映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・ライス

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1935年 まで合計17映画作品)

1935年

硝煙牧場

  • 1935年当年公開
  • 出演(Sourdough_Jenkins 役)

西部劇俳優のスター級を共演せしめた豪華キャスト西部劇である。すなわちハリー・ケイリー、フート・ギブスン、トム・タイラー、ボップ・スチール、グィン・ウィリアムスが顔合わせをする。助演は「僕らの天下」のブーツ・マロリー、「薔薇色遊覧船」のサム・ハーディ、昔はスターだったウィリアム・ファーナム、ウィリアム・デスモンド、フランクリン・ファーナム等である。原作はウィリアム・コールト・マクドナルド作の小説で、アディール・パフィントンが脚色し、「邪神島」ウォーレス・フォックスが監督に、同じくハロルド・ウェンストロムが撮影に、それぞれあたっている。

監督
ウォーレス・フォックス
出演キャスト
ハリー・ケイリー フート・ギブスン グィン・ウィリアムス トム・タイラー
1934年

幌馬車時代

  • 1934年当年公開
  • 出演(Pinwheel 役)

「鉄腕名騎士」「荒野の叫び」と同じくアラン・ジェームズ監督、ケン・メイナード主演、テッド・マッコード撮影になる西部劇でネイト・ガツァートが脚本を書き下ろした。相手役は独立プロダクション等の西部劇に出演していたドロシー・ディックスが勤め、ファイロ・マッカロー、フランク・ライス、ジェイ・ウィルシー、エドワード・コクソン等が助演している。

監督
アラン・ジェームズ
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・ディックス フィロ・マッカロー フランク・ライス
1933年

闘技場の王者

  • 1933年当年公開
  • 出演(Tin_Star 役)

「悍馬征服」等に主演したケン・メイナードが再びユ社を通じて提供する第1回主演西部劇で、メイナード映画を監督しているアラン・ジェームズが監督に当たった。原作はハル・バーガーとレイ・ラウクが共同執筆し、脚色と台詞には監督ジェームズが自ら任じている。撮影は最近ジョン・ウェイン西部劇をクランクしていたテッド・マッコードの担任。助演者は連続映画「空中怪盗団」「冒険島」のルシル・ブラウン、「獣人島」のロバート・コートマン、「闘う隊商」のジェームズ・マーカス、「異国の母」のフランク・ライス、マイケル・ヴィサロフ、ジャック・モワー等。

監督
アラン・ジェームズ
出演キャスト
ケン・メイナード ルシル・ブラウン ジョン・セント・ポリス ロバート・コートマン

突撃西部男

  • 1933年当年公開
  • 出演(Banty 役)

「闘技場の王者」に次ぐケン・メイナード主演西部劇で、ネイト・ガツァートが原作脚色し、スターのメイナードが監督に当たり、例によってテッド・マッコードが撮影したもの。助演者は「空中幽霊」のグロリア・シー、「高原強襲隊」「テキサス無頼漢」のフレッド・コーラーを始め、フランク・ライス、ジョセフ・W・ジラード、ジャック・モワー等である。

監督
ケン・メイナード
出演キャスト
ケン・メイナード グロリア・シー フレッド・コーラー フランク・ライス

熱砂の騎士

  • 1933年当年公開
  • 出演(Riley 役)

「金塊争奪(1932)」と同じくマック・V・ライトが監督したジョン・ウェイン主演西部劇で原作はウィル・レヴィントン・コムフォート、脚色にはジョー・ローチが、撮影にはテッド・マッコードが当たっている。助演者は新進のシャーリー・バーマー、「暁の耕地」のヘンリー・B・ウォルソール、J・P・マッゴワン、フランク・ライス、アン・フェイ等である。

監督
マック・V・ライト
出演キャスト
ジョン・ウェイン ヘンリー・B・ウォルソール シャーリー・パルマー J・P・マッゴワン
1932年

西部の渡り鳥

  • 1932年当年公開
  • 出演(Daniels 役)

