TOP > 映画監督・俳優を探す > 堀川京子

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1958年 まで合計13映画作品)

1958年

東京は恋人

  • 1958年9月23日(火)
  • 出演(花子 役)

「ここに幸あり」等、大津美子のヒットメロディをおりこんだ歌謡映画。寺田信義・江崎実生の脚本を、昇進第一回の井田探が監督、「明日は明日の風が吹く」の岩佐一泉が撮影した。沢本忠雄・堀恭子・小園蓉子・東谷暎子らの若手スターに大津美子が特別出演している。

監督
井田探
出演キャスト
沢本忠雄 堀恭子 大津美子 武藤章生

その女を逃がすな

  • 1958年9月8日(月)
  • 出演(バーチロルの女の子 役)

一人の女の生命を執拗に狙う刑務所帰りの殺人犯と、彼を追う二刑事の活躍を描いたもので原作は島田一男の「刑事部屋・青い顔の男」である。脚色は監督の中平康、監督は若杉光夫、撮影は「夜は俺のものだ」の井上莞。垂水悟郎・木城ゆかり・安井昌二・松下達夫らが出演している。

監督
若杉光夫
出演キャスト
垂水悟郎 木城ゆかり 三田容子 松下達夫

風速40米

  • 1958年8月12日(火)
  • 出演(芸者A 役)

お馴染み石原裕次郎のアクション・ドラマ。なかでも、颱風下の大アクションが売り物。雑誌『平凡』連載の松浦健郎の原作を、原作者自身が脚本化し、(松浦健郎の最近作には「血の岸壁」の共同脚本がある。)「霧の中の男」の蔵原惟繕が監督を、「死の壁の脱出」の横山実が撮影を、それぞれ担当した。主演は「素晴しき男性」のコンビ、石原裕次郎・北原三枝。ほかに、「運河」の渡辺美佐子、「知と愛の出発」の川地民夫。助演に、宇野重吉、山岡久乃、金子信雄とヴェテランを揃える。色彩はコニカラー。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
石原裕次郎 北原三枝 渡辺美佐子 川地民夫

夜は俺のものだ

  • 1958年7月13日(日)
  • 出演(杉文子 役)

町医者の家にふとした事件が縁で、兇悪犯四人が同居するというサスペンス・ドラマ。島田一男の「刑事部屋・もう一人知っている」より阿部桂一が脚色、森園忠が監督、井上莞が撮影した。出演は、菅井一郎・沢本忠雄・東谷暎子・高野由美など。

監督
森園忠
出演キャスト
菅井一郎 高野由美 伊藤周子 沢本忠雄

大阪娘と野郎ども

  • 1958年6月1日(日)
  • 出演(社長秘書 役)

「東京野郎と女ども」の姉妹篇で、柳沢類寿と山崎巌のオリジナル・シナリオを、「フランキー・ブーチャンの殴り込み落下傘部隊」の春原政久が監督、「美しき不良少女」の山崎安一郎が撮影した。「美しき不良少女」の中原早苗、「盗まれた欲情」の柳沢真一、「血の岸壁」の岡田眞澄のほか、小沢昭一、若水ヤエ子、市村俊幸らが出演。

監督
春原政久
出演キャスト
中原早苗 小沢昭一 若水ヤエ子 中島そのみ

アンコなぜ泣く

  • 1958年5月27日(火)
  • 出演(アンコ1 役)

「美しい庵主さん」の共同脚色者窪田篤人のシナリオを、「どうせひろった恋だもの」の関喜誉仁が監督、「お月さん今晩わ」の間宮義雄が撮影した歌謡映画。「お月さん今晩わ」の藤島恒夫のほか、牧真介、美多川光子、東谷暎子といった顔ぶれ。

監督
関喜誉仁
出演キャスト
牧真介 美多川光子 藤島恒夫 杉幸彦

陽のあたる坂道(1958)

  • 1958年4月15日(火)
  • 出演(K病院の看護婦 役)

石坂洋次郎の読売新聞連載小説の映画化。田坂具隆と池田一朗の共同脚本を「今日のいのち」の田坂具隆が監督、「素足の娘」の伊佐山三郎が撮影した。主演は「錆びたナイフ」の石原裕次郎と北原三枝、「佳人」の芦川いづみ、渡辺美佐子、その他、千田是也、轟夕起子、山根寿子、小杉勇などのベテランも出演。

監督
田坂具隆
出演キャスト
北原三枝 千田是也 轟夕起子 小高雄二

暗黒街の美女

  • 1958年3月25日(火)
  • 出演(女学生B 役)

「九人の死刑囚」の共同脚本執筆者の一人、佐治乾の脚本を「裸女と拳銃」の鈴木清順が監督、「燃える肉体」の中尾利太郎が撮影した娯楽活劇篇。主演は「永遠に答えず (完結篇)」の水島道太郎に「錆びたナイフ」の白木マリ。他に二谷英明、安部徹、芦田伸介、近藤宏などが助演。

監督
鈴木清順
出演キャスト
水島道太郎 芦田伸介 高品格 安部徹

夜霧の第二国道

  • 1958年2月12日(水)
  • 出演(岡倉洋子 役)

「乳房と銃弾」の山崎巖の脚本を、「心と肉体の旅」の舛田利雄が監督し、「夜の牙」の岩佐一泉が撮影した歌謡ドラマ。主演は「白い悪魔」の小林旭、岡田眞澄、「乳房と銃弾」の香月美奈子、それに「有楽町で逢いましょう」のフランク永井。ほかに堀川京子、三島謙、深江章喜など。

監督
舛田利雄
出演キャスト
小林旭 フランク永井 香月美奈子 堀川京子
1957年

美徳のよろめき

  • 1957年10月29日(火)
  • 出演(元子 役)

三島由紀夫の同名ベストセラー小説の映画化。「海の野郎ども」の新藤兼人が脚色、「殺したのは誰だ」の中平康が監督した。撮影は「鷲と鷹」の岩佐一泉。主演は「鷲と鷹」の月丘夢路、三國連太郎、「誘惑(1957)」の葉山良二、千田是也。ほかに宮城千賀子、安部徹、高友子など。

監督
中平康
出演キャスト
月丘夢路 三國連太郎 青砥方比呂 葉山良二

堀川京子の関連人物

柳瀬志郎  安部徹  林茂朗  河野弘  小泉郁之助 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 堀川京子

ムービーウォーカー 上へ戻る