映画-Movie Walker > 人物を探す > 三井美奈

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1959年 まで合計6映画作品)

1959年

女ごころ(1959)

  • 1959年2月10日(火)公開
  • 出演(山名咲子 役)

由起しげ子の「試験別居」の映画化で、倦怠期にある夫婦の愛情の機微、人妻とドライな近代女性とのもつれる女ごころを描こうというもの。「杏っ子」の田中澄江が脚色、「二人だけの橋」の丸山誠治が監督、「若い娘たち(1958)」の小泉福造が撮影した。「女であること」の原節子と森雅之が再び夫婦役を演じるほか、「大人には分らない・青春白書」の団令子、「大学の人気者」の三井美奈などが出演。

監督
丸山誠治
出演キャスト
森雅之 原節子 春日井宏往 団令子
1958年

大学の人気者(1958)

  • 1958年9月30日(火)公開
  • 出演(哲平の妹洋子 役)

東宝得意の大学シリーズの第二作。「風流温泉日記」の須崎勝弥の脚本で青春物を手がけて定評ある「青い山脈 (前篇)(1957)」「続青い山脈」の松林宗恵が監督した。撮影は「ロマンス祭」の完倉泰一、出演は「ロマンス祭」の宝田明・雪村いづみを始め「若い獣」の久保明や越路吹雪、池部良、団令子など。

監督
松林宗恵
出演キャスト
宝田明 越路吹雪 団令子 久保明

花の慕情

  • 1958年8月5日(火)公開
  • 出演(妹藍子 役)

吉屋信子の「花」から、池田忠雄・杉田彰・沢村勉の三人が脚色し、「脱獄囚」の鈴木英夫が監督、「女であること」の飯村正が撮影したラヴ・ロマンスである。「東京の休日(1958)」の司葉子、「弥次喜多道中記」の宝田明・草笛光子、「杏っ子」の三井美奈に、杉村春子、千秋実、長岡輝子などが出演する。いけ花指導は勅使河原蒼風。色彩はイーストマン・カラー。パースペクタ立体音響。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
司葉子 松沢洋一 宝田明 長岡輝子

喜劇 駅前旅館

  • 1958年7月12日(土)公開
  • 出演(柊元お京(柊元旅館女中) 役)

雑誌『新潮』に連載されて好評を博した井伏鱒二の原作を、「季節風の彼方に」の八住利雄が脚色したもので、駅前旅館のあけくれと、番頭稼業を描いた喜劇。「負ケラレマセン勝ツマデハ」の豊田四郎が監督、「家内安全」の安本淳が撮影した。出演は「欲」の森繁久彌・伴淳三郎、「ぶっつけ本番」のフランキー堺・淡路恵子「大番 (完結篇)」の淡島千景、そのほか草笛光子・三井美奈・浪花千栄子など。色彩はイーストマンカラー。パースペクタ立体音響。

監督
豊田四郎
出演キャスト
森繁久彌 森川信 草笛光子 藤木悠

杏っ子

  • 1958年5月13日(火)公開
  • 出演(山本りさ子 役)

東京新聞に連載されたベスト・セラー室生犀星の原作を、「女であること」の田中澄江と成瀬巳喜男が共同脚色し、「あらくれ(1957)」の成瀬巳喜男が監督、「狙われた娘」の玉井正夫が撮影した文芸映画。主演は「女であること」の香川京子、「悪徳」の木村功、それに山村聡に新人三井美奈。ほかに小林桂樹、太刀川洋一、加東大介、中村伸郎、などが助演。

監督
成瀬巳喜男
出演キャスト
山村聡 夏川静江 香川京子 太刀川洋一

東京の休日(1958)

  • 1958年4月15日(火)公開
  • 出演(ファッションモデルK 役)

山口淑子の映画生活二十年記念映画。「家内安全」の井手俊郎と「ジャズ娘に栄光あれ」の山本嘉次郎の共同脚本を山本嘉次郎が自ら監督し、「どん底」の山崎市雄が撮影を担当した。「アンコール・ワット物語 美しき哀愁」の山口淑子、池部良を筆頭に、東宝のオールスターが顔を見せている。色彩はイーストマンカラー。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
山口淑子 沢村いき雄 三好栄子 小杉義男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 三井美奈