「輝く西部」「渓谷の狼児」と同じくジョージ・シュナイダーマンが撮影したゼーン・グレイ西部劇映画で、監督には独立プロの西部劇監督に経験あるルイ・キングが当たり、脚色には「野蛮な紳士」「大海の底」のダドリー・ニコルズが当たっている。助演者は「インチキ競馬」「類猿人ターザン」のモーリン・オサリヴァンを始め、「処女読本(1932)」のウォルター・マッグレイル、モード・エバーン、レジナルド・オーウェン、ウィリアム・パウレイ、ロバート・グリーグ、ドリス・ロイド等である。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
ジョージ・オブライエン モーリン・オサリヴァン ウォルター・マッグレイル モード・エバーン
1931年

海賊(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Fish_Face 役)

「ビッグ・ハウス」のチェスター・モリスが主演する映画で、ウォルトン・グリーン作の通俗小説に基づいて「船出の朝」のジョセフィン・ラヴェットが脚色し、ローランド・ウェストの助監督だったロロー・メロイドとロバート・ロスが共同監督し、「月世界征服(1931)」のレイ・ジューンが撮影した。助演者は「いんちき商売」「マルタの鷹(1931)」のセルマ・トッドがアリソン・ロイドと変名して相手女優を勤めるのを筆頭に、「青春来る(1931)」のウィリアム・オースティン、「新聞街の殺人」のフランク・マクヒュー、「アメリカの悲劇」のエメット・コリガン、「戦う隊商」のフレッド・コーラー、「電話の復讐」のネッド・スパークス、フランク・ライス等である。

監督
ロロー・ロイド ロバート・ロス
出演キャスト
チェスター・モリス アリソン・ロイド ウィリアム・オースティン フランク・マクヒュー

征服群

  • 1931年当年公開
  • 出演(SpudGrogan 役)

かつて「北緯三十六度」として無声映画時代にも製作されたことのあるエマーソン・ホウの原作を「危険なる楽園」「西部の星影(1930)」のグローヴァー・ジョーンズとウィリアム・スレイヴンス・マクナットが脚色し「駄法螺成金」「嵐に咲く花」のエドワード・スローマンが監督したもので、主演者は、「喰人島征服」「国境の狼群(1930)」のリチャード・アーレンとフェイ・レイ、助演者はクロード・ギリングウォーター、アイヴァン・マクラレン、ジェームズ・ダーキンなどでキャメラは「喰人島征服」「屠殺者(1930)」のアーチー・スタウトが担任。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
リチャード・アーレン フェイ・レイ クロード・ギリングウォーター アイヴァン・マクラレン
1929年

決死の冒険王

  • 1929年当年公開
  • 出演(Flapjack 役)

「驀進メイナード」「曲馬王」と同じくハリー・ジェー・ブラウン氏が監督したケン・メイナード氏主演西部劇で、「爆弾突進」「驀進メイナード」と同じくベネット・コーエン氏が執筆した。相手役は「結婚商売」「ジェス・ジェームス」のノラ・レーン嬢が勤め、ジェー・ビー・マッゴワン氏、ポール・ハースト氏等が助演し例の如くターザンが活躍している。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ケン・メイナード ノラ・レーン Howard Truesdall ポール・ハースト

砂丘を越えて

  • 1929年当年公開
  • 出演(Stage_Driver 役)

「人生の乞食」「中華街の夜」に主演しかウォーレス・ビアリー氏の西部劇で「崩るる天地」「夕陽の峠」と同じくゼーン・グレイ氏原作、オットー・プラワー氏監督になるもので、脚色にはアグニス・プランド・リイ女史とジェー・ウォルター・ルーベン氏とサム・ミンツ氏が当った。共演者は「父と子」「野球王」のジーン・アーサー嬢、「底抜け騒ぎ」のフィリップス・ホームズ氏、「タキシー十三号」のチェスター・コンクリン氏、「非常線(1928)」のフレッド・コーラー氏、等である。

監督
オットー・ブラワー
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ジーン・アーサー フィリップス・ホームス フレッド・コーラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・ライス