映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・ディー・ウィリアムス

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2019年 まで合計18映画作品)

2019年

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

  • 2019年12月20日(金)公開予定
  • 出演(Lando Calrissian 役)

監督・脚本J・J・エイブラムスによる、『スター・ウォーズ』シリーズ実写映画の第9作目。レイを主人公とする続三部作(シークエル・トリロジー)の第3章エピソード9に当たる作品。また、旧三部作と新三部作を合わせた9本〈スカイウォーカー・サーガ〉の完結編でもある。

監督
J・J・エイブラムス
出演キャスト
デイジー・リドリー アダム・ドライバー ジョン・ボイエガ オスカー・アイザック
2017年

レゴバットマン ザ・ムービー

  • 2017年4月1日(土)公開
  • 出演(声)(トゥーフェイス 役)

スーパーヒーローのバットマンだけでなく、人気キャラクターたちがおもちゃのレゴ(R)になって、騒動を繰り広げるコミカルなアクション。世界を乗っ取ろうと、悪の軍団を結成したジョーカーに対し、バットマンも最強チームを結集して戦いに挑む。キングコングや人気作のあの悪役や怪獣といった豪華な顔ぶれが登場。

監督
クリス・マッケイ
出演キャスト
ウィル・アーネット マイケル・セラ ロザリオ・ドーソン レイフ・ファインズ
2011年

少年マイロの火星冒険記 3D

  • 2011年4月23日(土)公開
  • 出演(声)

ロバート・ゼメキスがプロデュースを手がけるSF3Dアニメ。連れ去られた母親を追って火星にやってきた少年を主人公に、驚きと興奮に満ちた冒険物語が展開。命がけの救出劇や、火星に隠された秘密、火星で知り合った友人たちとの友情など、見どころ満載。リアルな3D映像は宇宙旅行をしているような感覚を味わえる。

監督
サイモン・ウェルズ
出演キャスト
セス・グリーン ダン・フォグラー エリザベス・ハーノイス ミンディ・スターリング
2010年

ファンボーイズ

  • 2010年4月24日(土)公開
  • 出演(ラインホルド裁判官 役)

「スター・ウォーズ」ファンを自認するスタッフ・キャストによって制作されたコメディ。「スーパーマン リターンズ」のサム・ハンティントン、「ビッグ・バグズ・パニック」のクリス・マークエットらが出演。「スター・ウォーズ」シリーズのキャリー・フィッシャー、レイ・パーク、ビリー・ディー・ウィリアムスや、「スター・トレック」シリーズのウィリアム・シャトナーがカメオ出演している。

監督
カイル・ニューマン
出演キャスト
サム・ハンティントン クリス・マークエット ダン・フォグラー ジェイ・バルシェル
2003年

アンダーカバー・ブラザー

  • 2003年8月2日(土)公開
  • 出演(Gen. Warren Boutwel 役)

全米大ヒットを記録したおバカなアクション・コメディ。スパイ・アクションの王道的ストーリーに、数々の作品のパロディとブラック・カルチャーを詰め込んだギャグに思わず爆笑。

監督
マルコム・D・リー
出演キャスト
エディ・グリフィン クリス・カタン デニース・リチャーズ アーンジャニュー・エリス
1997年

スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇

  • 1997年7月26日(土)公開
  • 出演(Lando Calrissian 役)

遠い昔はるか銀河系の彼方での正義と悪の攻防を描いたファンタジー・ロマンの第3作(エピソード第6話)。ルーク・スカイウォーカーと銀河帝国皇帝との対決、ルークの父ダース・ヴェーダーがその死とともにジェダイ騎士アナキンへの復帰、そして同盟軍の勝利までが描かれる。監督は「白と黒のナイフ」のリチャード・マーカンド(1987年死去)。製作は「デモリションマン」のハワード・カザンジャン、脚本はルーカス(原案も)と「ワイアット・アープ」などの監督としても知られるローレンス・カスダンが前作に続き共同で執筆。撮影は「ステッピング・アウト」のアラン・ヒューム、美術は「ミッション:インポッシブル」のノーマン・レイノルズ、編集はショーン・バートン、マーシャ・ルーカス、ドゥウェイン・ダンハムの共同。衣裳はアギー・ジェラルド・ロジャース、ニーロ・ローディス=ジャミロの共同。出演は前回のハミル、フォード、フィッシャー、ギネス、ディー・ウィリアムスと「帝国の逆襲」のメンバー中心だが、本作のみダース・ヴェイダーの声として「リチャードを探して」のジェームズ・アール・ジョーンズが初めてクレジットされている(前2作までは本人が表記を拒否していたという)。特別篇での主な改定点は、ジャバ宮殿での音楽とダンス・シーンをダンサー、ミュージシャンを追加撮影。また、砂漠シーンでのアリジゴクのような怪物サルラックをCG化、砂漠でのバンサの群の渡り、エンディングでの銀河各地での祝祭シーンを挿入。

