映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシル・ワード

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1936年 まで合計12映画作品)

1936年

ブダペストの動物園

  • 1936年
  • 出演(Miss_Murst 役)

パラマウントを退社したジェシ・L・ラスキイの独立第1回作品で、「貨物船と女」「奥様御寵愛」の脚色家メルヴィル・ベイカーがジャック・カークランドと共同して書き下ろした物語を、「支配する声」「ワイオミングの男」のローランド・V・リーが監督したもので、脚色には監督者リーが「暁の偵察」のダン・トザロー、「戦争と貞操」にルイズ・ロングと協力している。主演は「生の創め」「放浪息子」のロレッタ・ヤングと「六月十三日の夜」「百万円貰ったら」のジーン・レイモンドが勤め、「永遠に微笑む」のO・P・ヘギー、「農園のレベッカ」のウォーリー・オルブライト、ポール・フィックス、ロイ・スチュアート等が助演している。カメラは「ミス・ダイナマイト」「永遠に微笑む」のリー・ガームスの担当。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ジーン・レイモンド O・P・ヘギー ウォーリー・オルブライト
1932年

農園のレベッカ

  • 1932年
  • 出演(Pig_Woman 役)

「ほほえみの街」のマリアン・ニクソンと「真実の力」のラルフ・ベラミーが主演する映画で、ケイト・ダグラス・ウィギンとシャーロット・トンプソン合作の同名の舞台劇に基づいて「脱走兵」のS・N・ベールマンと「デリシャス」のソニア・レブィーンとが共同して脚色し「陽炎の春」「地獄のサーカス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスが撮影したもの。助演者は「オーバー・ザ・ヒル」のメイ・マーシュ、「ロイドの活動狂」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「母」のアラン・ヘール、「腕白大将」のシャーロット・ヘンリー、サラ・パッデン、ユーラ・ガイ、クレア・マクドウェル等。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マリアン・ニクソン ラルフ・ベラミー メエ・マーシュ ルイズ・クロッサー・ヘイル
1926年

スキナーの夜会服

  • 1926年
  • 出演(Mrs._Jackson 役)

ヘンリー・アーヴィング・ドッジ氏作の小説に基づきレックス・テイラー氏が脚色したものを「ジョーンズの大事件」「天下の窮児」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもので右記二映画に主演したレジナルド・デニー氏が「えくぼ御用心」「乙女の危険期」等主演のローラ・ラ・プラント嬢を相手役として主演している。ライオネル・ブラーム氏、ウィリアム・ストラウス氏、ヘッダ・ホッパー嬢が助演するユーモラスな喜劇である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
レジナルド・デニー ローラ・ラ・プラント ヘッダ・ホッパー E・J・ラトクリフ
1925年

我こそは大王なり

  • 1925年
  • 出演(Nurse 役)

ハリー・レオン・ウィルソン氏作の小説からジュリアン・ジョセフソン氏が脚色し、「豪風を衝いて」「恋の舞台姿」等と同じくハリー・ボーモン氏が監督したものである。「美人食客」と同じくマット・ムーア氏がドロシー・デヴォーア嬢、デイヴィッド・バトラー氏と共演し、ジョージ・ニコルズ氏、ヘレン・ダンバー嬢、ゲイン・ホイットマン氏等が助演する。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
マット・ムーア ドロシー・デヴォーア デイヴィッド・バトラー ジョージ・ニコルズ

世界の女

  • 1925年
  • 出演(Lou_Poore 役)

カール・ヴァン・ベェヒテン氏作の小説「刺青された伯爵夫人」を映画化したものでピエール・コリングス氏が脚色し、「三日伯爵」「姫君と給仕」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督し「スエズの東」「嘆きの白薔薇」等主演のポーラ・ネグリ嬢、助けて「漂泊い人」等出演のホームズ・ハーバート氏、「アメリカ」出演のチャールズ・エメット・マック氏、「三日伯爵」出演のチェスター・コンクリン氏等が出演するほか、ブランシュ・メハフィー嬢、ガイ・オリヴァー氏、ドット・ファーレイ嬢、ルシル・ワード嬢も助演している。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ポーラ・ネグリ チャールズ・エメット・マック ホームズ・ハーバート ブランシュ・メハフィー

加州目指して

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Browne 役)

バイロン・モーガン氏とハリー・ポラード氏がデニー氏の為に書き卸し、ポラード氏がベアトリス・ヴァン女史と主に脚色し、「女難襲来」「おお、先生」と同じくポラード氏が監督した自動車喜活劇で、主役はレジーノールド・デニー氏、相手役は「そばかす大統領」「処女時代」等主演のガートルード・オルムステッド嬢が演じ、トム・ウィルソン氏、チャールズ・ジェラード氏等が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
レジナルド・デニー ガートルード・オルムステッド トム・ウィルソン チャールズ・ジェラード

おお、先生

  • 1925年
  • 出演(Aunt_Beulah_Rush 役)

カタデイ・イヴニング・ポースト誌に連載されたハリー・レオン・ウィルソン氏原作の同じ名の小説に基づき、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「大速力王」「無鉄砲時代」等と同じくハリー・ポラード氏監督、レジナルド・デニー氏出演の許に作られた喜活劇で、デニー氏の相手は「ボー・ブラムメル」「情夫奮起せば」等出演のメアリー・アスター嬢である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
レジナルド・デニー メアリー・アスター オーティス・ハーラン William Mong
1924年

大速力王

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Rockford 役)

「大陸突破」「爆音千里」その他無数の自動車活劇の原作を書いて有名なバイロン・モーガンの原作を、ハーヴェイ・シュウが脚色し「拳闘王」「最後の一塁」等と同じくハリー・A・ポラードが監督した。主役は「拳闘王」「阿修羅と猛りて」等主演のレジナルド・デニーで、最近ユ社のスターに昇格した、ローラ・ラ・プラントが対手役である。壮快な自動車喜活劇である。

監督
ハリー・A・ポラード
出演キャスト
レジナルド・デニー ローラ・ラ・プラント ハラム・クーリー フレデリック・ブルーム

豪傑ラリー

  • 1924年
  • 出演(Aunt_Cicily 役)

ラリー・シーモン氏の第一回長編喜劇でチャドウィック社の製作である。すなわち「笑国万歳」の前の作品で、原作はウィルソン・コリソン氏およびエイブリー・ホプウッド氏原作の舞台劇を、シーモン氏自身監督したものである。対手役は「我れ一度怒れば」「天晴トニー」等出演のクレア・アダムス嬢で、喜劇俳優として有名なチャールズ・マレイ氏も出演している。

監督
ラリー・シーモン
出演キャスト
ラリー・シーモン クレア・アダムス チャールズ・マレイ ルシル・ワード
1923年

巨人大望

  • 1923年
  • 出演(Mrs._Smith 役)

ウォルター・ハイアーの第2回主演映画で、フランク・コンドンの原作を、グラント・カーペンターが脚色、「悪魔の眠る時」「男になる迄」等と同じくジョセフ・ヘナベリーが監督した。対手役は「剣劇の響」「干潮」等のジャクリーン・ローガン。その他リカルド・コルテス、チャールズ・オーグル等も共演する。痛快な喜活劇である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ウォルター・ハイアース ジャクリーヌ・ローガン リカルド・コルテス チャールズ・オーグル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシル・ワード