TOP > 人物を探す > キャロル・ヒューズ

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1953年 まで合計3映画作品)

1953年

血闘(1952)

  • 1953年1月4日(日)
  • 出演(Pierrette 役)

「大地は怒る」のケイリー・ウィルソンが制作する1952年色彩作品で、「海の征服者」ラファエル・サバティニの著名な原作を映画化した伝記時代劇である。脚色はロナルド・ミラーと「ミニヴァー夫人」のジョージ・フロシェールが協力、「ショウ・ボート(1951)」のジョージ・シドニーが監督した。撮影は「ショウ・ボート(1951)」のチャールズ・ロシャー、音楽はヴィクター・ヤングが担当する。主演は「キング・ソロモン」のステュワート・グレンジャー、「ヴァレンチノ」のエレノア・パーカー、「ママの青春」のジャネット・リー、「勇敢な牝牛」のメル・ファーラーで、以下「ミニヴァー夫人」のヘンリー・ウィルコクスン、「巴里のアメリカ人」のニナ・フォック、「ミズーリ横断」のリチャード・アンダーソンらが助演する。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
スチュワート・グレンジャー エレノア・パーカー ジャネット・リー メル・フェラー
1937年

作家と御婦人

  • 1937年
  • 出演(Manicurist 役)

「スタアと選手」「砲煙と薔薇」のマリオン・デイヴィースが「結婚十分前」「真珠と未亡人」のロバート・モンゴメリーと共に主演する映画で、マーガレット・リーとジーン・ベイカーが書卸し、「カジノ・ド・パリ」のアール・ボールドウィン、「武侠少年」のリリー・ヘイワードがローレンス・ライリーと共同脚色し、「札つき女」「女スタアと選手」のロイド・ベーコンが監督に当たり、撮影は「スタアと選手」のジョージ・バーンズが担任した。助演者は「弾丸か投票か」のフランク・マクヒュー、「スタアと選手」のアレン・ジェンキンス、「カジノ・ド・パリ」のパッシー・ケリー、「踊る三十七年」のルイズ・ファゼンダ、「Gメン」のバートン・マクレーン、「お化けトラクター」のキャロル・ヒューズ等の面々である。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ロバート・モンゴメリー フランク・マクヒュー パッシー・ケリー
1936年

お馬に乗って

  • 1936年
  • 出演(Mary_Hilton 役)

「お化けトラクター」「ブラウンの千両役者」と同じくジョー・E・ブラウン主演喜劇で、「コリーン」のピーター・ミルンと「お化けトラクター」のヒュー・カミングスが協力して書き下ろした脚本により、ウィリアム・マクガンが監督に当たった。撮影は「ロマンス乾杯」のL・ウィリアム・オコンネルが受け持った。助演者は「お化けトラクター」のキャロル・ヒューズ、「颱風」のスキーツ・キャラガー、「海行かば(1935)」のジョセフ・キング、「街の花嫁」のゴードン・エリオット、「シスコ・キッド(1935)」のジョージ・E・ストーン、「上海」のオリーヴ・テル等という顔ぶれである。

監督
ウィリアム・マクガン ヒュー・カミングス
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン キャロル・ヒューズ スキーツ・ギャラガー ジョセフ・キング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > キャロル・ヒューズ