映画-Movie Walker > 人物を探す > リー・メリウェザー

年代別 映画作品( 1963年 ~ 1969年 まで合計4映画作品)

1969年

大いなる男たち

  • 1969年10月25日(土)
  • 出演(Margaret 役)

南北戦争直後の西部を舞台に、元北軍と南軍の兵士がくりひろげる、男と男のドラマ。監督はフォードの後継者と目される「バンドレロ」のアンドリュー・V・マクラグレン。また、スタンリー・L・ホーの短編小説の脚色を「アルフレッド大王」のジェームズ・リー・バレットが担当。撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽ならびに指揮はヒューゴー・モンテネグロ、コスチューム・デザイン担当はビル・トーマス。なお、製作には「その男ゾルバ」のロバート・L・ジャックスが当たっている。出演は、この作品が俳優生活40周年のジョン・ウェイン、「北極の基地・潜航大作戦」のロック・ハドソン、メキシコの人気俳優トニー・アギラ、プロ・フットボールから映画入りしたロマン・ゲブリエルとマーリン・オルセン、また女優陣は「バットマン(1966)」のリー・メリウェザー、新人メリッサ・ニューマン、マリアン・マッカーゴ。

監督
アンドリュー・V・マクラグレン
出演キャスト
ジョン・ウェイン ロック・ハドソン トニー・アギラ ロマン・ゲブリエル
1967年

バットマン(1966)

  • 1967年3月14日(火)
  • 出演(The_Catwoman (Kitka) 役)

ボブ・ケーンの同名の漫画を、ロレンゾ・センプル・ジュニアが脚色し、TV版と同じくレスリー・H・マーティンソンが監督した。撮影はハワード・シュワルツ、音楽は「結婚専科」のネルソン・リドルが担当した。出演はTVと同じくアダム・ウェストとバート・ワードのコンビ、ミス・アメリカの新人リー・メリウェザーほか。製作は「サンセット77」「ギャラントメン」「バットマン」などのTVシリーズを放っているウィリアム・ドジア。

監督
レスリー・H・マーティンソン
出演キャスト
アダム・ウェスト バート・ワード リー・メリウェザー セザール・ロメロ

殺人鯨ナム

  • 1967年4月21日(金)
  • 出演(Kate_Rand 役)

「フリッパー(1963)」のアーサー・ワイスの脚本を「セールスマンの死」のラズロ・ベネデックが製作・監督した海の凶暴な動物シャチと人間の交流を描いた映画。撮影はラマー・ボーレン、音楽はサミュエル・マトロフスキーが担当した。出演はロバート・ランシング、ジョン・アンダーソン、ロビン・マットソンのほか体長8メートル、体重5トンのシャチが活躍する。総製作にはアイヴァン・トースがあたっている。

監督
ラズロ・ベネデク
出演キャスト
ロバート・ランシング ジョン・アンダーソン ロビン・マットソン リチャード・アードマン
1963年

4Dマン

  • 1963年12月14日(土)
  • 出演(Linda Davis 役)

厚いブロックや鋼鉄の壁をつき通す、どこにも障害物がない4次元の世界を扱ったSFドラマ。「パラダイス」のジャック・H・ハリスが製作、アービン・S・イヤワース・ジュニアが監督をセオドア・J・ファールが撮影、特殊撮影とバート・スローンがそれぞれ担当した。出演者は「4Dマン」をロバート・ランシングが、ミス・アメリカで「ダイヤルMを廻せ!」のリー・メリウェザー、「奇跡の人(1962)」のパティ・デューク、演劇界からジェームズ・コングドンなど。

監督
アービン・ショーテス アービン・S・イヤワース・ジュニア
出演キャスト
ロバート・ランシング リー・メリウェザー ジェームズ・コングドン ロバート・ストラウス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リー・メリウェザー