監督
リチャード・マーカンド
出演キャスト
マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー ビリー・ディー・ウィリアムス

スター・ウォーズ 帝国の逆襲 特別篇

  • 1997年7月5日(土)公開
  • 出演(Lando Calrissian 役)

遠い昔はるか銀河系の彼方での正義と悪の攻防を描いたファンタジー・ロマンの第2作(エピソード第5話)。ルーク・スカイウォーカーが、ジェダイマスター・ヨーダのもとでジェダイ騎士の修業を積み、ダース・ヴェーダーとの宿命の対決に臨むまでが描かれる。監督は「ロボコップ2」のアーヴィン・カーシュナー、製作は「ダーク・クリスタル」のゲイリー・カーツ、製作総指揮は「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」のジョージ・ルーカス、脚本はルーカスの原案を「ロング・グッドバイ」のリー・ブラケット、「ワイアット・アープ」などの監督として知られるローレンス・カスダンが共同で執筆。撮影は「マーズ・アタック!」のピーター・シャシツキー、美術は「ミッション:インポッシブル」のノーマン・レイノルズ、編集は同作のポール・ハーシュ。衣裳はジョン・モロ。出演は前回のハミル、フォード、フィッシャー、ギネスに加えて「バットマン」(89)のビリー・ディー・ウィリアムスが加わっている。本特別篇での主な改定点は、氷の惑星ホスに棲息する巨獣ワンパを撮り直し、クラウド・シティの景観を合成して、屋外のシーンを多く見せるようにしたほか、エクゼクターに接近するシャトルの到着シーンを加えた。

監督
アーヴィン・カーシュナー
出演キャスト
マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー ビリー・ディー・ウィリアムス
1989年

バットマン(1989)

  • 1989年12月2日(土)公開
  • 出演(Harvey_Dent 役)

ニューヨークを舞台に、悪に立ち向かうバットマンの活躍を描くアクション映画。ボブ・ケインの原作漫画の映画化で、エグゼクティヴ・プロデューサーはベンジャミン・メルニカーとマイケル・ウスラン、製作はピーター・グーバーとジョン・ピータース、監督は「ビートルジュース」のティム・バートン。サム・ハムのストーリーを基に、脚本はハムとウォーレン・スカーレンの共同、撮影はロジャー・プラット、音楽はダニー・エルフマンが担当。出演はマイケル・キートン、ジャック・ニコルソンほか。

監督
ティム・バートン
出演キャスト
マイケル・キートン ジャック・ニコルソン キム・ベイシンガー ロバート・ウール
1988年

殺しのイリュージョン

  • 1988年3月26日(土)公開
  • 出演(Hamberger 役)

ニューヨークを舞台に、殺人の汚名を着せられた私立探偵が自らの身の潔白を証明するために活躍する姿を描くハードボイルド・アクション。製作はアーウィン・メイヤー。脚本・監督に「探偵マイク・ハマー俺が掟だ!」の脚本のラリー・コーエン。共同監督にウィリアム・タネン。撮影はダニエル・パール、音楽はパトリック・グリーソンが担当。出演はビリー・ディー・ウィリアムス、モーガン・フェアチャイルド、ヴァニティほか。

監督
ウィリアム・タネン ラリー・コーエン
出演キャスト
ビリー・ディー・ウィリアムス モーガン・フェアチャイルド ヴァニティ ジョン・ベック
1987年

弾丸刑事 ニック&フランク

  • 1987年9月12日(土)公開
  • 出演(Frank_Hazeltine 役)

麻薬課刑事コンビの活躍を描くアクション。製作はメナハム・ゴーランとヨーラム・グローバス、監督は「世界が燃えつきる日」のジャック・スマイト、脚本はゲイル・モーガン・ヒックマン、アンドリュー・カーツマン、ロブ・ライリー、ジェームズ・ベルーシ、撮影はアレックス・フィリップス、音楽はアルフ・クラウゼンが担当。出演はロバート・キャラディン、ビリー・ディー・ウィリアムスほか。

監督
ジャック・スマイト
出演キャスト
ロバート・キャラダイン ビリー・ディー・ウィリアムス ヴァレリー・ベルティネリ ピーター・グレイヴス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ビリー・ディー・ウィリアムス