TOP > 映画監督・俳優を探す > トミー・ヌーナン

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1957年 まで合計6映画作品)

1957年

歓びの街角

  • 1957年3月9日(土)
  • 出演(Freddie_Miller 役)

エディ・フィッシャー、デビー・レイノルズの夫婦共演第1回のミュージカル・コメディ。フェリックス・ジャクソンのストーリーを「恋は巴里で」のノーマン・クラスナと、ロバート・カースン、アーサー・シークマンが脚色、「底抜け西部へ行く」のノーマン・タウログが監督した。撮影は「征服者(1955)」のウィリアム・スナイダー、音楽は「陽気のせいデス」のウォルター・シャーフ。主演は「艦隊は踊る」のデビー・レイノルズ、映画初出演のエディ・フィッシャーを中心に、「恋は巴里で」のトミー・ヌーナン、アドルフ・マンジュウ、新進のニタ・タルボットなど。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
エディ・フィッシャー デビー・レイノルズ アドルフ・マンジュウ トミー・ヌーナン

誇りを汚すな

  • 1957年5月15日(水)
  • 出演(Charles_Ford 役)

西部の無法者ジェン・ジェイムスを一ひねりした西部劇。製作者のカール・K・ヒットルマンの原作をジャック・ナットフォードが脚色、編集者出身のアーサー・デイヴィッド・ヒルトンが監督した。撮影はカール・ストラッス、音楽はアルバート・グラッサー。主演は「善人は若死にする」のジョン・アイアランドに「脱獄者の秘密」のアン・ヴォーザーク。ほかに「地獄への道」のヘンリー・ハルなど。

監督
アーサー・デイヴィッド・ヒルトン
出演キャスト
ジョン・アイアランド アン・ヴォーザーク ヘンリー・ハル リード・ハドレー
1956年

恋は巴里で

  • 1956年10月19日(金)
  • 出演(Al 役)

「ホワイト・クリスマス」の脚本家のノーマン・クラスナが、自ら脚本・制作・監督に当る、パリを舞台の外交諷刺喜劇。撮影は「悪者は地獄へ行け」のミシェル・ケルベ、音楽はジャック・メテアンと、いずれもフランスのスタッフ。クリスチャン・ディオールが衣装を担当し、パリ国立オペラ座やファッション・ショウが次々と登場する。出演者は「見知らぬ人でなく」のオリヴィア・デ・ハヴィランド、「ハリーの災難」のジョン・フォーサイス、「綱渡りの男」のアドルフ・マンジュウ、4年ぶりに映画復帰のマーナ・ローイ、他にエドワード・アーノルド、トミー・ヌーナンなど。

監督
ノーマン・クラスナ
出演キャスト
オリヴィア・デ・ハヴィランド ジョン・フォーサイス マーナ・ローイ アドルフ・マンジュウ
1955年

恐怖の土曜日

  • 1955年7月15日(金)
  • 出演(Harry_Reeves 役)

「地上より永遠に」のバディ・アドラーが1955年に製作したギャング映画。ウィリアム・L・ヒースの小説から「六つの橋を渡る男」のシドニー・ボームが脚色し、リチャード・フライシャーが監督に当たった。撮影は「三人の狙撃者」のチャールズ・G・クラーク、音楽は「ヴェラクルス」のヒューゴー・フリードホーファーである。「エジプト人」のヴィクター・マチュア以下、「野性の女(1955)」のリチャード・イーガン、「地獄の狼」のスティーブン・マクナリー、「白い羽根」のヴァージニア・リース、「スタア誕生(1954)」のトミー・ヌーナン、リー・マーヴィン、マギー・ヘイス、J・キャロル・ナイシュ、アーネスト・ボーグナイン、それに往年のスター、シルヴィア・シドニーなどが出演する。

監督
リチャード・フライシャー
出演キャスト
ヴィクター・マチュア リチャード・イーガン スティーブン・マクナリー ヴァージニア・リース

スタア誕生(1954)

  • 1955年5月27日(金)
  • 出演(Danny_McGuire 役)

「オズの魔法使い」のジュディ・ガーランドがカムバックして「三つの恋の物語」のジェームズ・メイスンと共演する1954年作品。かつてウィリアム・A・ウェルマン監督で映画化されたドラマを今度はミュージカルとして「アダム氏とマダム」のジョージ・キューカーが監督した。脚色は「アンデルセン物語」のモス・ハート、製作者はジュディ・ガーランドの夫シドニー・ラフトである。撮影は「カーメン・ジョーンズ」のサム・リーヴィット、音楽監督はレイ・ハインドーフ。「毒薬と老嬢」のジャック・カーソン、「恋は青空の下」のチャールズ・ビックフォード、「紳士は金髪がお好き(1953)」のトミー・ヌーナン、ルーシー・マーロー、アマンダ・ブレイクらが共演する。日本では短縮版が公開される。オリジナル板は181分。後に修復のためスチール写真を組み入れた176分が制作されている。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
ジュディ・ガーランド ジェームズ・メイソン ジャック・カーソン チャールス・ビックフォード
1953年

紳士は金髪がお好き(1953)

  • 1953年8月19日(水)
  • 出演(Gus Esmond 役)

「栄光何するものぞ」のソル・C・シーゲルが製作したテクニカラーのミュージカル・コメディ、1953年作品。1928年に映画化されたアニタ・ルーズの原作小説より、ルーズとジョセフ・フィールズが舞台用に書いた台本を、「死の接吻(1947)」のチャールズ・レデラーが脚色し、「果てしなき蒼空」のハワード・ホークスが監督した。撮影は「腰抜け 二挺拳銃の息子」のハリー・J・ワイルド、音楽監督は「ナイアガラ」のライオネル・ニューマンの担当。主演は「人生模様」のマリリン・モンローと「ならず者」のジェーン・ラッセルで、チャールズ・コバーン「パラダイン夫人の恋」、エリオット・リード、トミー・ヌーナン、ジョージ・ウィンスロウ、マルセル・ダリオらが助演する。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジェーン・ラッセル マリリン・モンロー チャールズ・コバーン エリオット・リード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > トミー・ヌーナン

ムービーウォーカー 上へ戻る