映画-Movie Walker > 人物を探す > 中川晴彦

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1957年 まで合計21映画作品)

1957年

永遠に答えず

  • 1957年6月11日(火)公開
  • 出演(十時要三 役)

斎藤豊吉の同名原作、ラジオ東京ほか七局の連続放送劇の映画化。三部作のメロドラマ。「孤独の人」の西河克己と、山内亮一が共同脚色、西河克己が監督した。撮影は「愛ちゃんはお嫁に」の藤岡粂信。主演は「マダム」の月丘夢路、「命も恋も」の葉山良二、「倖せは俺等のねがい」の高田敏江、「反逆者」の浅丘ルリ子。

監督
西河克己
出演キャスト
月丘夢路 小夜福子 葉山良二 畑中蓼坡

池田大助捕物帖 血染の白矢

  • 1957年6月4日(火)公開
  • 出演(松葉町の源太 役)

野村胡堂原作の『池田大助捕物帖』の映画化。「帆綱は唄う 海の純情」の田辺朝巳が脚色、「甲武信嶽伝奇 (三部作)」のコンビ、冬島泰三が監督、古泉勝男が監督した。主演は「反逆者」の長門裕之、「唄祭り喧嘩旅」の美多川光子、坂東好太郎、「勝利者」の安部徹。

監督
冬島泰三
出演キャスト
長門裕之 桜井将紀 若柳敏三郎 澤村國太郎

マダム(1957)

  • 1957年4月24日(水)公開
  • 出演(紺野 役)

風俗作家織田作之助の未亡人織田昭子の同名原作の映画化である。「乳母車」の沢村勉と「孤独の人」の中沢信が共同脚色、監督、撮影は「最後の突撃」のコンビ、阿部豊と峰重義がそれぞれ担当した。主演は「危険な関係(1957)」の月丘夢路、「復讐は誰がやる」の左幸子、「街燈」の葉山良二、「フランキーの宇宙人」の安部徹、藤代鮎子、「8時間の恐怖」の金子信雄。ほかに小園蓉子、岡田眞澄、細川ちか子、堀恭子など。

監督
阿部豊
出演キャスト
月丘夢路 堀恭子 村田杏子 泉桂子

孤独の人

  • 1957年1月12日(土)公開
  • 出演(竹田教師 役)

皇太子に青春を、と数々の話題を捲き起した藤島泰輔原作“孤独の人”の映画化で中沢信が脚色、「しあわせはどこに」の西河克己が監督する文芸篇。撮影は「飢える魂」の高村倉太郎。皇太子には全国の応募者から選ばれた黒沢光郎が扮し、「人間魚雷出撃す」の津川雅彦、芦川いづみ、「お転婆三人姉妹 踊る太陽」の青山恭二、大坂志郎、「月蝕」の月丘夢路、中川晴彦、「若の花物語 土俵の鬼」の坂東好太郎などが顔を揃える。

監督
西河克己
出演キャスト
津川雅彦 小林旭 青山恭二 武藤章生
1956年

月蝕

  • 1956年12月19日(水)公開
  • 出演(片山政之 役)

男への復讐に身をやきながら自らも傷つきゆく弱い女。恋愛心理の微妙さを描き出した石原慎太郎原作の映画化。脚色は井上梅次と「悪の報酬」の舛田利雄の共同、監督は「ニコヨン物語」の井上梅次、撮影も同じく岩佐一泉。主な出演者は「感傷夫人」の月丘夢路、「飢える魂」の三橋達也、「地底の歌」の石原裕次郎、「若いお巡りさん」の中川晴彦、「デンスケの宣伝狂」の東谷暎子その他、天路圭子、藤代鮎子、岡田眞澄、金子信雄など。

監督
井上梅次
出演キャスト
三橋達也 月丘夢路 金子信雄 安部徹

若いお巡りさん

  • 1956年11月14日(水)公開
  • 出演(巡査山口武 役)

