映画-Movie Walker > 人物を探す > 春日とも子

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1956年 まで合計14映画作品)

1956年

大学の石松 ぐれん隊征伐 太陽族に挑戦す(二部作)

  • 1956年当年公開
  • 出演(美代子 役)

前作「大学の石松」に続いて“小説倶楽部”連載の宮本幹也の原作から「甲武信嶽伝奇 (三部作)」の松浦健郎が脚色、「にっぽんGメン 特別武装班出動」の小石栄一が監督、「宝島遠征」の佐藤三郎が撮影を担当した。主な出演者は「にっぽんGメン 特別武装班出動」の高倉健、高木二朗、「野郎ども 表へ出ろ」の山形勲、「無法街」の中原ひとみ、その他杉狂児、藤井貢、花澤徳衛、岸井明のベテランに落語の古今亭今輔など。

監督
小石栄一
出演キャスト
高倉健 高木二朗 山形勲 中原ひとみ

夕日と拳銃

  • 1956年9月18日(火)公開
  • 出演(千代 役)

血と黄塵、満蒙の原野に跳梁する馬賊の群!若き名門の反逆児、伊達麟之介の半生を描く。檀一雄の長篇小説より「恐怖の逃亡」の沢村勉が脚色、「母子像」の佐伯清が監督した。撮影は同じく藤井静の担当。イーストマン東映カラーを採用、色彩考証は「怪談千鳥ケ淵」の和田三造。主演は「満月あばれ笠」の東千代之介が現代劇第一回出演。これに「地下鉄三四郎」の三条美紀、日野明子、「忍術快男児」の波島進、「水戸黄門漫遊記 鳴門の妖鬼」の浦里はるみ、「大学の石松 ぐれん隊征伐 太陽族に挑戦す (二部作)」の高倉健、春日とも子、「飯沢匡作「二号」より ある女の場合」の村瀬幸子、新人岡田敬子、「地下鉄三四郎」の高木二朗、「野郎ども 表へ出ろ」の南原伸二、「海の百万石」の進藤英太郎、「満月あばれ笠」の宇佐美諄、その他坂本武、小沢栄、加藤嘉、神田隆など。

監督
佐伯清
出演キャスト
東千代之介 山手弘 加藤嘉 村瀬幸子

宝島遠征

  • 1956年7月20日(金)公開
  • 出演(娘A 役)

“桃太郎”のお伽噺をオペレッタ化したミュージカル篇。「喧嘩鴛鴦」の小国英雄、「笑いの魔術師」の中田竜雄と岡田豊三人の合作による脚本を「三っ首塔」の小林恒夫が監督、「げんこつ社員」の佐藤三郎が撮影を担当。主な出演者は「おしどり囃子」の美空ひばりの他、歌手の川田孝子、エノケン、堺、キートン、岸井明、川田晴久など喜劇陣総出演。

監督
小林恒夫
出演キャスト
美空ひばり 川田孝子 榎本健一 岸井明

笑いの魔術師

  • 1956年6月14日(木)公開
  • 出演(洋子 役)

「鼻の六兵衛」に続く、喜劇シリーズの一篇。南平治の原案を「鼻の六兵衛」の中田竜雄が岡田豊と共同で脚本化し、同じく「鼻の六兵衛」の津田不二夫が監督、福島宏が撮影を担当した。主な出演者は「お父さんはお人好し かくし子騒動」の堺駿二、「お父さんはお人好し 産児無制限」の川田晴久、「大当り男一代」の益田キートン、「忍術武者修業」のトニー谷、「無敵の空手! チョップ先生」の藤里まゆみなど。

監督
津田不二夫
出演キャスト
堺駿二 益田キートン 藤里まゆみ 吉川英蘭

大学の石松

  • 1956年5月18日(金)公開
  • 出演(昌子 役)

