映画-Movie Walker > 人物を探す > ウォーリス・クラーク

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1947年 まで合計17映画作品)

1947年

愛のアルバム

  • 1947年1月公開
  • 出演(Judge 役)

古くは「シマロン(1931)」「ロバータ」「最後の抱擁」最近では「ドーヴァーの白い断がい」「再び一緒に」「二十一歳以上」のアイリーン・ダンと、名作「コンドル(1939)」「この虫十万ドル」に主演、最近「さみしき心のみ」「夜に昼に」「ノートリアス」等で活躍しているケーリー・グラントが「新婚道中記」の名コンビを復活して、ジョージ・スティーヴンス監督の下に製作された一九四一年度作品。助演者は「丘の一本松」「月は我が家」「セイルムの娘」「桃色の旅行かばん」に出演し、最近では「南部の人」で名技を示したビューラ・ボンディが光っている。監督ジョージ・スティーヴンスはフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの「有頂天時代(1936)」キャサリン・ヘプバーンの「偽装の女」その他「愛の弾丸」「踊る騎士」を演出している。脚色者モリー・リスキンドは「海は桃色」「愉快なリズム」「襤褸と宝石」を脚色した。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
アイリーン・ダン ケーリー・グラント ビューラ・ボンディ エドガー・ブキャナン
1937年

闇夜の台風

  • 1937年当年公開
  • 出演(B._G._Wilson 役)

「潜水艦SOS」「舗道の青春」のチェスター・モリス、「歌へ陽気に」「夢の並木路」のレオ・カリーロ、「ポンペイ最後の日(1935)」のヘレン・マック、「花嫁凱旋」「間奏楽」のトーマス・ミッチェルが共演する映画で、脚本は「クレイグの妻」のメアリー・マッコール・ジュニアがライオネル・ハウザーと協力して書卸し、「からくり令嬢」のD・ロス・レダーマンが監督に当たり、「潜水艦SOS」のルシエン・バラードが撮影したもの。助演は「罪と罰」のサーストン・ホール、ジョン・ガローデット、パッシー・オコナーその他である。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
チェスター・モリス レオ・カリーロ ヘレン・マック トーマス・ミッチェル
1936年

殺人都市

  • 1936年当年公開
  • 出演(The_Warden 役)

仮出獄制度の不備に一矢を射た映画で、「情無用ッ」のキュベック・グラスモンがジョール・セイヤー及びホーレス・マッコイと協力して脚本を書き下ろして台詞を書き「大渓谷の呼声」「大鴉」のルイ・フリードランダーが監督に当たり、「透明光線」「黄金(1936)」のジョージ・ロビンソンが撮影を担当した。主なる出演俳優はともに映画初出演の舞台及びラジオ・ドラマからのヘンリー・ハンター、アン・ストンを始め、「懐かしのケンタッキイ(1935)」のアラン・ダインハート、「大渓谷の呼声」のノア・ビアリー・ジュニア、「アメリカの恐怖」のアラン・バクスター、「聖林三百六十五夜」のグラント・ミッチェル、「二つの顔」のアラン・ヘール、バーナディーン・ヘイズ、バートン・チャーチル等の面々である。

監督
ルイ・フリードランダー
出演キャスト
ヘンリー・ハンター アン・プレストン アラン・ダインハート ノア・ビアリー・ジュニア
1934年

ある女の一生

  • 1934年当年公開
  • 出演(Mr.Preston 役)

「泉」「晩春」のアン・ハーディングが「昨日」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズを相手に主演する映画で、ルイス・ブロムフィールドの原作を「泉」「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが脚色し、「農園のレベッカ」「嵐の国のテス(1932)」のアルフレッド・サンテルが監督に当たり、「紅雀」「宿命の窓」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「愛と光」のベティ・ファーネス、「乙女よ嘆くな」のフランク・アルバートソン、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「泉」のセーラ・ヘイドン、モリー・オディ、その他。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
アン・ハーディング ジョン・ボールズ ヘレン・ヴィンソン ベティ・ファーネス

或る夜の出来事(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Lovington 役)

「一日だけの淑女」と同じくスタッフ、監督フランク・キャプラ、脚色ロバート・リスキン、撮影ジョセフ・ウォーカー、に余って製作されたサミュエル・ホプキンス・アダムスの原作を映画化したもの。主役は「夜間飛行」「紅塵」のクラーク・ゲーブルと「ブルースを唄う女」「恐怖の四人」のクローデット・コルベールで、共演に「一日だけの淑女」のウォルター・コノリー、「紅蘭」のジェームスン・トーマス、「海の荒鷲(1933)」のアラン・ヘイル等。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
クラーク・ゲーブル クローデット・コルベール ウォルター・コノリー ジェームスン・トーマス

異人種の争闘

  • 1934年当年公開
  • 出演(Cochran 役)

