デイヴィスと「ホリウッド・レビュー」「接吻」のコンラッド・ネーゲルが主演する映画で原作はブース・ターキントンの小説。それをエドウィン・H・ノッフ、レイモンド・シュロック、トム・リードの三氏が共同でっ脚色し、ノッフが台詞を付し、「河宿の夜」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督し「最後の人」「新聞街の殺人」のカール・フロイントが撮影にあたったもの。助演者は「哄笑の世界」のハンフリー・ボガート、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、チャールズ・ウィニンジャー、エマ・ダン、スリム・サマーヴィル、デイヴィッド・デュランド、バート・ローチ等。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル シドニー・フォックス ベティ・デイヴィス ザス・ピッツ

紳士酒場

  • 1931年当年公開
  • 出演(Isabelle 役)

ブロードウェイで好評を博したプレストン・スタージェスの原作舞台劇から「母性」「猫は這い寄る」のグラディス・レーマン映画脚本に書き改め「母性」のジョン・M・スタールが監督に当たり、「新聞街の殺人」「魔人ドラキュラ」のカール・フロイントが撮影したもので、主なる出演者は「影を売る男」「忍びよる心」のポール・ルーカス、ユ社売出のシドニー・フォックス、「街の令嬢」「インスピレーション」のルイス・ストーン、ジョージ・ミーカー、ウィリアム・リッシアルディ、シドニー・トーラーなどの面々である。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
ポール・ルーカス シドニー・フォックス ルイス・ストーン ジョージ・ミーカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シドニー・フォックス