平凡に連載された宮本幹也の原作を、「黒帯有情 花と嵐」の松浦健郎が、山崎巌と共同脚色した“石松もの”の続篇。監督は「水戸黄門漫遊記 怪力類人猿」の伊賀山正光(正徳改め)。撮影は「鼻の六兵衛」の福島宏。主な出演者は「無敵の空手! チョップ先生」の高倉健、藤里まゆみ、「頑張れゴンさん」の山口勇、花澤徳衛など。

監督
伊賀山正光
出演キャスト
高倉健 宇佐美諄 高木二朗 杉狂児

龍巻三四郎

  • 1956年4月11日(水)公開
  • 出演(珠子 役)

城戸礼の小説を「飛燕空手打ち」の共同脚色者の一人、村松道平が脚色、「飛燕空手打ち」の石原均が監督、「狸小路の花嫁」の共同撮影者の一人、藤井静が撮影を担当した。主なる出演者は「警視庁物語 魔の最終列車」の堀雄二、「鼻の六兵衛」の藤里まゆみ、藤井貢、「笛吹若武者」の月丘千秋、「水戸黄門漫遊記 幽霊城の佝僂男」の園ゆき子、「「石狩川」より 大地の侍」の日野明子、他に清水金一など。

監督
石原均
出演キャスト
堀雄二 須藤建 清水金一 園ゆき子

無敵の空手! チョップ先生

  • 1956年4月4日(水)公開
  • 出演(本多洋子 役)

毎日新聞夕刊に連載の今日出海のユーモア小説を、「狸小路の花嫁」のコンビ舟橋和郎が脚色し、小石栄一が監督した。撮影は「警視庁物語 魔の最終列車」の星島一郎。主な出演者は、「雪崩(1956)」の岡田英次、「警視庁物語 魔の最終列車」の堀雄二、「げんこつ社員」の南原伸二、「白扇 みだれ黒髪」の田代百合子、「竜巻三四郎」の藤里まゆみなど。

監督
小石栄一
出演キャスト
岡田英次 堀雄二 南原伸二 高倉健

狸小路の花嫁

  • 1956年2月4日(土)公開
  • 出演(木下紀伊子 役)

産経時事、大阪新聞に連載した林房雄の小説を「十代の反抗」の舟橋和郎が脚色し、「不良少年の母」の小石栄一が監督、「「石狩川」より 大地の侍」の藤井静と「東京摩天街」の佐藤三郎が撮影に当った。主なる出演者は「流星空手打ち」の波島進、春日とも子、「「石狩川」より 大地の侍」の高木二朗、「晴姿一番纏」の千原しのぶ、「花嫁会議」の千秋実、「赤穂浪士」の星美智子、宇佐美諄、「けちんぼ長者」の小宮光江など。なお特別出演として映画中のロケ場面等に東千代之介、長谷川裕見子、三笠博子が顔を見せる。

監督
小石栄一
出演キャスト
波島進 高木二朗 千原しのぶ 春日とも子

流星空手打ち

  • 1956年1月29日(日)公開
  • 出演(鹿島陽子 役)

「電光空手打ち」に続く空手映画、スタッフも「電光空手打ち」と同じであるが、今回は名越義仙の役を前篇小川虎之助に代って山形勲が扮し、新しく「まぼろし怪盗団 (三部作)」の波島進が鹿島耕三役を演じている。日本空手協会協賛映画。

監督
津田不二夫
出演キャスト
高倉健 波島進 春日とも子 山形勲
1955年

花ごよみ八笑人

  • 1955年12月4日(日)公開
  • 出演(梢 役)

落語の『花見の仇討』から「親馬鹿子守唄」のコンビ中田龍雄が脚本を書き、斎藤寅次郎が監督した。撮影は西川庄衛。主なる出演者は「名月佐太郎笠」の堺駿二、「お父さんはお人好し」の益田キートン、「幻術影法師」の東宮秀樹、「東京摩天街」の星美智子など。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
堺駿二 木戸新太郎 益田キートン 野辺かほる
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 春日とも子