「餓ゆるアメリカ」「暁の耕地」と同じくリチャード・バーセルメスが主演するもので、ロバート・ゲスナー作の小説に基づき、ラルフ・ブロックと「世界は還る」の原作者シェリダン・ギブニーが共同脚色し「ヴィエナの夜」のアラン・クロスランドが監督にあたり、「フットライト・パレード」のジョージ・バーンズが撮影している。助演者は「恋の手ほどき(1933)」「群集の喚呼」のアン・ヴォーザーク、「巨人ジョーンズ」「地獄の市長」のダッドリー・ディグス、「世界は還る」のヘンリー・オニール、ロバート・バラット、アーサー・ホール、ダグラス・ダンプリル、シドニー・トーラー、「フットライト・パレード」のクレア・ダッド等。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
リチャード・バーセルメス アン・ヴォーザーク ダッドリー・ディグス クレア・ドッド
1933年

相寄る魂

  • 1933年当年公開
  • 出演(Enoch_Sewell 役)

「紅唇罪あり」「女囚の意気地」と同じくバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、「シャーロック・ホームズ(1932)」のバートラム・ミルハウザーが「ビッグ・トレイル」のビューラー・マリー・ディックと共同して書き下ろした台本により「地獄の市長」「男の一頁」のアーチー・L・メイヨが監督し、「ジェニイの一生」「三角の月」のレオン・シャムロイが撮影している。助演者はブロードウェイの人気俳優たるオットー・クルーガー、「たそがれの女」「魔の海底」のラルラ・ベラミーを始め、「女囚の意気地」のルール・ドネリー、舞台女優のローラ・ホープ・クルーズ、「天国爆撃隊」のジョージ・クーパー、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、クララ・ブランディック、ウォーリス・クラークその他の面々である。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック オットー・クルーガー ラルフ・ベラミー ルース・ドネリー

一日だけの淑女

  • 1933年当年公開
  • 出演(Commissoner 役)

「狂乱のアメリカ」「たそがれの女」と同じくフランク・キャプラが監督に当たり、ジョセフ・ウォーカーが撮影した映画で、O・ヘンリーの再来と称されるデーモン・ラニョン作の小説を「狂乱のアメリカ」「ナイトクラブの女」ののロバート・リスキンが脚色したもの。主演者は「ゴールド・ディガース」「処女読本(1932)」のウォーレン・ウィリアムで、「百万円貰ったら」「今日限りの命」のメイ・ロブソンをはじめ「雨」「ゴールド・ディガース」のガイ・キッビー、「生の創め」「女性二重奏」のグレンダ・ファレル、「秘密」「唄へ!踊れ!(1933)」のネッド・スパークス、「僕の自叙伝」のジーン・パーカー、「狂乱のアメリカ」のウォルター・コノリー、バリー・ノートン、ウォーリス・クラーク・ロバート、エメット・オコナー等が助演。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム メイ・ロブソン ガイ・キッビー グレンダ・ファレル

結婚はしたけれど

  • 1933年当年公開
  • 出演(Fairchilds 役)

「鉄血士官校」「大空の闘士」のスリム・サマーヴィルと「裏町」「結婚行進曲」のザス・ピッツが主演する喜劇で、シリル・ハーコート作の舞台喜劇を映画化したもの。脚色は「裏町」「母性」のグラディス・レーマン女史がH・M・ウォーカーと共同して当たり、新進のエドワード・ルドウィグが監督し、「ペインテッド・デザート」「ハア・マン」のエドワード・スナイダーが撮影した。助演者は「その夜」「ニュウ・ムーン」のローランド・ヤング、「摩天楼の狼」のヴェリー・ティーズデール、「親爺は若い」「パリよいとこ」のフィフィ・ドルセイ、「極楽特急」「類猿人ターザン(1932)」のC・オーブリー・スミス、「大空の闘士」「ルンペン紳士」のデイヴィッド・ランドー、「今宵ひととき」のロバート・グリーグ、「楽園の大河」のエリザベス・パターソン、「夫を殺すまで」のコーラ・スー・コリンズ、ヘンリー・アーメッタ等である。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
スリム・サマーヴィル ザス・ピッツ ローランド・ヤング ヴェリー・ティーズデール

警官車十七号

  • 1933年当年公開
  • 出演(Dan_Regan 役)

「爆弾ジョーンズ」と同じくランバート・ヒルヤーが原作脚色監督した映画で、西部劇俳優だったティム・マッコイが主演する。相手役は「ポーリンの冒険」のエヴァリン・ナップで、ハロルド・ヒューバー、ウォーリス・クラーク、ワード・ボンド等が助演している。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ティム・マッコイ エヴァリン・ナップ ウォーリス・クラーク ワード・ボンド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウォーリス・クラーク