映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ペイジ

年代別 映画作品( 1938年 ~ 1963年 まで合計11映画作品)

1963年

バイ・バイ・バーディー

  • 1963年10月18日(金)公開
  • 出演(Bob_Precht 役)

同名のミュージカル・プレイを「悪名高き女」のフレッド・コールマーが製作「ペペ」のジョージ・シドニーが監督した青春ミュージカルで、音楽と作詞はチャールズ・ストラウスとリー・アダムスのチームが、音楽監督編曲・指揮は「ウエスト・サイド物語」でアカデミー賞を得たジョニー・グリーン。「四時の悪魔」のジョセフ・バイロックが撮影した。振り付けはオンナ・ホワイト。出演は「ペペ」のジャネット・リー、ブロードウェイで映画と同じ役を演じたディック・ヴァン・ダイク「ステート・フェア(1962)」のアン・マーグレット、「蛇皮の服を着た男」のモーリン・スティプルトン、バーディーに人気歌手のジェシー・ピアソン、他にエド・サリヴァン、550名の10代のダンサー達《ワン・ボーイ、ワン・ラスト・キッス、バイ・バイ・バーディー、ザ・テレホン・アワー》ほか8曲のヒット・ナンバーを歌う。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
ジャネット・リー ディック・バン・ダイク アン・マーグレット モーリン・スティプルトン
1954年

非常線(1953)

  • 1954年1月公開
  • 出演(Arthur_Ashton 役)

俳優から監督に転向したディック・パウエルの第1回監督作品。「卵と私」のチェスター・アースキンとアーヴィング・ウォーレスが協力して書き下ろした物語を、ウォレスと「拳銃王」のウィリアム・バワーズが脚色し、「海賊黒ひげ」のエドモンド・グレインジャーが製作に当たった。撮影は「ママの思い出」のニコラス・ミュスラカ、音楽は「剣豪ダルタニアン」のロイ・ウェッブの担当。出演者は「ウィンチェスター銃'73」のスティーブン・マクナリー、「鉄路の弾痕」のアレクシス・スミス、「地獄の英雄」のジャン・スターリング、「海賊黒ひげ」のキース・アンデス、「果てしなき蒼空」のアーサー・ハニカット、他にポール・ケリー、ロバート・ペイジなど。

監督
ディック・パウエル
出演キャスト
スティーブン・マクナリー アレクシス・スミス ジャン・スターリング キース・アンデス
1953年

凸凹火星探検

  • 1953年7月1日(水)公開
  • 出演(Dr. Wilson 役)

アボット=コステロ喜劇1953年作品で「すべての旗に背いて」のハワード・クリスティ製作。「凸凹外国人部隊」のダニエル・D・ビューチャンプと「底抜け艦隊」のジョン・グラントの共同脚本を「凸凹透明人間」のチャールズ・ラモントが監督した。撮影はクリフォード・スタイン、音楽は「凸凹透明人間」のジョセフ・ガーシェンソンである。助演は「タルファ駐屯兵」のマリ・ブランチャード、「レッドスタリオン 荒原の凱歌」のロバート・ペイジ、「恐怖の街」のホレース・マクマホンなど。

監督
チャールズ・ラモント
出演キャスト
バッド・アボット ルー・コステロ マリ・ブランチャード ロバート・ペイジ
1952年

レッドスタリオン 荒原の凱歌

  • 1952年1月4日(金)公開
  • 出演(Andy 役)

ベン・ストロフが製作し「銃弾」のレスリー・セランダーが監督した1947年シネカラー作品。脚本は、ロバート・E・ケントとクレーン・ウィルバーの共同オリジナルで、撮影は「拳銃の誓い」のヴァージル・ミラー、音楽は「ベルリン特急」のフレデリック・ホランダーである。出演者は「ラスティの伝令」のテッド・ドナルドスン、「夜の悪魔」のロバート・ペイジ、「夢見る少女」のジェーン・ダーウェル、ノリーン・ナッシュ、「摩天楼」のレイ・コリンズらである。

監督
レスリー・セランダー
出演キャスト
テッド・ドナルドスン ロバート・ペイジ ノリーン・ナッシュ ジェーン・ダーウェル
1950年

タンジールの踊子

  • 1950年7月11日(火)公開
  • 出演

タンジールを舞台にスパイ捜査を描くメロドラマ。アリス・D・G・ミラーの原作の映画化で、脚本はM・M・マッセルマンとモンティ・F・コリンズが共同で執筆。製作はポール・メルヴァーン、監督はジョージ・ワグナー、撮影はエルウッド・ブレデル、音楽はミルトン・ローセンが担当。出演はマリア・モンテス、ロバート・ペイジ、プレストン・フォスター、ルイーズ・オルブリットン、サブウなど。