上野坂下交番を中心に若いお巡りさん達が描き出すユーモアとペーソスの物語。雑誌“傑作倶楽部”所載の小鹿あい子の原作を中久保信成と鷹取常武が共同脚色、「娘巡礼流れの花」の森永健次郎が監督、同じく山崎安一郎が撮影を担当。主な出演者は「甲武信嶽伝奇 (三部作)」の名和宏、中川晴彦、歌手の曽根史郎、「肉体の密輸」の美多川光子、「感傷夫人」の宍戸錠、その他安部徹、天草四郎、東美恵子など。

監督
森永健次郎
出演キャスト
名和宏 曾根史郎 安部徹 宍戸錠

甲武信嶽伝奇(三部作)

  • 1956年8月22日(水)公開
  • 出演(と組の半次 役)

甲武信嶽に眠ると伝えられる秘宝をめぐり、善と悪、正と邪の対決が卍巴になって繰りひろげられる娯楽時代劇。野村胡堂の原作から「疾風!鞍馬天狗」の松浦健郎が脚色、「唄祭り 江戸っ子金さん捕物帖」の冬島泰三が監督、「怪奇黒猫組」の古泉勝男が撮影を担当した。主な出演者は「極楽剣法」の坂東好太郎、「悪魔の街」の中川晴彦、「続ただひとりの人」の名和宏、「名寄岩 涙の敢斗賞」の山根寿子、「雑居家族」の利根はる恵、その他河野秋武、澤村國太郎、尾上菊太郎など。なお美多川光子が入社第一回出演する。

監督
冬島泰三
出演キャスト
坂東好太郎 名和宏 河野秋武 美多川光子

悪魔の街

  • 1956年7月12日(木)公開
  • 出演(萩原 役)

復讐鬼と化した凶悪脱走犯の行動を中心としたアクションドラマ。“小説倶楽部”に掲載された松村基生原作を、「第8監房」の白石五郎が脚色し、「帆綱は唄う 海の純情」のコンビ鈴木清太郎が監督、永塚一栄が撮影を担当した。主な出演者は「志津野一平 謎の金塊」の河津清三郎、「雑居家族」の芦田伸介、「続ただひとりの人」の菅井一郎の他、由美あづさが入社第一回出演として登場する。

監督
鈴木清太郎
出演キャスト
河津清三郎 芦田伸介 菅井一郎 三島謙

極楽剣法

  • 1956年2月25日(土)公開
  • 出演(奥村八郎右衛門 役)

鳴山草平の小説を「月笛日笛 三部作」を監督した丸根賛太郎が中村純一と共同脚色し、同じく丸根賛太郎が監督した。撮影は「顔役 (ボス)」の中尾利太郎。主なる出演者は「母なき子」の明智十三郎(二役)、「力道山物語 怒涛の男」の坂東好太郎、安部徹、「丹下左膳(1956)」の利根はる恵、中川晴彦、ジャズ歌手新倉美子(入社第一回)など。(二部作)

監督
丸根賛太郎
出演キャスト
明智十三郎 安部徹 坂東好太郎 植村謙二郎

丹下左膳(1956)

  • 1956年1月8日(日)公開
  • 出演(森徹馬 役)

無声映画時代からすでに数回映画化された林不忘の原作を「天保六道銭 平戸の海賊」の棚田吾郎が脚色、「人生とんぼ返り(1955)」のマキノ雅弘が監督、「悪の報酬」の永塚一栄が撮影を担当した。主なる出演者は「悪の報酬」の水島道太郎、「母なき子」の南田洋子、「乳房よ永遠なれ」の月丘夢路、「力道山物語 怒涛の男」の河津清三郎、「逢いたかったぜ」の金子信雄など。乾雲の巻、坤竜の巻、昇竜の巻(完結編)の三部作。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
水島道太郎 澤村國太郎 南田洋子 金子信雄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 中川晴彦