映画-Movie Walker > 人物を探す > 南光明

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1959年 まで合計31映画作品)

1959年

伝七捕物帖 幽霊飛脚

  • 1959年8月2日(日)公開
  • 出演(大名 役)

伝七捕物帖シリーズの第十一話。城昌幸・土師清二・陣出達朗・野村胡堂の原作を、「水戸黄門漫遊記 御用御用物語」の安田重夫が脚色「伝七捕物帖 女肌地獄」の酒井欣也が監督した。撮影は「水戸黄門漫遊記 御用御用物語」の片岡清。

監督
酒井欣也
出演キャスト
高田浩吉 瑳峨三智子 伴淳三郎 松本錦四郎

荒海に挑む男一匹 紀の国屋文左衛門

  • 1959年6月14日(日)公開
  • 出演(阿波屋 役)

「女の教室」の渡辺邦男と「弥次喜多民謡道中 奥州街道の巻」の本山大生の脚本を、渡辺邦男が監督したスペクタクル。撮影も同じく「女の教室」の渡辺孝。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
高田浩吉 瑳峨三智子 森美樹 近衛十四郎

伝七捕物帖 女肌地獄

  • 1959年2月10日(火)公開
  • 出演(家主 役)

城昌幸・土師清二・陣出達朗・野村胡堂の原作を、「共犯者」の高岩肇が脚色、「大盗小盗」の酒井欣也が監督した伝七捕物帖シリーズの第十話。撮影は「二等兵物語 あゝ戦友の巻」の片岡清。

監督
酒井欣也
出演キャスト
高田浩吉 瑳峨三智子 名和宏 浪花千栄子
1958年

大岡政談 謎の逢びき

  • 1958年7月13日(日)公開
  • 出演(伊勢屋 役)

「二等兵物語」の福田晴一が監督したスリラー時代喜劇。「天保水滸伝」の脚本化に参加した本山大生と、「どろんこ天国」の共同脚色者の一人、富田義朗が共同でこの脚本を書いた。撮影は「二等兵物語」で福田とコンビの片岡清。主演は「現代無宿」の森美樹、「天保水滸伝」の瑳峨三智子、「清水の佐太郎」の北上弥太朗、「江戸群盗傳」の名和宏など。それに松本幸四郎が出演しているが、同じ歌舞伎の沢村訥升は映画初出演という。ほかに、山鳩くるみ・水原真知子などが助演。

監督
福田晴一
出演キャスト
名和宏 北上弥太朗 松本幸四郎 沢村訥升

二等兵物語 死んだら神様の巻

  • 1958年4月20日(日)公開
  • 出演(芥田中佐 役)

梁取三義の原作から、「七人の女掏摸」の安田重夫が脚色、「江戸群盗傳」の福田晴一が監督、「伝七捕物帖 髑髏狂女」の片岡清が撮影した二等兵物語シリーズの一篇。「螢火」の伴淳三郎、「お父さんはお人好し」の花菱アチャコ、「どろんこ天国」の泉京子、伊藤雄之助。その他、浪花千栄子、トニー谷、小坂一也らが出演。色彩はイーストマン松竹カラー。

監督
福田晴一
出演キャスト
大邦一公 南光明 石黒達也 田中春男

勇み肌千両男

  • 1958年2月26日(水)公開
  • 出演(定火消組頭 役)

渡辺哲二の脚本を、「次郎長外伝 石松と追分三五郎」の倉橋良介が監督、「七人の女掏摸」の倉持友一が撮影した時代劇。主演は「伝七捕物帖 髑髏狂女」の高田浩吉、「江戸群盗伝」の瑳峨三智子、近衛十四郎、「としごろ(1958)」の田代百合子。そのほか雪代敬子、小堀明男、戸上城太郎、竜崎一郎、小笠原章吾などが出演。

監督
倉橋良介
出演キャスト
高田浩吉 瑳峨三智子 小笠原省吾 田代百合子
1957年

大江戸風雲絵巻 天の眼

  • 1957年4月16日(火)公開
  • 出演(牧野備後守 役)

田沼意次の悪政に挑む怪盗の正義とロマンを描いた三村伸太郎の原作より「男の牙」の共同脚色者の一人鈴木兵吾が脚色、「顔(1957)」の大曾根辰保が監督した。撮影は同じく石本秀雄。主演は「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の高田浩吉、「男の牙」の田村高廣、瑳峨三智子、「「朝雲暮雲」より 野武士と女」の高峰三枝子。ほかに雪代敬子、大河内傳次郎、松本幸四郎、小沢栄、高野真二、山内明など。色彩は松竹イーストマンカラー。

監督
大曾根辰保
出演キャスト
高田浩吉 田村高廣 松本幸四郎 雪代敬子

続二等兵物語 決戦体制の巻

  • 1957年3月26日(火)公開
  • 出演(坂田歩兵少佐 役)

お馴染二等兵物語の第四弾、本土死守の一篇である。原作染取三義、脚色は「りんどう鴉」の安田重夫。「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の福田晴一が監督し同じく「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の片岡清が撮影を担当した。出演者は、「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の伴淳三郎と「凸凹巌窟王」の花菱アチャコのほか伊吹友木子、瑳峨三智子、北上弥太朗、関千恵子、加藤嘉など。

監督
福田晴一
出演キャスト
伴淳三郎 花菱アチャコ 伊吹友木子 浦辺粂子

伝七捕物帖 美女蝙蝠

  • 1957年1月29日(火)公開
  • 出演(本間の使者三蔵 役)

捕物作家クラブの野村胡堂、城昌幸、谷屋充、陣出達朗、土師清二の協同執筆になる捕物小説より、「りんどう鴉」の福田晴一が監督する、伝七シリーズ第七篇、初の天然色作品。脚本は「のんき侍大暴れ」の永江勇、撮影は「りんどう鴉」の片岡清。主な出演者は「りんどう鴉」の高田浩吉、瑳峨三智子、「忘却の花びら」の草笛光子、「白磁の人」の水戸光子、「相馬の唄祭」の伴淳三郎、「醉いどれ牡丹 前後篇」の大谷友右衞門、ほかに石黒達也、山路義人、北龍二、戸上城太郎など。

監督
福田晴一
出演キャスト
高田浩吉 草笛光子 伴淳三郎 瑳峨三智子
1956年

紀州の暴れん坊(1956)

  • 1956年10月24日(水)公開
  • 出演(磯野半左衛門 役)

豪放痛快、一代の反逆児八代将軍吉宗の若き日を描く娯楽篇。新進渡辺哲二の脚本により、「マリヤ観音 (前後篇)」の酒井辰雄が監督「アチャコの子宝仁義」の竹野治夫が撮影を担当する。主な出演は「マリヤ観音 (前後篇)」の中村賀津雄、「女難屋敷」の中村芝雀、「恐妻一代」のアチャコ、「花笠太鼓」の近衛十四郎、「漫才学校 第二部 ガヤガヤホテル」の高野真二、「アチャコの子宝仁義」の朝丘雪路、その他山鳩くるみ、高木悠子、市川春代など。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
中村賀津雄 明石潮 高山裕子 高野真二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 南光明