映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・マック

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1986年 まで合計18映画作品)

1934年

よたもん稼業

  • 1934年当年公開
  • 出演(Alice_Deering 役)

「ボクは芸人」「爆弾の頬紅」のリー・トレイシーが「ボクは芸人」「わたしのすべてを」のヘレン・マックを相手に主演する映画。原作は「可愛いマーカちゃん」のデーモン・ラニョンが書き下ろし、「合点!!承知!!」のハワード・J・グリーンが脚色し、「マダムと踊子」のマーシャル・ニーランが監督に当たり、「風の接吻」「花嫁は泣きました」のヘンリー・シャープが撮影した。助演者は「ボレロ」「合点!!承知!!」のウィリアム・フローリー、「女は要らねえ」のミナ・ゴンベル、「かぼちゃ太夫」のベビー・ルロイ、「唄へ!踊れ!(1933)」のキティー・ケリー、「奇傑パンチョ」のヘンリー・B・ウォルソール等の面々である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
リー・トレイシー ヘレン・マック ウィリアム・フローリー ミナ・ゴンベル

わたしのすべてを(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Eve_Haron 役)

「生活の設計」「暴君ネロ(1932)」のフレドリック・マーチ、「生活の設計」「南風」のミリアム・ホプキンス、「ボレロ」「バワリイ」のジョージ・ラフトが共演する映画で、ローズ・アルバート・ポーター作の戯曲「さなぎ」に基づき、「暴君ネロ(1932)」「競馬天国」のシドニー・バックマンがトーマス・ミッチェルと共同脚色し、「生の創め」「紐の仇討」のジェームズ・フラッドが監督にあたり、「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーが撮影した。助演者は「レヴュー艦隊」「沈黙の証人」のヘレン・マック、「唄へ!踊れ!(1933)」のキティー・ケリー、「武器よさらば」のギルバート・エメリー、「拳骨大売出し」ウィリアム・コリアー・シニア、プランシュ・フレデリシ等である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
フレドリック・マーチ ミリアム・ホプキンス ジョージ・ラフト ヘレン・マック
1933年

かたみの傑作

  • 1933年当年公開
  • 出演(Susan 役)

「酔いどれ船」「晩餐八時」のマリー・ドレッスラーが「明日の太陽」「夜間飛行」のライオネル・バリモアと主演する映画で、ルネ・フォーショア作の喜劇を翻案したシドニー・ハワード改作のブロードウェイあたり狂言に基づき「僕の武勇伝」のシルヴィア・サルバークが「キートンの麦酒王」のローレンス・E・ジョンソンと共同脚色し、「春の火遊び」「カイロの一夜」のサム・ウッドが監督にあたり、「晩餐八時」「南風」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「わたしのすべてを」のヘレン・マック、「南風」のビューラ・ボンディ、「胡蝶となるまで」のラッセル・ハーディー、「ビール万歳」のジーン・ハーショルト、「ジェニイの一生」のH・B・ワーナー、新人ヘレン・シップマン等である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ライオネル・バリモア ヘレン・マック ビューラ・ボンディ

コングの復讐

  • 1933年当年公開
  • 出演(Hilda 役)

「キング・コング(1933)」の続編で同じスタッフによって製作されたものである。主役も同じくロバート・アームストロングで、「わたしのすべてを」のヘレン・マックを始め、フランク・レイチャー、ジョン・マーストン、ヴィクター・ウォン等が助演している。わが国では松井翠声が日本語で解説を加えた日本語版として提供される。

監督
アーネスト・B・シューザック
出演キャスト
ロバート・アームストロング ヘレン・マック フランク・ライヘル ジョン・マーストン

砂上の摩天楼

  • 1933年当年公開
  • 出演(Mamie 役)

「グランド・ホテル」「南風」のラアイオネル・バイモアが主演する映画で、レスター・コーエン作の小説を映画化したもの。原作者自ら映画脚色にあたり、「鉄腕の男」「世界とその男」のジョン・クロムウェルが監督し、「火の翼」「南海の劫火(1932)」のエドワード・クロンジェガーが撮影した。助演者は「生の創め」「奈落の青空」のエリック・リンデン、「雨」「幸運の悪魔」のウィリアム・ガーガン、「透明人間」「魔の家(1932)」のグロリア・スチュアート、「六百万交響楽」「紐育の仇討」のグレゴリー・ラトフ、アラン・ダインハート、ジョージ・ミーカー、ルシアン・リトルフィールド、ヘレン・マックという立派な顔振れである。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ライオネル・バリモア アラン・ダインハート エリック・リンデン ウィリアム・ガーガン

レヴュー艦隊

  • 1933年当年公開
  • 出演(Laurie_Marlowe 役)

新人マーク・サンドリッチが監督したミュージカル映画で、氏自らベン・ホームズと共同して書き下ろしたもの。主役は「ママはパパが好き」「動物園の殺人」のチャールズ・ラグルズで、米国西海岸地方のラジオ界の人気者フィル・ハリス、「沈黙の証人」「巴里の丑満時」のヘレン・マック、「武装ラグビー」のグレタ・ニッセンが共演している。撮影は「ブロンド・ヴィナス」のバート・グレノンの担当。

監督
マーク・サンドリッチ
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ フィル・ハリス グレタ・ニッセン ヘレン・マック
1932年

沈黙の証人

  • 1932年当年公開
  • 出演(Sylvia_Pierce 役)

ジャック・デ・レオン及びジャック・セレスチン合作の舞台劇を「踊子夫人」のダグラス・デオティが脚色し、フォックス社でフランス版の多くを監督しているマルセル・ヴァーネルがR・H・ハウと協同で監督に当たり、「白銀の翼」「速成成金」のジョセフ・オーガストが撮影した。主役は舞台でこの役勤めたことのある英国の舞台俳優ライオネル・アトウィルで、「龍の娘」「悪魔スヴェンガリ」のプラムウェル・フレッチャー、「各国の女」「大西洋横断」のグレタ・ニッセン、舞台出のウウェルドン・ヘイバーン及びヘレン・マックが主なる主演者である。その他メアリー・フォーブス、ウィンダム・スタンジング、アラン・モウプレイ、ハーバート・マンディン、ビリー・ビーヴァンが助演する。

監督
マルセル・ヴァーネル R・L・ハウ
出演キャスト
ライオネル・アトウィル グレタ・ニッセン ウェルドン・ヘイバーン ヘレン・マック

巴里の丑満時

  • 1932年当年公開
  • 出演(Manon_Costaud 役)

「謎の真空管」「鉄窓の女」のヴィクター・マクラグレンを助けて、「沈黙の証人」のヘレン・マック、「蝙蝠は囁く」「蹴球大学」のウィアム・ベークウェル、「ブロンド・ヴィナス」のリタ・ラ・ロイ、ジャック・ラルーが出演する映画で、「愛の暴風」のベイジル・ウーンが脚本を書き下ろし、「陽気な後家さん」「鉄窓の女」のアラン・ドワンが監督し、「ギャングを追う女」「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスが撮影した。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ヘレン・マック ウィリアム・ベイクウェル ジャック・ラルー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・マック