映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ラッド

年代別 映画作品( 1942年 ~ 2014年 まで合計37映画作品)

1951年

ハリウッド・アルバム

  • 1951年2月20日(火)
  • 出演

「ハリウッド玉手箱」「ハリウッド宝船」と同様、スター連総出演の顔見世ミュージカル・コメディで、パラマウント専属のクロスビー、ホープ、クーパー、ミランド、ラッド、スタンウィク、ゴダード、ラムーア、リザベス・スカット以下のスター、デミル、ライゼンら監督、脚本家のフランク・バトラーなどが登場する。「ロード・シリーズ」「ハリウッド宝船」のダニエル・デア製作になる1947年度作品で、「腰抜け二挺拳銃」のエドモンド・L・ハートマン、フランク・タシュリン、ロバート・L・ウェルチ、モンテ・ブライスの合作書下し脚本を、「森林警備隊」のジョージ・マーシャルが監督した。撮影はライオネル・リンドンとスチュアート・トンプソン、作曲と音楽監督はジョセフ・J・ライリイ。主演はステイジ・ショウ“オクラホマ”から映画初出演のメアリー・ハッチャーと、「氷上円舞曲」のオルガ・サン・ファン。デフォレスト・ケリー、「ジョルスン物語」のウィリアム・デマレスト、「南米珍道中」のフランク・フェイレン、フランク・ファアガスンらが助演する。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
メアリー・ハッチャー オルガ・サン・ファン デフォレスト・ケリー ウィリアム・デマレスト
1946年

最後の地獄船

  • 1946年6月
  • 出演(harles_Stewart 役)

海員法の成立に絡む爽快な海洋劇で「暗黒街の女(1928)」「希望の船」「七日間の休暇」等パラマウント脚本陣で活躍していたジョン・ファーロウが監督に転じて製作したもの。主演は「ガラスの鍵」「青いダリア」等スリラア物によく主演している新人アラン・ラッド、これに囲んで「我が道を往く」で1944年度アカデミー男優助演賞を得た名傍役バリー・フィッツジェラルド、「バーバリー・コースト」以来、強烈な性格で我国にも知られているブライアン・ドンレヴィ、戦時中売出し「アダノの鐘」「青いダリア」等に出演しているウィリアム・ベンディクスが活躍している。その他「エイブ・リンカン」に出演のハロアド・ダ・サリヴァ新人エステル・フェルナンデス等が助演している。

監督
ジョン・ファーロウ
出演キャスト
アラン・ラッド エステル・フェルナンデス ブライアン・ドンレヴィ ウィリアム・ベンディックス
1956年

青い戦慄

  • 1956年7月26日(木)
  • 出演(Johnny 役)

アメリカの探偵作家レイモンド・チャンドラーの書き卸しストーリーによる探偵活劇。監督は「ジャングルの決闘」のジョージ・マーシャル、撮影は「悪魔の島」のライオネル・リンドン、音楽はヴィクター・ヤング。主演は「地獄の埠頭」のアラン・ラッドと「復讐の2連銃」のヴェロニカ・レイク。他に「死の脱獄者」のウィリアム・ベンディックス。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
アラン・ラッド ヴェロニカ・レイク ウィリアム・ベンディックス ハワード・ダ・シルヴァ
1949年

ハリウッド宝船

  • 1949年5月
  • 出演

「アラスカ珍道中」のハル・ウォーカーが監督したミュージカルで、エド・ガードナーが大当たりしたラジオ番組の登場人物を活躍させて「我輩は名剣士」「アラスカ珍道中」のメルヴィン・フランク、ノーマン・パナマのチームが脚本を書き下し、ライオネル・リンドンが撮影した1945年作品。出演はエド・ガードナー、チャールズ・キャンター、エディ・グリーンの3人組、アン・トーマス、パリー・サリヴァン、「五番街の出来事」のヴィクター・ムーア、「スイング・ホテル」のマージョリー・レイノルズ、オルガ・サン・ファン等で、ビング・クロスビイ、ベテイ・ハットン、ポーレット・ゴダード・アラン・ラッド、ドロシイ・ラムーア、ヴェロニカ・レイク・バリイ・フイッシジェフード、ソニイ・タフツその他パラマウントのスター連が特別出演している。

監督
ハル・ウォーカー
出演キャスト
バリー・フィッツジェラルド ヴィクター・ムーア マージョリー・レイノルズ バリー・サリバン
1948年

愛のあけぼの

  • 1948年1月
  • 出演(Dr._Marek_Vance 役)

「最後の地獄船」「青いダリア」のアラン・ラッドと「嘆きの白バラ」「農夫の娘」のロレッタ・ヤングが主演する1944年度作品で、「すべてこの世も天国も」のレイチェル・フィードの小説の映画化である。脚本は「湖中の女」の原作者レイモンド・チャンドラーと「バラはなぜ赤い」のフランク・パートスが協力し、「ベニーの勲章」のアーヴィング・ピチェルが監督に当り、ダニエル・L・ファップが撮影を監督したもの。助演者は「四人の息子(1941)」のスーザン・ヘイワード舞台から来たバリー・サリヴァン等である。

監督
アーヴィング・ピチェル
出演キャスト
アラン・ラッド ロレッタ・ヤング スーザン・ヘイワード バリー・サリバン
2014年

拳銃貸します

  • 2014年1月19日(日)
  • 出演

グレアム・グリーンの原作をフランク・タトル監督が映画化。当時、新人だったアラン・ラッドの出世作。2013年12月21日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「映画史上の名作10」にてデジタル上映。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ヴェロニカ・レイク ロバート・プレストン アラン・ラッド レイアード・クレイガー
1942年

海洋児(1942)

  • 1942年
  • 出演(Newton 役)

「北西への道」のケネス・ロバアツの原作を、グロヴアー・ジョオンズが脚色し、「キッス・タイム」のリチャード・ウォーレスが監督した1942年作品。撮影は「Gメン対間諜」のノーバート・ブロディン。主演は「紀元前百万年」のヴィクター・マチュアで、ルイズ・プラット、レオ・カリーロ(「アリゾナ無宿」)、アラン・ラッド(「別働隊」)、ブルウス・キャボット(「テキサス警備隊」)らが助演する。

監督
出演キャスト
ヴィクター・マチュア ルイズ・プラット レオ・カリーロ ブルース・キャボット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ラッド