映画-Movie Walker > 人物を探す > 竹田敏彦

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1957年 まで合計16映画作品)

1957年

母と子の窓

  • 1957年5月28日(火)
  • 原作

読売新聞連載の竹田敏彦の同名小説の映画化。母子寮をテーマにした社会ドラマ。「近くて遠きは」のコンビ、猪俣勝人が脚色、番匠義彰が監督した。撮影は「炎の氷河」の西川亨。主演は、「暴力の波止場」の杉田弘子、水戸光子、「体の中を風が吹く」の田村高廣、「東京暮色」の高橋貞二、「情痴の中の処女 天使の時間」の渡辺文雄、「近くて遠きは」の中川弘子、小林トシ子、ほかに山形勲、沢村貞子、設楽幸嗣、新人の川口のぶなど。

監督
番匠義彰
出演キャスト
杉田弘子 田村高廣 高橋貞二 小林トシ子
1956年

母孔雀

  • 1956年12月5日(水)
  • 原作

襲いくる苦難と試練に耐えて、愛情ひと筋に生きる母の姿を描いた“小説倶楽部”連載、竹田敏彦の同名小説の映画化。脚色は「おかしな奴(1956)」の笠原良三、監督は「水戸黄門漫遊記 鳴門の妖鬼」の伊賀山正光、撮影は「怒れ! 力道山」の西川庄衛。主な出演者は「海の百万石」の三浦光子、「夕日と拳銃」の高倉健、「怒れ! 力道山」の田代百合子、「母恋月夜」の松島トモ子、その他園ゆき子、藤里まゆみ、日野明子、高田稔、増田順二、岡譲二など。

監督
伊賀山正光
出演キャスト
三浦光子 田代百合子 松島トモ子 高倉健

愛の海峡(1956)

  • 1956年10月24日(水)
  • 原作

女子少年院から更生し、世の中に出た清純な娘が世の荒波にもまれながら、人間の真実と愛情に目覚めて行く“婦人倶楽部”連載の竹田敏彦原作を「青い怒濤」の舟橋和郎が脚色、「新婚日記 嬉しい朝」の田中重雄が監督、撮影は同じく村井博が担当する。主な出演者は「夜の河」の小野道子、川崎敬三、「月形半平太(1952)」の八潮悠子、高松英郎、「あこがれの練習船」の鶴見丈二、「スタジオは大騒ぎ」の藤田佳子、その他月田昌也、三宅邦子、村田知英子、星ひかる、見明凡太朗など。

監督
田中重雄
出演キャスト
小野道子 川崎敬三 三宅邦子 村田知栄子

検事とその妹

  • 1956年5月18日(金)
  • 原作

昭和十年、岡譲司・原節子主演で映画化された、美しい兄妹愛を描いたメロドラマの再映画化。竹田敏彦の原作を、外山凡平が脚色し、「柿の木のある家」の古賀聖人が監督した。撮影は、「お嬢さん女中」の山中晋。主な出演者は「栄光と驀走王」の丹波哲郎、筑紫あけみ、「背広さんスカートさん」の日比野恵子「唄祭り 江戸っ子金さん捕物帖」の北原隆など。

監督
古賀聖人
出演キャスト
丹波哲郎 日比野恵子 筑紫あけみ 北原隆

何故彼女等はそうなったか

  • 1956年2月5日(日)
  • 原作

竹田敏彦の小説『少女の家』を「次郎物語(1955)」の清水宏(1)が脚色、監督し「息子一人に嫁八人」の鈴木博が撮影を担当した。主なる出演者は「驟雨」の香川京子、「若人のうたごえ」の池内淳子、「息子一人に嫁八人」の藤木の実、宇治みさ子、「花嫁会議」の浪花千栄子、「裏町のお嬢さん」の高橋豊子、他にニューフェイス多勢。

監督
清水宏
出演キャスト
香川京子 高橋とよ 池内淳子 三重明子
1955年

十代の反抗

  • 1955年12月28日(水)
  • 原作

『婦人倶楽部』連載の竹田敏彦の小説を「二等兵物語」の共同脚色者の一人舟橋和郎が脚色、「珠はくだけず」の田中重雄が監督、「ブルーバ」の共同撮影者の一人板橋重夫が撮影を担当した。主なる出演者は「弾痕街」の品川隆二、川上康子、「絵島生島」の三宅邦子、「七人の兄いもうと」の市川和子、「悪太郎売出す」の村田知英子など。

監督
田中重雄
出演キャスト
三宅邦子 品川隆二 村田知栄子 町田博子
1954年

継母

  • 1954年10月26日(火)
  • 原作

婦人倶楽部連載の小説を「日本敗れず」の館岡謙之助が脚色し、「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」の伊賀山正徳が監督、気賀靖吾が久しぶりで撮影に当る。音楽は「二十四の瞳(1954)」の木下忠司の担当。「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の折原啓子、「神風特攻隊」の宇佐美諄、船山汎、田代百合子、「日本敗れず」の高田稔、「母の初恋」の三宅邦子、「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」の月丘千秋らが出演する。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
折原啓子 宇佐美淳也 田代百合子 原国雄

母時鳥

  • 1954年7月4日(日)
  • 原作

竹田敏彦の小説(家の光連載)リを「心の日月」の田辺朝二が脚色し、「五ツ木の子守唄」の枝川弘が監督する。撮影は「金色夜叉(1954)」の高橋通夫、音楽は「秩父水滸伝」の飯田三郎が担当する。主演者は「四人の母」の三益愛子、「十代の秘密」の南田洋子の外、少年スターの蔵方しげる、新人大浜千鶴子、北原義郎、村田知英子、村瀬幸子である。

監督
枝川弘
出演キャスト
三益愛子 石黒達也 蔵方しげる 村瀬幸子

母恋人形

  • 1954年6月22日(火)
  • 原作

竹田敏彦の原作“燃ゆる乳房”より「雲は天才である」の館岡謙之助が脚本を書き、「続水戸黄門漫遊記 副将軍初上り」の伊賀山正徳が監督している。撮影は「三代目の若旦那」の西川庄衛。出演者は「三代目の若旦那」の星美智子、「五ツ木の子守唄」の松島トモ子、「少年姿三四郎 第一部山岳の決闘 第二部大川端の決闘」の波島進、船山汎、月丘千秋などである。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
星美智子 松島トモ子 明石潮 明智十三郎
1953年

子は誰のもの

  • 1953年6月24日(水)
  • 原作

「むぎめし学園」の金平軍之助の企画。竹田敏彦の原作を同じ「むぎめし学園」の館岡謙之助の脚本による浪曲母物映画。監督は「七番街襲撃」の伊賀山正徳、撮影は「山下奉文」の西川庄衛が担当している。出演者はこれが東映専属契約第一回出演となる月丘千秋(暁の市街戦)、「池田屋騒動」の花井蘭子、高田稔、「むぎめし学園」の子役小畑やすしのほかに、更にその妹の小畑よし子、新人小倉正則などが出演している。尚、浪曲の三門博と天津羽衣が特別出演している。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
月丘千秋 花井蘭子 井上千枝子 高田稔
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 竹田敏彦