監督
ジョージ・ワグナー
出演キャスト
マリア・モンテス ロバート・ペイジ プレストン・フォスター ルイーズ・オルブリットン

夜の悪魔

  • 1950年1月14日(土)公開
  • 出演(Frank_Stanley 役)

吸血鬼ドラキュラ物の続編で、「らせん階段(1946)」「暗い鏡」のロバート・シオドマクが渡米後まもなく監督した1943年作品。原作は在ドイツ時代「FP1号応答なし」等を書き、渡米後は怪奇物を手がけているカート・シオドマク執筆、「フランケンシュタインの幽霊」の原作者エリック・テイラーが脚色した。主役は「フランケンシュタインの幽霊」のロン・チャニーで、B級映画に多く出演しているロバート・ペイジ、「卵と私」のルイズ・オルブリットン、「フランケンシュタインの幽霊」のイヴリン・アンカース、「我等の町」のフランク・クレイヴン、「快傑ゾロ(1940)」のJ・エドワード・ブロムバーグ等が共演する。撮影は「歌は星空」のジョージ・ロビンスンの担当。

監督
ロバート・シオドマク
出演キャスト
ロン・チャニー ロバート・ペイジ ルイズ・オルブリットン イヴリン・アンカース
1949年

緑に誓う

  • 1949年12月公開
  • 製作、出演(David_Barkley 役)

アメリカの新農村運動というべき4Hクラブ(頭・心・手・健康の頭文字をとった)の宣伝を狙ったグレン・マッカーシー作品で1949年の製作。脚本はモンティ・F・コリンズが執筆し、監督には「恋文騒動」のウィリアム・D・ラッセルが当たった。出演者は「脱出(1944)」のウォルター・ブレナン、「夜の悪魔」のロバート・ペイジ、マーゲリット・チャップマン、「三十四丁目の奇跡(1947)」のナタリー・ウッド、「ブルックリン横町」のテッド・ドナルドスン、「センチメンタル・ジャーニー」のコニー・マーシャル等で、ロバート・エリス、ジェニー・ラデューク、アーヴィング・ベーコン等が助演する。なお撮影は新進ジョン・ラッセルである。

監督
ウィリアム・D・ラッセル
出演キャスト
マーゲリット・チャップマン ウォルター・ブレナン ロバート・ペイジ ナタリー・ウッド
1942年

凸凹宝島騒動

  • 1942年当年公開
  • 出演(Tommy_Layton 役)

「凸凹お化け騒動」と同じくバッド・アボットとルー・コステロが主演する喜劇で 、「お化け騒動」のジョン・グラントがトルー・ボードマン、ナット・ペリンと協力して書き下ろした台本により「潜水艦SOS」のアール・C・ケントンが監督し、「スポイラース(1942)」のミルトン・クラスナーが撮影した。「歓楽の女王」のヴァジニア・ブルース、「街道巡羅隊」のロバート・ペイジらが助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
バッド・アボット ルー・コステロ ヴァージニア・ブルース ロバート・ペイジ
1938年

奥さんは嘘つき

  • 1938年当年公開
  • 出演(Jerry_Marlowe 役)

「弾丸か投票か」「典型紳士読本」のジョーン・ブロンデルと「紅薔薇行進曲」「花嫁凱旋」のメルヴィン・ダグラスが主演する映画で、ウィルスン・コリスン作の大衆小説を「奴隷船」「深夜のマドンナ」のグラディス・レーマンが脚色し、「報道戦」「恋のナポリ」のアレクサンダー・ホールが監督に当り、「恋のみちぐさ」「ある父の横顔」のヘンリー・フロイリッヒが撮影した。助演者は「台風」「孔雀夫人(1936)」のメアリー・アスター、「ボレロ」「噫無情」のフランセス・ドレイク、「台風」のジェローム・コウアン、「酔いどれリズム」のサーストン・ホール、ロバート・ペイジ等である。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ジョーン・ブロンデル メルヴィン・ダグラス メアリー・アスター フランセス・ドレイク

街道巡羅隊

  • 1938年当年公開
  • 出演(William_Rolph 役)

「奥さんは嘘つき」のロバート・ペイジと「御夫婦円満哲学」「麗人野球団」のジャクリーン・ウェルズが主演する映画で、活劇映画の監督として名のあるランバート・ヒルヤーが書卸し、ロバート・E・ケントとスチュアート・アンソニーが協力脚色し、「地に潜るギャング」「空のギャング」のC・C・コールマン・ジュニアが監督に当り、「クレイグの妻」のルシエン・バラードが撮影したものである。

監督
C・C・コールマン・ジュニア
出演キャスト
ロバート・ペイジ ジャクリーン・ウェルズ ロバート・ミドルマス アーサー・ロフト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ペイジ