映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァージニア・ブラウン・フェアー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1931年 まで合計20映画作品)

1931年

ラスト・ライド

  • 1931年当年公開
  • 出演(Doris_White 役)

アーサー・ホエール原作、脚色、デューク・ウォーン監督、M・A・アンダーソン撮影にかかる映画で、出演者の顔ぶれは「天下無敵」「父と子」のドロシー・レヴィア、ヴァージニア・ブラウン・フェアー、フランク・メイオ、トム・サンチ、フランシス・フォード、ボビイ・ダンの面々である。

監督
デューク・ウォーン
出演キャスト
ドロシー・レヴィア ヴァージニア・ブラウン・フェアー チャールズ・モートン フランク・メイオ
1929年

ドノヴァン

  • 1929年当年公開
  • 出演(Mary_Mills 役)

オウェン・デヴィス氏作の同名の舞台劇を映画化したものでドロシー・ホウェル女史の脚色により「サブマリン」「陽気な踊子」と同じくフランク・キャプラ氏が監督した。主役は「サブマリン」「軍法会議(1928)」のジャック・ホルト氏と「サブマリン」「タイグレス」のドロシー・レヴィア嬢とであるが、そのほか「雨製造者」「漂泊い人」のウィリアム・コリアー・ジュニアー氏、「熱砂の舞」のアグネス・エイアース嬢、を始めとしてジョン・ローシュ氏、フレッド・ケルシー氏、ヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢、エドワード・ハーン氏、ウィーラー・オークマン氏、等が出演している。発声版の方はオール・トーキーとなっている。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ジャック・ホルト ドロシー・レヴィア ウィリアム・コリアー・ジュニア ジョン・ローシュ
1928年

任侠の勇士

  • 1928年当年公開
  • 出演(Dolores_Castanares 役)

「曲馬王」「拳銃大王」等と同じくケン・メイナード氏出演西部劇で、マリオン・ジャクソン女史が書き下ろした台本により「単騎奮迅」「大陸大王」「黎明の丘(1928)」を監督したアルバート・S・ロージェル氏が監督したもの。相手役は「拳銃大王」「イバニエズの激流」等に出演したヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢で、エリック・メイン氏、セオドア・ローチ氏等が助演し、名馬ターザン号が活躍している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード ヴァージニア・ブラウン・フェアー エリック・メイン セオドア・ローチ
1927年

激流に逆いて

  • 1927年当年公開
  • 出演(Marcella_Bradley 役)

「ロンドンの丑満時」「白牙に衂りて」等と同じく犬優リン・ティン・ティンが主演する活劇で、セネット喜劇やワーナー社でエディターたりしレイ・エンライト氏が監督昇進第一回作品である。原作はグレオリー・ロジャース氏、脚色はジョニー・グレイ氏、撮影はエド・デュパー氏で、助演俳優は「人生サーカス」のジェイソン・ロバーズ氏、「明眸罪あり」のバージニア・ブラウン・フェアー嬢を始め、トム・サンチ氏、セオドア・ローチ氏ウイルフレッド・ノース氏及び雌犬ナネットである。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
リン・ティン・ティン ジェイソン・ロバーズ Sr ヴァージニア・ブラウン・フェアー トム・サンチ

地熱

  • 1927年当年公開
  • 出演(Maria 役)

サタデー・イブニング・ポスト紙に掲載されたルシアン・ケイリー氏の原作小説をグレアム・ベイカー氏が脚色し、「珍雄凱旋」「指紋名探偵」等のロイド・ベーコン氏が監督したもので、主演者は「人生サーカス」「操人形糸違い」のジェイソン・ロバーズ氏。助演者としてヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢、ジョージ・ニコルズ氏、ルイズ・ドレッサー夫人、ワーナー・リッチモンド氏等が出ている。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジェイソン・ロバーズ Sr ジョージ・ニコルズ ルイズ・ドレッサー ヴァージニア・ブラウン・フェアー
1926年

快漢砂麈を蹴って

  • 1926年当年公開
  • 出演(Mildred_Dean 役)

「横転逆転白雪の巻」「鉄拳火花を散らして」等と同じくバック・ジョーンズ氏主演西部劇で、ジャクソン・グレゴリー氏が書卸した物語をランドール・H・フェイ氏が脚色し、「万難迎撃」「狂人大車輪」等と同じくスコット・ダンラップ氏が監督したもの。相手役は「嵐の翼」「明眸罪あり」等出演のヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢が勤め、マルコム・ウエイト氏、J・W・ジョンストン氏、チャールズ・ブリンリー氏等が助演している。

監督
スコット・ダンラップ
出演キャスト
バック・ジョーンズ ヴァージニア・ブラウン・フェアー J・W・ジョンストン マルコム・ウエイト

木っ葉野郎

  • 1926年当年公開
  • 出演(Della_Whitmore 役)

B・M・バワース氏の小説をハリー・ディットマー氏とリン・F・レイノルズ氏とが脚色し「戦火」「豪気堂々」等と同じくリン・F・レイノルズ氏が監督したものである。「曠原の覇者」「悍馬は猛る」とおなじくフート・ギブスン氏がフィロ・マッカロー氏を相手として活躍している。「悍馬は猛る」「我れ世に誇る」等出演のヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢である。

監督
リン・F・レイノルズ
出演キャスト
フート・ギブスン ヴァージニア・ブラウン・フェアー フィロ・マッカロー ノラ・セシル

名犬雷鳴

  • 1926年当年公開
  • 出演(Anita_Baker 役)

名犬サンダー主演映画でローレンス・W・ペドローズ氏作の物語をドロシー・ヨースト女史とL・G・リグビー氏とが脚色し、「破竹の勢」「大自然の雄叫び」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督したものである。助演俳優は「鉄蹄万里」「木つ葉野郎」等出演のヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢、「燥発男児」「鉄蹄万里」等出演のリード・ハウス氏、「音なき警報」「海の洗礼」等出演のウィリアム・ラッセル氏及びハンク・マン氏である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ヴァージニア・ブラウン・フェアー リード・ハウス ウィリアム・ラッセル ハンク・マン

明眸罪あり

  • 1926年当年公開
  • 出演(Celinda 役)

「我等の海」「血と砂(1922)」等と同じくビセント・ブラスコ・イバニエス氏作の小説を映画化したもので、ドロシイ・ファーナム女史が脚色し、「紅百合」「血と砂(1922)」等と同じくフレッド・ニブロ氏が監督した。主役は「喜びなき街」出演のグレタ・ガルボ嬢が渡米後の第二回主演映画として演じ、相手役は「我等の海」「ひととせの命」等出演のアレトニオ・モレノ氏が勤め、「美しき婦人」出演のロイ・ダルシー氏、「ベルス(1926)」「アメリカ」出演のライオネル・バリモア氏を始め、マーク・マクダーモツト氏、ヴァージニア・ブラウン・フエーア嬢等が共演している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
グレタ・ガルボ アントニオ・モレノ ロイ・ダルシー マーク・マクダーモット
1925年

悍馬は猛る

  • 1925年当年公開
  • 出演(Ma_ie_LaFarge 役)

リチャード・スカイヤー氏とドン・リー氏とが合作し、ハーバート・ブラッシュ氏 とが監督した西部劇で、主役は「西部征服」「幽霊牧場(1925)」等主演のフート・ギブスン氏が演じ、ヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢が助演している。

監督
ハーバート・ブラッシュ
出演キャスト
フート・ギブスン ヴァージニア・ブラウン・フェアー クラーク・コムストック イネス・シーベリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァージニア・ブラウン・フェアー