映画-Movie Walker > 人物を探す > ドリス・ロバーツ

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2000年 まで合計5映画作品)

2000年

ハネムーン・キラーズ

  • 2000年6月17日(土)公開
  • 出演(Bunny 役)

実際に起こった連続殺人事件を元に、文通相手の結婚詐欺師と共に悪事を重ねて行く看護婦を描く犯罪ドラマ。監督・脚本は今作が唯一の監督作となったレナード・カッスル。出演はシャーリー・ストーラー、トニー・ロー・ビアンコ。公開当時はほとんど無視されていたが、トリュフォーやデュラスらの絶賛により一部に熱狂的ファンを生んだカルト作。2017年7月1日よりHDリマスター版を上映(提供:キングレコード 配給:アンプラグド)。

監督
レナード・カッスル
出演キャスト
シャーリー・ストーラー トニー・ロー・ビアンコ ドーサ・ダックワース ドリス・ロバーツ
1987年

弾丸刑事 ニック&フランク

  • 1987年9月12日(土)公開
  • 出演(Mrs.Berzak 役)

麻薬課刑事コンビの活躍を描くアクション。製作はメナハム・ゴーランとヨーラム・グローバス、監督は「世界が燃えつきる日」のジャック・スマイト、脚本はゲイル・モーガン・ヒックマン、アンドリュー・カーツマン、ロブ・ライリー、ジェームズ・ベルーシ、撮影はアレックス・フィリップス、音楽はアルフ・クラウゼンが担当。出演はロバート・キャラディン、ビリー・ディー・ウィリアムスほか。

監督
ジャック・スマイト
出演キャスト
ロバート・キャラダイン ビリー・ディー・ウィリアムス ヴァレリー・ベルティネリ ピーター・グレイヴス
1980年

ローズ

  • 1980年11月1日(土)公開
  • 出演(Rose's_Mother 役)

60年代の最大の女性シンガーといわれたジャニス・ジョプリンをモデルに、反体制の空気に満ちた60年代のアメリカの若者を熱狂させた1人のロック歌手ローズの愛と激情の人生を描く。製作総指揮はトニー・レイ、製作はマーヴィン・ワースとアーロン・ロッソ、監督は「シンデレラ・リバティー かぎりなき愛」のマーク・ライデル。ビル・カービーの原案を基に彼とボー・ゴールドマンが脚色。撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はポール・A・ロスチャイルド、編集はロバート・L・ウォルフ、美術はジム・ショッピ、衣裳はシオニ・V・アルドレッジが各各担当。出演はベット・ミドラー、アラン・ベイツ、フレデリック・フォレスト、ハリー・ディーン・スタントン、バリー・プリマス、デビッド・キース、サンドラ・マッケーブ、ウィル・ヘアー、ルディー・ボンドなど。日本語版監修は清水俊二。デラックスカラー、ビスタサイズ。1979年作品。

監督
マーク・ライデル
出演キャスト
ベット・ミドラー アラン・ベイツ フレデリック・フォレスト ハリー・ディーン・スタントン
1979年

さよならミス・ワイコフ

  • 1979年10月27日(土)公開
  • 出演(Marie 役)

アメリカ中西部の保守的なある町を舞台に、35歳にしてすでに更年期を迎えた一人の女性教師の苦悩と旅立ちを描く。製作はレイモンド・ストロス、監督はTVムービー「ホロコースト」のマービン・チョムスキー。ウィリアム・インジの原作を基にポリー・プラットが脚色。撮影はアレックス・フィリップス・ジュニア、音楽はアーネスト・ゴールドが各々担当。出演はアン・ヘイウッド、ロバート・ボーン、ドナルド・ブレザンス、アール・ホリマン、ジョン・ラファイエット、ダナ・エルカー、キョロリン・ジョーンズ、ドロシー・マローン、ロニー・ブレイクリーなど。

監督
マーヴィン・チョムスキー
出演キャスト
アン・ヘイウッド ロバート・ヴォーン ドナルド・プレゼンス アール・ホリマン
1971年

おかしな求婚

  • 1971年11月13日(土)公開
  • 出演

プレイボーイの億万長者の財産も遂に底をつき、そこで思い付いた財産目当ての結婚騒動のてん末は?…。製作はジョセフ・マンデューク、監督は・脚色は主演も兼ねるエレイン・メイ、撮影はゲイン・レシャー、編集はエド・ベイヤーが各々担当。出演はエレイン・メイのほかに「おかしな二人」のウォルター・マッソー、ジャック・ウェストン、ジョージ・ローズ、ジェームズ・ココなど。

監督
エレイン・メイ
出演キャスト
ウォルター・マッソー エレイン・メイ ジャック・ウェストン ジョージ・ローズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドリス・ロバーツ